新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

操作パネル・排紙トレイが自動開閉式になって便利さアップ 

シール印刷も可能な小型モデル「PF-70」を投入! エプソン「カラリオ」2014年モデル

エプソンは2014年9月2日、インクジェットプリンター「カラリオ」シリーズの新モデルを発表した。年末商戦に向けて、9月18日より順次発売する。A5サイズまでの普通紙印刷に対応した新機軸の小型モデル「カラリオ PF-70」を新たに投入。スマートフォンで撮影した写真を使ったシール印刷や年賀状を簡単に作成できるのが特徴だ。ここでは2014年モデルの強化点と主なラインアップを紹介しよう。


取材・記事:価格.comマガジン編集部 MIURA☆

CMに出演するAKB48の渡辺麻友さん。ちいサメ(右)とエイさん(左)と共演したCMは9月3日より全国で順次放送される

主力モデルは液晶を大型化! 操作パネル・排紙トレイが自動開閉に

「カラリオ」シリーズは、高画質、コンパクトサイズ、無線LAN対応、スマートフォン連携など、昨今のプリンターのトレンドを網羅した豊富なラインアップを展開してきた。新モデルでは、使いやすさに磨きをかけたほか、写真や年賀状を楽しくきれいにプリントできる機能を盛り込んだ。

主力モデルの「EP-807AB/AW/AR」、A3対応の「EP-977A3」、ファクス複合機「EP-907F」は、4.3型ワイドのタッチパネル液晶を採用。従来モデルより大きな画面で視認性を高めた。さらに、操作パネルと用紙カバーが電源オン・オフ時に、自動で開閉するようになり、いちいち角度を調整する手間がかからなくなった。「EP-807AB/AW/AR」と「EP-977A3」では、新たに「自動電源オン」機能を搭載。印刷データが送信されると自動的に起動し、トレイがオープンして印刷がはじまる。印刷に必要な基本的な操作を自動化して、使いやすさを改良している。

従来モデルより大きな4.3型ワイドのタッチパネル液晶を搭載(写真は「EP-977A3」)。スマートフォンのようなフリック操作で、さまざまな設定が可能

「自動電源オン」機能を搭載し、スマートフォンから印刷データが送信されると自動で起動し、印刷がはじまる。電源が自動で切れる「自動電源オフ」機能も備える

「カラリオ」シリーズは全機種に無線LANを搭載

続いて、2014年モデルのラインアップを整理しよう。「カラリオ」シリーズは、全機種に無線LANを搭載し、スマートフォンやタブレット、パソコンからワイヤレスで印刷が可能だ。A3印刷に対応するモデルも引き続きラインアップする。

スマホでシール印刷や年賀状を作成できる小型プリンター「PF-70」

「PF-70」は、2014年モデルとして新たに投入する小型のプリンターだ。本体サイズは249(幅)×176(奥行)×85(高さ)mm。電源を切れば、縦置きしてもインクが漏れないため、本棚など、狭いスペースに収納できる。無線LAN接続に対応し、スマートフォンやタブレット、パソコンとワイヤレスで接続可能。無線LANアクセスポイントのない環境でも、直接接続できる「Wi-Fi Direct」もサポートする。最大A5サイズまでの普通用紙に印刷できる。A5サイズとは、A4サイズのちょうど半分の大きさとなる。そのほか、L判写真サイズ、ハガキ、カードサイズなどに対応する。インクは、ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの4色一体型。

「光沢紙シール<ロールタイプ>」、「普通紙シール<ロールタイプ>」を使ったシール印刷も可能。どちらも6cm幅のシールタイプのロール紙で、本体の後部に取り付けて利用する。無料アプリ「Epson マルチロールプリント」に収録されている150種類のテンプレートを使って「写真シール」や「お名前シール」など、オリジナルのシールが作成できる。スキャナやコピー機能は搭載しないが、スマートフォンのカメラで撮影し、歪みや傾きを補正してプリントできるアプリ「Epson カメラでコピー」を利用すれば、簡易コピーとしても利用可能だ。

市場想定価格は20,000円前後。10月下旬発売予定。

A5サイズの普通紙印刷に対応する小型モデル「PF-70」

カバー閉じればコンパクトに収納できる

シール用紙は後部に取り付けて利用する

無料アプリ「Epson マルチロールプリント」で「お名前シール」などを簡単に作成できる

コンパクトでもA3対応の上位モデル「EP-977A3」

479(幅)×356(奥行)×148(高さ)mmのコンパクトなボディでありながら、手差し給紙でA3サイズまでの印刷に対応した上位機種。給紙精度を高めたことで、従来機種「EP-976A3」に比べて、A3写真印刷の時間を約1.5倍高速化したのが特徴だ。A3写真を印刷するのにかかる時間は約115秒。

インクは、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色に、ライトシアン、ライトマゼンタを加えた6色染料インク。独自のマイクロピエゾプリントヘッドにより、吐出するインクの量を正確にコントロールすることで、高画質な印刷を実現している。自動両面プリント、静音モードなども備える。市場想定価格は35,000円前後。

