ワタシ流「買ってよかった」をナビゲート

レビュー

アナログだけど、新しい! 多彩な撮影モード搭載の新チェキ登場

「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」で撮ってみた!

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

今、世の中のカメラはデジタル時代。大手量販店のカメラ売り場に行けば、プロ仕様のものからキッズ用まで、ありとあらゆるデジカメが並んでいる。そんな中、ちょっと離れた場所に、でも、それなりの需要があって並んでいるのが、インスタントカメラ「チェキ」だ。

実は筆者は、初代チェキを持っている。だが、当時ものめずらしさから買ってはみたものの、すぐに飽きてしまい、かれこれ10年以上は放置している。だから、チェキがいまだに人気があることに正直驚いていた。

そんなチェキの最新版が「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」(富士フイルム)。なんでも高性能フラッシュや多彩な撮影モードを搭載していて、これまでのチェキから大きく進化したらしい。といっても、初代チェキしか知らない筆者には、その間に発売されていたチェキがどんなものだったのか知らないのだが……。

というわけで、初代チェキから一気に最新チェキへGO!

価格.comで「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」の最新情報をチェックする!

かわいいだけじゃない! 使いやすさと撮影の幅を広げた新型モデル

価格.comマガジンforウーマン

まず、手にして感動したのが、そのかわいいボディ。ポラロイドカメラは、フィルムをセットするぶん、必然的にビッグサイズなってしまうもの。だが、そう感じさせないのは、黒をベースにしたクラシカルなデザインの効果が大きいかもしれない。ごっついイメージのチェキだったが、これなら、首からぶら下げてもかわいいかも!

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

初代チェキとの比較
ボディのサイズは113.4(幅)×91.9(高さ)×57.2(奥行)mm。初代チェキと比べると若干小さくなっている

……といきなり見た目から入ってしまった筆者だが、「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」のウリはかわいいだけではない。まず、ボディの特徴として、シャッターボタンが2つあることに注目したい。ひとつはボディフロント。シャッターボタンを電源スイッチと一体化させ、撮りたい時にすぐに撮影ができるように工夫されている。また、横位置で撮る時は、フロントのシャッターではなく、上部にあるシャッターを使用。このように、シャッターひとつとっても、あらゆるシーンを想定して作られているところが、「ただの遊びカメラじゃないんです!」という意気込みを感じさせる。


もうひとつのウリは、その多彩なモードだ。マクロ、濃淡、遠景、キッズなどといったモードは、いまやデジカメでは当たり前の機能だが、それがチェキに搭載されているという点では、画期的な進歩だ。なんせ初代チェキには、フラッシュと濃淡調整しかなく、ただ押すだけのカメラだったから。加えて、「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」には、従来のアナログカメラのような「光を操る」機能(バブル撮影・二重露光)もある。また、各撮影モードは、モードボタンを押して選択・決定できるほか、フロントのモードダイヤルで調整することも可能。つまり、NEO(新しい)と CLASSIC(クラシック)の両面を楽しめるカメラなのだ。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

シャッターボタンは2つ
シャッターボタンはフロントと右(横にした時は上)の2カ所。フロントのシャッターボタンは電源ボタンと一体化している

機能ボタンは背面に
機能ボタンは5つ。左からマクロモード、濃淡調整、セルフタイマー、フラッシュオン・オフ、モードボタン。モードボタンには、パーティーモード、キッズモード、遠景モード、二重露光モード、バルブモードがある

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

三脚も使える
バルブモードで撮影する時は、手ブレ防止に三脚を使用するのがおすすめ。三脚穴はボディの底部にある

充電式バッテリー
パワーは電池ではなく、充電式バッテリー。バッテリーは本体裏の中央にある蓋を開けて設置する。ちなみに初代チェキは電池式だった

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

チェキ専用フィルム
フィルムは10枚1セットになったチェキ専用フィルムを使用

プリントされる写真は?
ちなみに、撮った写真は白いワクのある“ポラロイド写真風”の仕上がり。余白に手書きでメッセージなどを書けるのが楽しい(作例は後ほど紹介)

