ワタシ流「買ってよかった」をナビゲート

レビュー

価格.comでも大人気。クッションにしか見えない本格マッサージ器

本格的!「ルルド マッサージクッションAX-HL148」使用レポート

 

「ふわふわソフト生地カバーVer.」は、ブラウン、アイボリー、ピンクの3色で展開。春夏用の「サラふわカバーバージョン」は、ターコイズブルー、ベージュ、サーモンピンクの3色展開。機能は同じ

体の凝りは、なるべくなら「凝ったな」と感じたその場で、手軽にほぐしたい。その方が、後々つらくならないからだ。放っておくと、日常生活にさえ影響を及ぼしかねない「凝り」。でも、仕事が忙しいから、マッサージにはなかなか通えないし、通えば通ったでお金がかかるし、旦那さんに1日に何度も「揉んで」と、頼むわけにもいかないし……。


手ごろな価格で、効果バツグンで、収納しやすいコンパクトなマッサージ器があれば便利なのに、と思いながら、ツボ押し器や、“100均”のコロコロローラー、振動するハンディーマッサージャーなど、安価なグッズを何個も買っては失敗している筆者。だが、今回紹介する、この「ルルド マッサージクッション AX-HL148」はそんな希望をすべてかなえてくれる家庭用マッサージ器だ。何しろ、価格.comの「マッサージ器注目ランキング」では、現在1位にランクインしている商品なのである。


肩凝り予防のために毎日ストレッチをしたり、週末にマッサージに通ったりと、体の「凝り」と日々戦うあなたにこそ、ぜひ、日常的に使って欲しいのが、この「ルルド マッサージクッション AX-HL148」だ。

思わぬパワーで病みつき! 温感強力、4つのモミ玉の威力

価格.comマガジンforウーマン

「AX-HL148」はマッサージチェアに内蔵されているタイプのモミ玉式マッサージクッションである。充電池は搭載しておらず、AC電源から電力を得る仕組みなので、パワーも本格的だ。電源コードの長さは、1.8mだが、この電源コードの長ささえ許せば、床に置こうが、ソファーに置こうが、椅子の背に置こうが使う場所を選ばない「手軽さ」が魅力だ。

スイッチ部分。カバーの上からだが、押せば指先にカチッと動作感が伝わってくる。後ほど紹介するが、カバーとスイッチの一体感にひと工夫ある

早速スイッチを入れてみる。スイッチは1度押しで「通常モミ」、2度押しで「温感モミ」、3度押しで「電源OFF」である。まず、デスクに座ったまま、椅子の背において腰をマッサージしてみた。するとこれが、人の手でグリグリと指圧されているような、予想以上のよい加減なのである。


「AX-HL148」最大のウリは、この2種類の本格的なモミ玉にある。親指の腹(ポイントツボ押し)と手のひら(広範囲の面積をギュッと押し)の圧力が交互に巡ってきて、程よい温感効果で、まるで人の手でマッサージをされているような気持ちのよさだ。モミ玉の回転力は非常にパワフルなので、マッサージ慣れしていない人は、「痛い」と感じるかもしれないほど力強い。


モミ玉は全部で4つが装着されており、カバーに隠れて見えないが、大小2つが対になって、右と左に2個ずつ配置されている。これが、円を描きながら回転して筋肉を揉み解していく仕組みだ。大きな方のモミ玉には温熱ヒーターが内蔵されており、マッサージ時に血行を促進する効果もあるという。

温感マッサージの時には、モミ玉が赤く光る。円を描くようにモミ玉が移動しているのがわかるだろうか? マッサージするときは、こうしてボタンを外してカバーをめくるのが正しい使い方だそうだ

まさに、“マッサージチェアの背もたれの部分を切り取ってクッションにした!”といった印象のマッサージ器なのだ。しかも、もしマッサージ力が強すぎれば、バスタオルを挟んだり、ちょっと身体を浮かせたり、自分の工夫次第で好みの強さや角度に調整が可能。これが気軽でとてもいいのだ。裏返せば、適度な弾力と厚みのあるクッションとしても使える。

マッサージ器面の裏側は四角錐のように中央が盛り上がった形のクッションになっている。この反対面にマッサージ器が内蔵されている。この傾斜した4面のおかげで、マッサージ面を患部に当てるときに微妙な「角度」がつけやすいのだ。このアイディアは素晴らしい

中でも、特筆したいのが静音性だ。マッサージチェアは「ゴウン、ゴウン」とモミ玉の回転音がうるさいものも多い。だが、「AX-HL148」なら、会社のデスクに座りながら腰のマッサージをしたとしても、両隣の人が耳を澄まして、やっとモーター音がやっと聞こえる程度。音は静かだ。


さらに、15分で電源が自動OFFになるタイマーが内蔵されているので、電気代にも優しく、使いながら眠ってしまっても安心だ。マッサージのしすぎで筋肉を傷めることもないのもうれしい。

この状態で使うと「揉み上げ」マッサージ。ちなみにマッサージは、そこの部位でも心臓に向かって血液を流すように行うので、下半身は擦り上げ、上半身は撫で下ろすのが基本だ

