特別企画 - 商品選びに役立つ旬な情報をお届け! -

薄い!軽い!速い!安い! モバイルノートの新カテゴリ 

いよいよ登場した「ウルトラブック」に迫る!

「ウルトラブック(Ultrabook)」とは、インテルの提唱する新しいノートPCのコンセプトのこと。その特徴は、薄く、軽く、処理性能も妥協せず、そして低価格ということだ。今年の5月に台湾で開催されたIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2011」でそのコンセプトが明らかになったが、最近になってこのコンセプトに乗っ取った実際の製品の発表も相次いでいる。このページでは、ウルトラブックとは何かを解説しながら、11月より発売される東芝の「dynabook R631」と、エイサーの「Aspire S3-1」を紹介しよう。

価格.comマガジンのUltrabook関連記事をチェック!

薄型、軽量、高い演算能力、そして従来のモバイルノートと比べると抑えられた価格が特徴の「ウルトラブック」。この秋から来年にかけてノートPC選びの台風の目になりそうな気配だ

ウルトラブックは、薄い、軽い、速い、安いの4拍子揃ったノートPC

薄く軽いモバイルノートは昔から人気が高いノートPCのジャンルだ。しかし、薄型・軽量を突き詰めた製品や、薄く軽くて処理能力も高いという製品は値段も高くなることが多く、おいそれと購入できる代物ではなかった。

そんななかに登場したウルトラブックは、消費電力が少ないうえに、高性能なオンチップグラフィックを備えたインテル Coreプロセッサーを活用することで、価格を抑えながら、薄く軽いボディに、描画と演算の双方で妥協しない高い処理能力を備えた新しいノートPCのコンセプトなのである。

価格についても、日本円で10万円を切るようなものが期待されている。加えて、休止状態から約10秒で復帰できる「インテル Rapid Start Technology」を備えており、スリープ状態よりもバッテリー保持時間を延ばすことができるようにもなっている。このように、総合的なフットワークの軽さを実現しており、多くのユーザーが望む使い勝手のよさを備えたノートPCがウルトラブックなのだ。

ウルトラブックに似たノートPCのカテゴリーとしては、Atomプロセッサーなどを搭載する安価な「ネットブック」がある。ただし、ネットブックは、CPUから画面のサイズ、入出力端子の構成、ストレージに至るまで、メーカーや製品による違いが少なく、どれを選んでも大差ないというのが正直なところだった。 しかし、ウルトラブックは、ハードウェア構成についても選択できる幅が広く、ハードウェアから「これがウルトラブック」と明白に位置づけることが難しい。現状、光学ドライブや独立したグラフィックアクセラレーターが搭載されているモデルはないが、それも禁止されているわけではなく、コストや設置スペースが折り合えば載せられる。CPUについても、モデルによって、Core i7、Core i5、Core i3搭載が混在しているし、チップセットについてもばらばらだ。

価格についても、いちおうは「1000米ドルを下回る程度」というようなコンセプトになっているが、日本円で10万円を超えるような製品も出てきており、決して「安い」とは言えないというモデルも存在する。このように、まだウルトラブックの定義はあいまいで、モデルによっての差が激しいのが現状だ。

東芝のウルトラブック「dynabook R631」の、Windowsエクスペリエンススコア。プロセッサは6.3、メモリが5.9、グラフィックスは5.7、ゲーム用グラフィックス6.3、プライマリハードディスク6.6という、全般にバランスのとれたスコアがウルトラブックの特徴

薄く軽いのはウルトラブックの魅力。写真はエイサーの「Aspire S3-1」の側面。高嶺の花という印象も強かった薄型モバイルノートが、10万円程度の現実的な価格で手に入れられる

ウルトラブック製品カタログ

以下、現在発売が予定されているウルトラブックを紹介する。現時点では、東芝より1機種、エイサーより1機種2モデルが発表されているが、いずれも薄い、軽い、速い、安いというウルトラブックのコンセプトを具現化した製品だ。

USB3.0を備えた豊富な拡張性が特徴 〜 東芝「dynabook R631」

豊富なインターフェイスが特徴。ウルトラブックの中でも軽量な1.14kgの軽さが光る

東芝がいち早く投入するウルトラブック「dynabook R631」は、約316.0(幅)×227.0(奥行)×8.3〜15.9(高さ)mmというスリムサイズで、重量は約1.12kg。ウルトラブックの中でも薄さと軽さを重視した製品だ。液晶ディスプレイは13.3V型で、解像度は1,366×768ドット表示に対応している。


CPUは、「インテルCore i5-2467M プロセッサー」で、4GBのDDR3メモリーを搭載。ストレージについては128GBのSSDが搭載される。この「dynabook R631」は、豊富な入出力端子も特徴で、USB3.0ポートを1基、USB2.0ポートを2基、さらには。映像出力用としてHDMI端子とアナログRGB端子を備えている。ネットワーク機能も、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi、有線LANポート、さらにWiMAXモジュールまで備え、家庭や職場などで据え置きで使っても、屋外に持ち出しても、場所を選ばずにインターネットを利用できる。