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

フィルムをセットする
本体裏にあるボタンをスライドさせると、蓋が開きフィルムがセットできるようになっている。一度シャッターを押すと黒いプラスチック紙が出てきて、その次から撮影が可能になる

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

ダイヤルでモード調整
撮影モードは、モードボタンを押して選択するのと、モード選択ダイヤルを回して選択する2パターンあり。クラシックカメラファンのツボを押さえたきめ細かなアイデアに感心

被写体をよりキレイに撮る機能が満載。まずは、ノーマル撮影との違いをチェック!

価格.comマガジンforウーマン

では、早速、街に出て撮影をしてみよう! まずはノーマルで撮影開始。ひさしぶりのチェキにドキドキワクワク♪ デジカメ感覚でパチパチ撮りたいところだけれど、フィルム1枚70円と思うと、失敗は許されない。ノーマル撮影は、予想していたよりもキレイな写りという印象だ。見た目よりアンダーに仕上がるため、渋い建物よりも赤提灯のように色のあるものの方が、インパクトがあっていい。


それにしても、1枚撮るごとに緊張する。撮った写真をモニターで瞬時に確認できるデジカメと違って、ポラロイドカメラは色が出てくるまでの時間が長い。ちゃんと撮れたかな? この心境は、無事に産まれて来るかな? と安産を祈っていた妊婦期間に近いものがある。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

撮影開始!
日頃、モニターを見ながら撮影をしているので、ファインダー撮影が慣れない。フィルムも1枚70円と思うと緊張する

出てきた、出てきた!
シャッターを押すと、ウィーンという音と共にフィルムが出てくる。出て来た瞬間は真っ白で、徐々に色が出てくる

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

ノーマル撮影作例
まずはノーマルで撮影。ググッと寄って提灯を撮ってみたり、下からあおって建物を撮ってみたり

ノーマル撮影で撮影の感覚を覚えたら、次はさまざまな撮影モードを使って撮影をしてみよう。

【マクロモード】
次にマクロ撮影をしてみた。マクロモードは、その名の通り、近くの被写体を撮る時に使う機能。花や食べ物など、そのものをアップで撮りたい時に重宝する。ピントの範囲は30〜60cm。だが、最短撮影距離よりも近づいてしまうとピンぼけになってしまうので、注意が必要だ。いくつか花の撮影を試みたが、ベストな距離は40〜60cm。だが、一般的に近距離撮影は暗めの仕上がりになりがち。明るめに仕上げたい時は、明るさを調整できるLモードを併用するのがいいだろう。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

30ミリまで接近
マクロモードに設定すると、30〜60cmの範囲まで接写が可能になる。花や料理を撮る時に重宝しそうだ

マクロ撮影作例
マクロモード時の最短撮影距離は30cmだが、あまり近いとピントがあまくなりがち。ベストな距離は40〜60cmかな

【パーティーモード】
チェキといえば、結婚パーティーではおなじみのアイテム。出席者の写真を一人ひとり撮影し、出てきた写真の余白に、メッセージを書いてもらうというのが、一連の流れ。だから、この「パーティーモード」もそれらを想定してできた機能だと思うが、あいにくこの年(アラフォー)になると結婚パーティーのお誘いもなく、試すことができず……。


パーティーモードは、暗い室内でフラッシュ撮影をすると、背後が真っ暗になってしまうことを防ぐためにできたモードだ。室内の明るさに応じて、フラッシュの発光量を調整し、背後もキレイに写してくれるというのがウリ。人物の後ろもキレイに写すという点では、室内も屋外も関係ないのでは?と勝手な解釈で、今回は屋台の前で撮影をしてみた。


撮った写真は、パーティー会場のような華やかさはないけれど、そこそこキレイな仕上がり。これなら、室内にこだわらず、野外でも利用できそうだ。だが、少し距離をとって撮影をすると、後ろは真っ暗。近距離で撮ることが条件のようだ。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