○クッションの向きを変え「モミ上げ」と「モミ下げ」両マッサージが可能


カバーには木目調の、ふたつのボタンがついている。これは、モミ玉がどの方向に回転してるかを知る目印になる。このボタンを上(頭の方)へ向けて使えば「もみ上げ」のマッサージができ、下(足先の方向)へ向けて使えば「もみ下げ」のマッサージができる。このマッサージ器の基本的な動きは、この「揉み上げ」「揉み下げ」の2種類である。


○深く寄りかかるか浅く寄りかかるかで、マッサージの強度を変えられる


強く揉みたい場合は、自分の体重でクッションに身体を強く押し付ける。優しく揉みたいなら「AX-HL148」を患部にそっと当てるだけにすればいい。自分の体重をクッションにどれくらい預けるかでマッサージの強弱を変えられるというシンプルな仕組みが年配の方からお子さんまで、幅広い層に愛される秘訣だろう。もし大きな負荷がかかっても、マッサージを自動停止する保護装置が内蔵されているので安全だ。


○「もうちょっと右なのに……」もどかしさ解消! 自在に場所を変えられる幸せ

実は、チェア型のマッサージ器だと「モミ玉が思った場所に当たらない」「骨にばかり当たって痛い」という感想を持つ人も多い。しかし「AX-HL148」なら、凝った場所にうまく当たるようにクッションを自分で移動させながら、ベストな体勢を探し出せば問題解決だ。このシンプルさが思った以上に快適である。筆者の個人的な感想を言えば、多機能なマッサージチェアよりも、マッサージ後の満足度が高かった。


○ソファーで、椅子で、床で、ベッドで。使う姿勢で効果が変わる


寝転がってこのクッションを体の下に敷けば、頭皮から、首、腕、肩、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏、すべての部位のマッサージが可能だ。自分の凝りに最も効く体勢とポジションを見つければ、あとは、寝ながら、凝った部分に次々クッションを当ていくだけ。この「おまかせ感」がいいと感じた。


○座ったままでマッサージ可能なのは「ふくらはぎ、腰、背中」まで


今回使ってみて初めてわかったことだが、「AX-HL148」は首や肩、腰の付け根などは、クッションの上に寝転がった姿勢でないと、きちんとしたマッサージ効果が得られないのだ。たとえば、会社で使う場合、最も凝りやすい「肩」や「首」のマッサージができないのである。理由は、モミ玉の高さが調節できないためだ。


凝っている場所が背中の上の方や、肩甲骨の辺りならば、クッションの側面下に、タオルなどを敷いて高さを出すか、もしご自宅にあればだが、ハイバックチェアに座り、クッションを椅子の背もたれと背中で挟み込む、という手もある。しかし、どちらも会社では難しいだろう。座った姿勢でのマッサージでは、どうしても、腰と背中中央あたりのマッサージが限界だろう。

取り外して洗えるカバー、夏用のさらっとタイプも登場

価格.comマガジンforウーマン

さらに、女性にとってとても重要なのが、カバーが洗濯できるか否か。「AX-HL148」には、2タイプのカバーあり、どちらのタイプも、自宅で丸洗いすることができるのがうれしい。クッションは意外に汚れやすいもの。体のさまざまな部分に当てるのだから、清潔な状態で使いたいものである。ただ、カバーのみの販売はしていないのが残念だ。

クッションのカバーは取り外し可能、洗濯機で丸洗いができるように作られているのもうれしい。カバーを取り外してもモミ玉は白い布の内側に装着されているので、モミ玉には触れない

ふわふわソフト生地カバーの質感はこんな感じ。毛足が長いタイプもオールシーズン使えるが、春・夏用により使いやすい「フワさら生地」バージョンも発売中。新たにターコイズブルーが加わった

スイッチ部分は面テープで強烈に張り合わせることで、操作感をキープしている。スイッチとカバーをキレイに張り合わせるための工夫が素晴らしい

まとめ

価格.comマガジンforウーマン

筆者は明らかな効果を実感している。肩や首の凝りからくる偏頭痛と、足の凝り、腰痛が緩和され、毎日の眠りも深く、質がよくなったのには驚いた。体の凝りをそのまま放っておけば、さまざまな不調の原因になる。肩凝りのおかげでひどい頭痛に悩む人も多い。だが、このクッションがあれば、その日の疲れを、翌日に持ち越さず解消できるのだ。マッサージ代1回分でおつりが来るほどのお手ごろ価格も非常に魅力的である。


【結論】2個買い、3個買いする人が続出している「ルルド マッサージクッション」の人気の秘密は、


・「本格的な温感揉もみ玉マッサージ器」


・「好きな場所、楽な体勢でマッサージ」


・「安価なのに高機能」


にある。噂どおりの優秀アイテムである。

品番 AX-HL147br/ブラウン AX-HL147iv/アイボリー AX-HL147pk/ピンク
本体 定格 入力:AC100V(50/60Hz)
出力:DC12V 2A
消費電力 DC12V  9W(ヒーター2W)
ヒーター温度 最大50度
本体サイズ (約)幅360×高さ145mm×長さ360mm
重量 (約)2.0kg(アダプター含まず)
付属品 カバー、ACアダプター
電源コード (約)1.8m
タイマー 15分自動OFF
 

※価格.com最安価格およびランキングの情報は、2010年6月29日現在のものです

 

ページの先頭へ