ワタシ流「買ってよかった」をナビゲート

イベントレポート

より使いやすくなったエレクトロラックスのコードレススティック型掃除機

日本先行発売「エルゴラピード・リチウム」をチェックしてきた

エルゴラピード

エレクトロラックス(スウェーデン)は、人気のコードレススティック型掃除機「エルゴラピード」シリーズの新モデルとして、“使いやすさ”“吸引力”“運転時間”をより向上させた「エルゴラピード・リチウム」を10月1日より発売すると発表。今回発売される「エルゴラピード・リチウム」は、「タングステン ZB3013」と、「ウォーターメロンレッド ZB3012」の2色で、実売予想価格は、39,800円となる。


発表会では、まず最初に、エレクトロラックス スモールアプライアンス事業部 最高責任者 上席副社長のヘンリック・バーグストローム氏が登壇し、世界に先がけ日本先行発売となる「エルゴラピード・リチウム」を手に、その性能・機能を自ら紹介。「日本ユーザーは製品に対する目が厳しく、高品位のデザイン、性能、コンパクトさが要求されます。その上で、この新モデルもこういった日本ユーザーのニーズに応えられるよう、さらなる改良を重ねました」と日本市場に大きな注目と期待を寄せていることをアピールした。


なお、「エルゴラピード・リチウム」と同時に、バッテリーにリチウムイオン電池ではなくニッケル水素電池を採用する「エルゴラピード」の上位モデル「ZB3004 [アイスホワイト]」「ZB3006 [パープル]」(2色)も発表された。こちらの実売予想価格は、29,800円前後となっている。

エルゴラピード エルゴラピード エルゴラピード

「エルゴラピード」の新モデル(写真左/中央)「エルゴラピード・リチウム」)。バッテリー部分を取り外しハンディークリーナーとしても使用できる人気の“「2in1」システム”はそのままに、使い勝手や基本性能を向上させている。本体サイズは、263(幅)×1070(高さ)×150(奥行)mm(両モデルとも)。重量は、「エルゴラピード・リチウム」が2.6kg、「エルゴラピード」が2.7kg。カラーは両モデルとも2色展開(写真右/手前2モデルが「エルゴラピード・リチウム(ZB3012/ZB3013)」、奥2モデルが「エルゴラピード(ZB3004/ZB3006)」)

エルゴラピード エルゴラピード

エレクトロラックス スモールアプライアンス事業部 最高責任者 上席副社長ヘンリック・バーグストローム氏
世界60か国で販売されているエルゴラピードについて、「エルゴスリー同様、新エルゴラピードを、まず、日本で発表できるということは非常に馴染み深いこと。今後も定例化していきたい」と日本市場への関心の高さを語った。なお、日本での発売開始から10周年を迎える2014年には、累計販売台数が100万台を突破する見込みとしている

キャニスター型に匹敵! 掃除機としての基本性能がアップ

価格.comマガジンforウーマン

続いて、エレクトロラックス・ジャパンの芦田倫子氏より「エルゴラピード」新モデルの特徴についてくわしく解説が行われた。ここでは、中でも注目の「エルゴラピード・リチウム」の新機能・性能を中心に紹介していこう。

「エルゴラピード・リチウム」の最大の特徴は“掃除性能の高さ”だ。新開発のモーターファンの採用に加え、内部の空気の流れを最適化。加えて、ゴミを吸い込む際の空気の流れを考慮して改良されたヘッド部=「トライアングル・パワーノズル」を新採用。これにより、一般的なコード付き掃除機と同レベルのダストピックアップ率(実際にゴミを除去する力)を実現する。

さらに注目なのは、18Vのリチウムイオンバッテリーの搭載により、パワフルかつ長時間の運転が可能なこと。約4時間の充電で最大35分(ノーマルモードの場合)の連続運転に対応するという。

エルゴラピード エルゴラピード

エレクトロラックス・ジャパン スモールアプライアンス事業部 プロダクトマーケティングマネージャー 芦田倫子氏
「リビングに出しっぱなしですぐ使えるのがエルゴラピードの魅力。“自然に手が出る2in1”というコンセプトのもと、これまで好評の機能はそのままに、性能と使い勝手をより向上させたのがエルゴラピード・リチウムです」

エルゴラピード エルゴラピード

一般的なコード付きキャニスター掃除機と同等の吸引力
吸引力の向上により、高性能なコード付きキャニスター型掃除機(5万円以上の国産モデル)と比較しても優れた「ダストピックアップ率」を実現しているというデータが紹介された。ちなみに、1位は同社のコードレススティック型掃除機「エルゴパワー・プラス」となっている