パーティーモード撮影作例
暗い室内でフラッシュ撮影をすると背景が真っ黒に。なんてことを解消するための「パーティーモード」だが、距離があるとその効果はほとんどなし。被写体の人物にグッと寄らないと、背景の明るさまでは出てこない

【ハイキー&ローキー】
写真の濃淡を調整するモード。「L」=明るめ、「L+」=かなり明るめ、「D」=暗め、の3段階の調整が可能だ。まず、野外で人物撮影をしてみた。はじめにノーマル撮影で1枚、次に「L+」で1枚。比べてみると、明るめにした方が、ふんわりとした雰囲気になる。でも、筆者はノーマルの方が好きかも。ポートレートで「L」を使うと、美肌効果も出るというので、ちょっぴり若く見せたい時は、ぜひ!


暗めの室内での撮影は、三脚を使用した。今回もノーマルと「L+」で比較。ノーマルではほとんど真っ暗な状態だが、「L+」ではキッチンの細部が分かる。でも、実は肉眼ではもっと明るく見えていた。ポラロイドの仕上がりは、やはり全体的にアンダーになる。でも、それがポラロイドの味なのだと筆者は思っている。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

ノーマルと明るめの比較(人物)
左から2番目にある機能ボタンで、濃淡を調整。「L」=明るめ、「L+」=かなり明るめ、「D」=暗め。写真はノーマル(左)と「L+」(右)。明るめにすると、ふんわりとした雰囲気になる

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

室内撮影
手ブレが心配な暗めの室内は、三脚を利用

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

ノーマルと明るめの比較作例(室内)
ノーマル撮影だと、ほとんど真っ暗だが、「L+」で撮影をすると、内部の細かい部分も写るように

【遠景モード】
遠くに見える美しい風景を撮りたい時に使うモード。3mより遠くの被写体に有効とあるが、ちょっと遠すぎたか?ノーマル撮影と遠景モード撮影を見比べてみても、その差はわからず……。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

ノーマルと遠景モードの比較作例
遠くの被写体をシャープに写してくれるらしいのだが、ほとんど変わらず?

……という感じで、効果が分かる機能とあまり分からない機能があったが、試してみる価値はある。ただ、問題なのは、試すにはそれなりのフィルムが必要ということだ。「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」を使う時は、ただやみくもに撮るのではなく、この被写体の時はこのモードがいいかなと考えてから撮る必要がある。それは、デジカメに慣れてしまった人には、ある意味めんどうではあるけれど、そうでもしないとフィルムはあっという間に消えていく。まさに、「一球一魂」ならぬ「一フィルム一魂」の精神が必要だ。だからこそ、これぞ!という写真が撮れた時は、その喜びもひとしお。“記念写真”ではなく、“作品撮り”に使いたいカメラである。

あ〜、フィルムがどんどんなくなっていくー! 意外と難しいバルブ&二重露光撮影

価格.comマガジンforウーマン

そして、作品撮りをより高度にさせたものが、「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」の新機能として注目されるバルブ撮影と二重露光モードだ。


バルブ撮影は、長時間露光で夜景撮影や光で遊べる新機能。この機能により、これまでチェキが苦手としていた夜景やノンフラッシュの室内撮影ができるようになり、チェキの撮影の幅はぐんと広がった。シャッターが開くのは最長10秒。しっかりカメラを持っても手ブレを起こす可能性が高いので、三脚の使用がおすすめだ。


バルブモードでは、シャッター時間は自分で調整する。試しにライトアップされた古民家を、シャッタースピード5秒と10秒で撮ってみた。しかし、少し距離のある被写体では、その違いはほとんど分からず。若干、10秒の方が明るいかな?と感じる程度だった。そこで、もう少し被写体に近づいて撮ってみることに。シャッタースピード10秒で、電車が走る様子を撮影してみた。これは大成功! 「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」の実力が発揮できた1枚となった。バルブモードはある程度、近距離の被写体を撮るといいようだ。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

