新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

大型化がさらに加速。高速Wi-Fiルーターも登場 

NTTドコモの2014-2015冬春スマートフォン&新製品を一挙紹介!

NTTドコモは、2014年9月30日、スマートフォンなどの冬春モデルおよび、新サービスの発表会を実施。今回発表されたのは、スマートフォン・タブレットが9機種、ケータイが2機種、らくらくホンとキッズケータイがそれぞれ1機種、キッズ向けウェアラブル端末1が機種、モバイルWi-Fiルーターが2機種という顔ぶれである。それらの概要をお届けしよう。

取材・記事:価格.comマガジン編集部 党員四號

 

NTTドコモの顔として、堀北真希さん、渡辺謙さん、石原さとみさんが登場。渡辺謙さんは、「GALAXY Note Edge」を使って自撮りを披露した

スマートフォン全機種が「VoLTE」やハイレゾ音源に対応

今回発表されたスマートフォン・タブレットは計9機種。いずれも、Android 4.4を採用するほか、ハイレゾ音源の再生にも対応する。また、スマートフォンは、全機種が高音質通話やテレビ電話を実現する「VoLTE」対応となった。

スマートフォンを見ると、グローバルモデルをベースにした「Xperia Z3 SO-01G」と「Xperia Z3 Compact SO-02G」が登場したほか、NTTドコモとしては珍しいタフネスモデルとして「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」と、先日auからも発表された曲面ディスプレイを採用する「GALAXY Note Edge SC-01G」も投入される。

国内メーカー勢としては、シャープよりIGZO液晶を採用する「AQUOS ZETA SH-01G」と、その派生モデル「Disney Mobile on docomo SH-02G」が登場する。富士通からも3500mAhの大容量バッテリーを採用する「ARROWS NX F-02G」が発売される。国内メーカー勢は、バッテリー持続という持ち味をさらに生かす方向で進化が進んでいると言える。

左が1080×1920のフルHD表示に対応する約5.2型ディスプレイを備えた「Xperia Z3 SO-01G」で、10月下旬の発売予定。右は720×1280のHD表示に対応した約4.6型ディスプレイを備えた「Xperia Z3 Compact SO-02G」(いずれもソニー製)で、発売日は11月中旬を予定している

アメリカ国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」をクリアしたタフネスモデル「GALAXY 5S ACTIVE SC-02G」(サムスン製)。約5.1型の有機ELディスプレイを備えるなど基本スペックは夏モデルの「GALAXY 5S」と共通している。10月4日の発売が予定されている

auからも発表された「GALAXY Note Edge」(サムスン製)が「SC-01G」としてNTTドコモからも登場。独自のエッジスクリーンは1440×2560の主画面と、160×2560表示の湾曲したエッジディスプレイで構成されており、両方を合わせた画面サイズは約5.6型となる。発売は10月下旬の予定だが、フロストホワイトは11月中旬となっている

フルHD表示に対応する約5.5型のIGZO液晶を備えた「AQUOS ZETA SH-01G」(シャープ製)。デザインモチーフは従来機種の「SH-04F」とよく似ているが画面がひと回り大型化された。メインカメラは光学メーカーのリコーによる画質改善認証プログラム「GR Certified」を取得しており、画質の改善が期待できる。発売は11月中旬の予定だ

「SH-01G」のバリエーションとして、「Disney mobile on docomo SH-02G」(シャープ製)もラインアップされている。ハードウェアの基本仕様は共通だが、外装の一部デザインやイルミネーション、スマホピアス、独自コンテンツの搭載といった違いがある

鋭角的なデザインが魅力的な「ARROWS NX F-02G」(富士通製)。1440×2560のWQHD表示に対応する約5.2型ディスプレイに、3,500mAhという大容量バッテリーを組み合わせている。なお、来年に免許が交付される予定の新しい周波数帯700MHz帯に対応しているのも特長となっている。発売は10月下旬を予定している

タブレットは、約8.4型ディスプレイを備えた「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」と、約10.5型の「ARROWS Tab F-03G」の2機種がラインアップされている。いずれも有機ELディスプレイの搭載となった。なお、音声通話機能は両機種とも省略されている。

「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」(サムスン製)は、1600×2560表示に対応する約8.4型有機ELディスプレイを備える。写真のキーボードもセットとなっている

1600×2560表示に対応する約10.5型有機ELディスプレイを備える「ARROWS Tab F-03G」(富士通製)。大型のタブレットだが、重量は約433gに抑えられている