エルゴラピード エルゴラピード

「ダストピックアップ率」とは?
「ダストピックアップ率」は、ヨーロッパでは一般的に使われている掃除機の性能を示す数値。実際の掃除時に使うような状態でどれくらいゴミを除去できるかという検証で、除去したゴミの量を%で表したもの。そのため、掃除機本来の清掃能力を知ることができるという。単に掃除機が空気を吸い込む力を示す「吸引仕事率(単位:ワット)」との違いも解説

エルゴラピード エルゴラピード

空気の流れを作る三角形の突起
空気の流れを考慮して開発された「トライアングル・パワーノズル」。ゴミを吸い込む際に空気の流れを作る三角形の突起をブラシ手前に設けたことで、小さなゴミから大きなゴミまで、より確実にキャッチできるようになったという

「エルゴパワー・プラス」に新色
先のダストピックアップ率の比較表で1位だった「エルゴパワー・プラス」に、新色「ディープブルー」(右)が登場。2.5Vの大型リチウムイオンバッテリーを搭載し、最大60分の連続運転が可能

エルゴラピード

35分の連続運転が可能
「エルゴラピード・リチウム(ZB3013/ZB3012)」は、約4時間の充電で、ノーマルモードで約35分、最大モードで約13分の連続運転が可能。「エルゴラピード(ZB3004/ZB3006)」では、約16時間の充電で、ノーマルモードで25分、最大モードで13分となる

“使い勝手”の改良で、よりスムーズに!

価格.comマガジンforウーマン

操作性においても、多くの部分で改良がなされている。まず、運転中にヘッドのスイッチを踏むと、ヘッド内のカッターが降りてヘッドブラシに絡まった糸くずや髪の毛などをカットし、そのままダストカップへ吸引するという同社独自の機能「ブラシロールクリーン」では、ヘッド部のスイッチが大きくなり使いやすくなった。また、ヘッド後方のホイールが大型化し、カーペットなど柔らかい素材でも取り回しがしやすくなっている。そのほか、自立式セルフスタンドの採用や、フィルターの掃除がしやすくなった点など、奇をてらったような新機能こそないものの、実際に掃除をする立場のユーザーから見ると“気が利いている”“かゆいところに手が届いている”と思わされる改良が数多く目に付いた。

エルゴラピード エルゴラピード

進化した「ブラシロールクリーン」ボタン
ヘッド部の「ブラシロールクリーン」ボタンの面積が約42%広くなり、より簡単に操作できるように

ハンディクリーナー専用ブラシ
これまでは充電スタンドのみに収納できるようになっていた専用ブラシが、本体スティック部にも掛けられるようになった

エルゴラピード エルゴラピード

シリーズ初の自立式セルフスタンド
「エルゴラピード」シリーズとして初となる自立式セルフスタンド構造を採用。掃除途中に用事ができてもサッと手を離すことができる

エルゴラピード エルゴラピード

従来より2倍以上大きくなったホイール 
従来モデルの2倍の大きさになったヘッド部後方の「ラージホイール」と、水平に180°、垂直にも自在に曲がるヘッドで、よりスムーズな操作性を確保。ホイールサイズが大きくなり、カーペットなど柔らかい素材でも沈みにくくなったという

エルゴラピード エルゴラピード

お手入れしやすくなったフィルター部
メッシュフィルターとプリーツフィルターは、レバーを押すだけで簡単に外せるようになっているので手入れがラク。また、フィルター上部のつまみを引っ張ることでフィルターに付いたホコリを弾き落とせるようになっている

“掃除機を発売してから100年”の足跡

価格.comマガジンforウーマン

会場内には、2012年で掃除機を発売してから100年となった同社の足跡がエルゴラピードシリーズを中心に展示されていた。ちなみに、「エルゴラピード」シリーズは2004年に初代が登場したようだが、その時点ですでにこの洗練されたデザインは完成されている……。100年前のキャニスター型掃除機「LUX1」も、オシャレ。さすが北欧! デザインの国!

エルゴラピード エルゴラピード エルゴラピード

歴代「エルゴラピード」が勢ぞろい
「エルゴラピード」シリーズは2004年に登場。非売品のコンセプトデザインモデルも展示(写真右)。1912年に登場したキャニスター型掃除機の1号機「LUX1」の実物も見たかった!

エルゴラピード

「エルゴラピード」をイメージしたワンプレートでおもてなし
会場では、「新エルゴラピード」をイメージしたというワンプレートディッシュが記者にふるまわれた。オシャレ〜♪ ……どれがどのモデル?

取材・記事:価格.comマガジン編集部 YZF-MIYU1

ページの先頭へ