三脚を使ってバルブ撮影
夜間の撮影には三脚を使用。「instax mini 90」から搭載された新機能・バルブ撮影に挑戦

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

バルブ撮影作例(建物)
シャッターボタンを押している間、シャッターが開き続け、露光によって写真の明るさが変わるバルブモード。写真は、シャッタースピード5秒(右)と10秒(左)のものだが、遠景の建物の撮影では、その違いがほとんどわからなかった

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

バルブ撮影作例(動きあり)
シャッタースピード10秒のバルブモードで、電車を撮影。このくらいの距離だと、バルブモードの実力を発揮してくれる

最後に、「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」ならではのユニークな機能、二重露光モードに挑戦してみた。二重露光モードは、1枚のフィルムに2度シャッターを切ることで像を重ねる撮影モード。例えば、1枚目に花、2枚目に人物を撮ると、花と人物が重なり合い、現実とはかけ離れたクリエイティブな写真に完成する。だが、いざ撮るとなると、何と何を重ねようかと結構悩む。そこで、まずは同じ人物で位置をずらして撮ってみることにした。だが、アイデアとしては悪くないと思うが、なかなかうまくいかない。何度撮っても露出がオーバーしてしまうのだ。そうこうしているうちに、フィルムはどんどん消えていく。


結局、分身術は成功しないまま、別のシーンを撮ることにした。次に考えたのが、お地蔵さまとそれを拝む人物を重ねるというもの。1枚目、まずはお地蔵さま、2枚目、それを拝む人物。

富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」 富士フイルム「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」

二重露光作例その1
1枚のフィルムに2度シャッターを切ることで像を重ねる二重露光モードしかし、何度やっても露出オーバーになり、メーカーの作例のようにはなかなかいかず……

二重露光そ作例の2
1ショット目に地蔵を撮り、2ショット目に人物を撮る。何と何を組み合わせるとおもしろい写真ができるか、カメラマンのセンスも問われる機能だ

どうだ? フィルムから色が出てくる間、緊張が走る。出てきた写真は、まぁまぁ? 素人のわりには頑張ったかなという感じだ。というわけで、バルブモードも二重露光モードもかなり高度な技が必要であることがわかった。だが、それは裏を返せば、アナログ好きにはたまらない機能でもある。結局、コレ! といった作品が撮れなかった筆者はやや消化不良。自分が納得できる作品を撮るには、あと100枚はフィルムが必要になりそうだ。

まとめ

価格.comマガジンforウーマン

初代チェキから約10年の時を越え、最新型のチェキを使ってみた。正直、同じカメラとは思えないほどの進化だ。筆者にとって、初代チェキは、撮った写真(主にポートレート)をその場で人にあげられるとい気軽さがよかったが、「instax mini 90 チェキ ネオクラシック」は、記念写真用にとどまらず、作品として残せるので、そう簡単にはあげたくない気分(ケチ?)。


とはいえ、これぞ! という作品を撮るまでは、道のりが長そうだ。特に二重露光モードは、今回はすべて失敗。メーカーの撮り方ガイドの作例などを見ると、こんなことができるのかー! こんなこともできるのかー! と驚いてしまうが、果たして素人でもそこまで達することができるのだろうか? “何事にも練習あるのみ!”なのだが、それには膨大なフィルム代がのしかかってくるわけで……。でも、1枚にかける気持ちの入り方は、デジカメ撮影では決して味わうことのできないよい体験。撮りたい被写体をよりキレイに、よりユニークに撮るために試行錯誤する。失敗を反省し、次に生かす。限られたフィルムだからこそ、魂を込めて撮る。実はこれって、人が生きていく上でとても大切なことだったり。そう思うと、なかなか奥の深いカメラだと思った。

ライター/石渡 真由美

ページの先頭へ