キャリアアグリゲーション対応モバイルWi-Fiルーターなども発表

今回発表された2機種のモバイルWi-Fiルーターは、いずれもNTTドコモとして初のキャリアアグリゲーション対応になっていることが大きな注目点だ。NTTドコモのキャリアアグリゲーションでは、1.5GHz帯と800MHz帯のセットと、1.5GHz帯と2.1GHz帯を束ねたセットで運用され、いずれもダウンロード時で225Mbpsという通信速度を実現する。なお、スマートフォンやタブレットでのキャリアアグリゲーション対応は、今回発表された端末ではいずれも未対応となっている。

「Wi-Fi STATION L-01G」(LG製)は、キャリアアグリゲーションに加え、2.6GHz帯を使ったTD-LTE(バンド26)に対応しており中国の一部で高速のローミング通信が行える。バッテリー容量が4,800mAhとかなり大きく長時間の駆動が見込めるのも魅力。発売は3月の予定だ

「Wi-Fi STATION HW-02G」(ファーウェイ製)は、5GHz帯への対応や、IEEE802.11ac、有線LANポートを備えている。発売は2月の予定となっている

ガラケーも、新機種が2機種追加された。1機種は、「I」「II」「III」のファンクションキーを備えた「P-01G」。もう1機種は、ネイルのデザインモチーフを取り込んだ「N-01G」というラインアップである。シニア向けのらくらくホンシリーズも、「らくらくホン ベーシック4 F-04G」が追加されたほか、キッズ向けの「キッズケータイ HW-01G」もラインアップされている。

また、新基軸の製品として、3G通信機能を備えた子供向けのウェアラブル端末の「ドコッチ」が発表された。

このほか、パイオニアから発売される予定のLTE通信モジュールを搭載するルームミラー型テレマティクス端末や、着衣型デバイス「hitoe」を使った新サービス「runtastic for docomo」も発表されている。

約3.4型のメインディスプレイを備えた「P-01G」(パナソニック製)。Bluetoothに対応しており、スマホとの連携も行える。バッテリー容量も1000mAhという大容量だ。発売は11月上旬の予定だ

約3.4型ディスプレイを採用する「N-01G」(NEC製)。女性の利用を意識したという華やかなデザインとなっている。本機もまた、Bluetooth対応となっており、スマホとの連携が行える。発売は11月中旬を予定している

シニア向けの「らくらくホン ベーシック4 F-01G」(富士通製)。基本コンセプトは変ってないものの、新機能として防水および防塵仕様に対応している。また、カメラ機能に自動シーン認識が搭載されている。発売は10月4日となっている

キッズ向けの「キッズケータイ HW-01G」(ファーウェイ製)も、防水・防塵仕様をクリアしており、ラフに使われる事も多い子どもに安心して持たせることができるようになっている。発売は11月上旬を予定している

今回高い注目を集めていたのが「ドコッチ 01」。GPSや3G通信機能を備えた子ども向けのウェアラブル端末だ。腕時計として利用できるほか、居場所を教える「イマドコサーチ」、SMSの送受信機能を備えている。発売は2015年3月の予定だ

ルームミラー型テレマティクス端末。音声対話型インターフェイスやカメラ機能、LTE通信モジュールなどを備えている。2014年度中に、パイオニアより発売が予定されている。

ウェア型デバイス「hitoe」を活用したフィットネスサービス「runtastic for docomo」も発表された。12月のサービス開始予定で、月額料金は350円(税別)となっている

新端末もさることながらモバイルネットワークを活用したユニークな提案が光る

今回発表された新しいスマートフォンやタブレットは、Android 4.4や「Snapdragon 801」世代のプロセッサーを採用するなど、ハードウェアやソフトウェアの基本構成は、2014年夏モデルから大きな進化は見られず、小休止のタイミングという見方もできる。

そのいっぽうで、子ども向けのスマートウォッチとも言える「ドコッチ」や、パイオニアから発売予定のルームミラー型テレマティクス端末、着衣型端末およびコンテンツサービスの「runtastic for docomo」など、モバイルネットワークを応用した、さまざまな端末の提案がなされたことが印象に残る。

NTTドコモの新料金プランでは、デバイスに特化した低価格のプラン「デバイスプラス」が用意されているが、その新料金を活用することで、成熟化が進むスマートフォンやタブレットといった端末の魅力にとどまらない独自性を追求していると言えるだろう。

価格.comマガジン編集部 党員四號

ガラケー&スマホの二台持ちユーザーとしては、VoLTE対応ガラケーの登場が待ち遠しい。ガラケー用のLTEチップセットを作らないといけないといった負担が大きいみたいだけど、通話に重きを置くガラケーやシニアモデルこそ高音質のVoLTEが生きると思う次第でありまス。

ページの先頭へ