A3印刷対応の「EP-977A3」

手差し給紙でA3サイズでの印刷が可能

「見てからファクス送信」機能を搭載した「EP-907F」

ファクス機能を搭載した最上位機種。新機能として、「見てからファクス送信」「見てからファクス印刷」機能を搭載したのが強化点だ。液晶画面でプレビューしてからファクスを送信したり、必要なファクスのみを印刷できる。また、「PCファクス」は送信に加え、受信もサポート。最大30枚までセットできるADF機能も搭載する。市場想定価格は45,000円前後。

ファクス機能を搭載する「EP-907F」。インクは6色染料インクを採用する。「カラリオ」シリーズとしては唯一ADF機能を搭載する。なお、自動電源オン・オフ機能は非搭載となる

3色のカラバリを用意する主力モデル「EP-807AW/AB/AR」

A4プリント対応の主力モデル。ホワイト、ブラック、レッドの3色が用意される。液晶画面デザインも本体カラーと統一感のあるデザインを選べる。インクは6色染料インク、インクサイズは1.5pl。

「前面2段トレイ」と「背面1枚手差し給紙」の3way給紙を搭載。前面トレイには、A4サイズの普通紙とL判サイズの写真用紙など、サイズや種類の異なる2種類の用紙を同時にセットでき、印刷するたびに入れ替える手間がかからない。背面には厚さ0.6mmまでの厚手の用紙をセット可能。市場想定価格は30,000円前後。

主力モデル「EP-807AW/AB/AR」は、ホワイト、ブラック、レッドの3色のカラーバリーションが用意される

6色インク搭載の中級機「EP-777A」「EP-707A」

6色染料インクを搭載しつつ、自動開閉機構などを省いて価格を抑えた中級機。無線LANと「Wi-Fi Direct」など、ネットワーク機能は搭載する。「EP-777A」は自動両面印刷をサポート。2.7型の液晶モニターとタッチ式のボタンを備える。「EP-707A」は1.44型の液晶モニターを搭載する。市場想定価格は「EP-777A」が25,000円前後、「EP-707A」が1万円台後半。

「EP-777A」

「EP-707A」

4色インクの入門モデル「PX-437A」「PX-047A」

4色顔料インクのエントリーモデル。無線LANを装備し、スマートフォンやタブレット、パソコンとワイヤレスで接続可能。「PX-437A」は「Wi-Fi Direct」をサポートする。メモリーカードスロットも備え、1.44型の液晶画面を見ながら写真プリントなどができる。「PX-047A」は、液晶モニターを省いたシンプルなモデルだ。市場想定価格は「PX-437A」が15,000円前後、「PX-047A」が1万円台前半。

「PX-437A」

「PX-047A」

「らくらくスマートフォン3」と連携する「カラリオ ミー 宛名達人 E-850」

年賀状やクリスマスカードなどの作成・印刷に特化した「カラリオ ミー 宛名達人」シリーズ。新モデルの「E-850」は、1571種のデザインテンプレートと、3476種のイラスト素材を収録。好評のディズニーキャラクターのデザインレイアウトを40種類から60種類に増やした。宛名面の飾り付け印刷が可能なテンプレート74種類を新たに収録し、オリジナルの年賀状作りを支援する。

NTTドコモの「らくらくスマートフォン3」には、「Epson らくらく簡単写真印刷」があらかじめインストールされており、アプリをダウンロードすることなく、簡単に写真を印刷できるのもポイント。別売りのUSBケーブルで接続し、プリントしたい写真を選ぶだけで印刷できる。市場想定価格は5万円台前半。

「カラリオ ミー 宛名達人 E-850」

「らくらくスマートフォン3」には専用アプリがあらかじめインストールされている

黒濃度をアップした写真愛好家向けプリンター「SC-PX5V II」

写真愛好家向けの「プロセレクション」シリーズの新モデル。2011年に発売した「PX-5V」の後継機種で、新インクの「Epson UltraChrome K3 INK」を採用したのが特徴だ。インクを包む樹脂に従来比1.5倍の密度で顔料の色材を配合することで黒濃度をアップ。より深みのある黒の表現を可能にした。また、インクを包む樹脂を厚くしたことで、光の乱反射を「PX-5V」に比べて約60%抑制しているという。

機能面では有線/無線LAN接続に対応するほか、「Wi-Fi Direct」もサポートした。操作パネルは2.7型タッチパネル。チルト式で見やすい角度に調整できる。アドビの「Photoshop」に対応したソフトウェア「Epson Print Layout」や、測定機を使った測色、色補正ができる「Epson ColorBase 2」など、各種ソフトウェアも用意する。市場想定価格は90,000円前後。発売は11月上旬の予定だ。

「SC-PX5V II」

新インクの「Epson UltraChrome K3 INK」を搭載


新製品発表会には新CMに出演するAKB48の渡辺麻友さんが登場。CMで共演するエイさんとちいサメと新モデルをアピールした。成人式の写真や、ハワイでの写真など、思い出の写真も披露

「カラリオ」シリーズ2014年モデルのラインアップ

機種 価格.com最安価格
カラリオ EP-977A3 24,999
カラリオ EP-907F 44,123
カラリオ EP-807A 13,870
カラリオ PF-70 12,800
カラリオ EP-777A 11,580
カラリオ EP-707A 8,800
カラリオ PX-437A 15,098
カラリオ PX-047A 7,700
カラリオ ミー 宛名達人 E-850 24,800
エプソンプロセレクション SC-PX5VII 76,941

ページの先頭へ