また、バッテリーについては、カタログスペックで9時間のスタミナがあり、充電器不要でも丸一日は持ち歩くことができる余裕を備えている。店頭予想価格は15万円前後。

青い端子が目印のUSB3.0ポートを備える


Core i7-2637Mプロセッサーによる高い処理能力が自慢 〜 エイサー「Acer Aspire S3-1」

256GBの大容量SSDやCore i7プロセッサーを搭載し、処理能力に余裕を持たせた「Aspire S3-1」

エイサーのウルトラブック「Acer Aspire S3-1」は、323(幅)×218.5(奥行き)×13.1〜17.5(高さ)mmのサイズで、重量は約1.4kg未満となっている。搭載されるディスプレイは13.3型で、1,366×786ドット表示に対応。「dynabook R631」と比べると若干サイズは大きく、重量も重めとなっている。


採用されるCPUは、インテル Core i7-2637Mプロセッサーで、通常時の動作クロックは1.7GHzだが、「インテル ターボ ブースト」により最高2.8GHzまで自動でクロックアップされる。メモリーは4GBで、ストレージは256GBのSSDを搭載する。 入出力端子は、USB2.0ポートを2基と、HDMI端子を備えている。ネットワーク系インターフェイスではIEEE 802.11 b/g/n準拠のWi-Fiに対応しているほか、Bluetooth 4.0+LE規格に対応しているところに注目だ。Bluetooth 4.0+LEは、転送速度こそ1.0Mbpsと低速であるが、低消費電力で動作するのが特徴。将来登場が見込まれるBluetooth 4.0対応の家電製品の情報ハブとして活用できるポテンシャルを備えている。


このほか、CPUに1.4GHzで動作するインテル Core i3-2367Mプロセッサーを搭載し、ストレージに320GBのHDDを備える下位モデル「Aspire S3-2」もラインアップされている。予想価格は、「Aspire S3-1」が15万円前後、「Aspire S3-2」が9万円前後となっている。

「CEATEC JAPAN 2011」会場でも展示されていた「Acer Aspire S3-1」。パームレストの温度上昇を抑え、通常時で27度以下、高負荷時でも34度以下と体温より低い温度に抑えることに成功している


dynabook R631とAcer Aspire S3-1スペック比較

モデル dynabook R631 Acer Aspire S3-1
サイズ 約316.0(幅)×227.0(奥行き)
×8.3mm(厚さ、最厚部15.9mm)
約323(幅)×218.5(奥行き)
×13.1mm(厚さ、最厚部17.5mm)
重量 約1.12kg 1.4kg未満
画面サイズ 13.3型(1366×768ドット) 13.3型(1366×768ドット)
チップセット インテルHM65 Express インテル Mobile UM67 Express
CPU インテルCore i5-2467M プロセッサー インテルCore i7-2637M プロセッサー
グラフィック
アクセラレーター
Intel HD Graphics 3000(オンボード) Intel HD Graphics 3000(オンボード)
メモリー 4GB 4GB
光学ドライブ
ストレージ 128GB(SSD) 256GB(SSD)
バッテリー駆動時間 約9時間 約7時間
搭載OS Windows 7 Home Premium SP1 (64bit) Windows 7 Home Premium SP1 (64bit)
入出力端子 USB3.0×1、USB2.0×2
HDMI×1、アナログRGB×1
カードリーダー(SD)
USB2.0×2
HDMI×1
対応カードリーダー(SD、MMC)
ネットワークインタフェース IEEE 802.11 b/g/n 準拠(Wi-Fi)
WiMAX
ギガビットLAN(RJ45)
IEEE 802.11 b/g/n 準拠(Wi-Fi)
Bluetooth 4.0+LE

本格的な普及は来年年明け以降

ここで紹介した「dynabook R631」および「Acer Aspire S3-1」は、今年の11月に発売が予定されているが、これ以外のメーカーからはどんな製品が出るのだろうか? 「CEATEC JAPAN 2011」のインテルブースでは、レノボより13.3型液晶の「ideapad U300s」が、ASUSからは13.3型液晶の「UX31」と、11.6型液晶を備えた「UX21」が、発売日やスペックは非公開ながら展示されていた。

なお、これらの展示機種を含む、ウルトラブックの製品ラッシュは、来年の初めに発表されると見られるインテルの新CPU発表以降になる見込み。豊富な製品を選べるようになるまではまだ少し時間がかかりそうだ。

レノボ「ideapad U300s」

13.3型液晶を備えるレノボのウルトラブック「ideapad U300s」は、天板のオレンジが印象的。スペックはまだ公開されていない

ASUSTeK「UX31」

13.3型液晶を備えるASUSTeKの「UX31」。こちらもスペックは未定

ASUSTeK「UX21」

ASUSTeKのもう1機種のウルトラブック「UX21」は11.6型を搭載したコンパクトなボディが特徴。金属製のボディで、同心円状のヘアライン処理がなされた天板がデザイン上のアクセント

記事:価格.comマガジン編集部 党員四號

※価格.com最安価格は2011年10月7日現在のものです

ページの先頭へ