新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

東芝が放つ実質価格17,000円の電子書籍リーダー専用機 

東芝の電子書籍リーダー「ブックプレイス DB50」の中身とは?

東芝は、同社としては初となる電子書籍リーダー「ブックプレイス DB50」を、2012年2月10日より発売する。その発売に先立ち、本日行われた製品発表会で実機に触ることができたので、その詳細をレポートしよう。

作家の井沢元彦さんと、趣味はズバリ読書で、速読もできる、タレントの三浦奈保子さんがPRに駆けつけた

「ブックプレイス DB50」は、Androidをベースにした電子書籍専用端末

まずは、「ブックプレイス DB50」のボディから。ボディサイズは約120(幅)×190(高さ)×11(厚さ)mmで、重量は約330g。カラーの液晶ディスプレイは約7V型でWSVGA表示(600×1024)に対応している。液晶は、もちろんタッチ操作に対応しており、マルチタッチも行える。基本的にタブレット端末のようなシルエットだが、書籍をデザインモチーフにしている点が特徴だ。

搭載されるCPUは、1GHzで動作する「Freescale i.MX533」というもので、RAMは1GB、ストレージとなるフラッシュメモリーは8GBだ。電子書籍専用端末として見ると、1GBというRAMはかなり余裕を持たせた設計で、電子書籍コンテンツのページめくりや、設定画面などの画面切り替えなど動作全般はなかなか軽快である。

ユーザーインターフェイスの面では、液晶の下にあるホームボタンに加えて、上側面にスイッチ類がまとめられている。また、ストレージの増設用としてmicroSDカードスロットも搭載されている。ネットワーク機能は、IEEE802.11b/g/nのWi-Fiに対応しているほか、Bluetoothも利用可能だ。

本機の大きな特徴は、カラーの液晶パネルを備えている点だ。カラー表示に対応しているので、雑誌や写真集などの写真を多用したコンテンツの表示にも適している。また、バックライトを備えているので、寝室などでは明かりを点けなくても本を読むことができる。この点は、文字を読むためにはある程度外光の明るさが必要となる、電子ペーパーを使った電子書籍リーダーと比較した優位点といえるだろう。

重さは文庫本にして2〜3冊程度。サイズは、単行本サイズのB6版や四六版に近い

液晶画面の下部にはホーム画面に戻るボタンを装備する

電源などのスイッチ類は、上側面にまとめられている。ボタンは左からボリューム調節、コンティニュー、バック、メニュー、電源スイッチという並び。コンティニューボタンは、インターネットなどほかの画面を開いているときでも、読みかけのページに素早く戻れるというものだ

書籍の小口をモチーフにした右側面のデザイン

下側面には端子類がまとめられている。左から、モノラルスピーカー、ヘッドホン端子、microUSB(micro-B)ポートが配置される

本では背に当たる左側面部分には、ストレージ増設用のmicroSDカードスロットが備わる。microSDカードスロットに保存した音楽や画像データは再生することもできる

画面はローテション可能で、横向きでも使うことができる

なお、「ブックプレイス PB50」のシステムは、Android2.3をベースにしており、設定項目などはAndroidに順じたものになっているが、アプリの追加を行うことはできない。

システム情報を見ると、OSのバージョンが「2.3.4」と表示されている。こうしたシステム周りの表示項目などにもAndroidの雰囲気が残っている

次に、機能の面から本機を見てみよう。まず一番肝心の電子書籍リーダーとしての機能だが、東芝の電子書籍サイト「BookPlaceストア」専用のフォーマットとPDFに対応している。残念ながら、XMLベースのオープン規格「EPUB」への対応は見送られている。

また、テキストの読み上げ機能に対応する予定だ。「BookPlaceストア」で購入した書籍のうち、テキスト読み上げに対応したもののみが対象となるが、俳優の山本裕典さんや溝端淳平さんなどの有名人の声や、「にゃんぱいあ」などのアニメキャラクターの声、さらには、録音した自分の声を選んで音声読み上げするなど、楽しみが増えそうだ。

また、Webブラウザー機能を備えており、Wi-Fi経由でインターネットを利用できる。Webブラウザーは基本的にAndroidに準じているが、Adobe Flash Playerには非対応だ。

電子書籍の購入は、昨年よりサービスが開始された東芝の電子書籍サイト「BookPlaceストア」を利用する

電子書籍の利点である文字の大きさ調整ももちろん可能。文字サイズを最大にすれば7V型の大画面もあり、年配の方でもはっきりと読めるだろう

価格の安さやシンプルさを武器にタブレット端末などに対抗

電子書籍は、本機のような専用端末でなくても、パソコンやタブレット端末、スマートフォンのような汎用端末でも読むことができる。現に、本機で利用する電子書籍サイト「BookPlaceストア」は、パソコンやタブレット端末からでもコンテンツの購入や閲覧が可能だ。 いちユーザーの立場からすると、すでに手元にある端末でサービスを利用したほうが経済的にも思える。この1年の動向を見ても、電子書籍専用端末が苦戦している面は否定できない。

ただ、東芝としても、そうした市場動向は十分把握しており、「ブックプレイス DB50」では、価格の安さと専用機ならではのシンプルな機能で差別化を図りたいとしている。特に価格については、タブレット端末は安くても3万円はするのに対して、「ブックプレイス DB50」は市場想定価格で22,000円、特典として付属する「BookPlaceストア」のクーポン5,000円分を加味すれば、実質17,000円という価格になる。ライバルとなるソニーの「Reader PRD-T1」の価格が19,800円なので、カラー液晶を採用する本機は割安といえるだろう。

気になるコンテンツだが、「BookPlaceストア」では2012年1月の時点で5万冊の蔵書を揃えている。書籍やマンガはもちろんだが、カラー液晶という優位性を生かし、ラインアップされている写真集や雑誌を楽しめるのがポイントだ。なお、「BookPlaceストア」では、2012年3月末までに蔵書を今の倍の10万冊に拡大するという計画があり、そうなると蔵書数では国内最大級となる。コンテンツの面での不足はないといっていいだろう。

取材・記事 価格.comマガジン編集部 党員四號

自慢じゃないが小生の住んでいるところは首都圏25キロ圏内のくせに、冬場の温度差が都心と4〜5度はあってとても寒い(自慢になってない)。先日の雪の日、都心は雨だった頃、すでに我が家は積雪は5センチほどで、玉突き事故をあっちこっちで見かけた。やっぱり関東南部でもスタッドレスタイヤが必要なのかねぇ

ページの先頭へ