新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

8月1日スタート!「Yahoo! JAPAN」と連動したユニークな通信キャリア 

ワイモバイル、最新スマートフォン2機種と料金プランを発表!

「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合した新しい通信キャリア「ワイモバイル」の通信サービス「Y!mobile」が、2014年8月1日よりサービスを開始する。それに先がけて、対応するスマートフォン2機種および、その料金プランについての発表会が7月17日に開催された。その詳細を解説しよう。


取材・記事:価格.comマガジン編集部 党員四號

 

1回10分、月間300回までの音声通話し放題を含んだシンプルな料金プランと、「Yahoo! JAPAN」との連携したマイレージ制度が特徴の「Y!mobile」。ここでは、料金の詳細とスマートフォン2製品を中心に迫ってみよう

月額2,980円から選べる3種類の月額料金&独自のマイレージ制度を用意

今回発表された「Y!mobile」のスマートフォン向け料金プランは3種類。もっとも低価格な設定の「スマホプランS」は、月額2,980円で月間1GBまでデータ通信が行える。また、「スマホプランM」は3,980円で月間3GBまで、「スマホプランL」は5,980円で月間7GBまでの通信が可能だ。この料金には、プロバイダー代や1回当たり10分以内、月間300回までの国内無料通話も含まれている。また、「ソフトバンクモバイル」、「ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク」からのMNPユーザーおよび3年目以降の月額料金は、上記の料金に加えて1,000円増しとなり、「スマホプランS」が月額3,980円、「スマホプランM」は4,980円、「スマホプランL」が6,980円となる。なお、各プランのデータ容量の制限を超えた場合、通信速度が128Kbpsに制限されるが、500MB/500円の料金を支払うことで通常速度で利用できる。

このほか、通話のオプションプランとして、月額1,000円の追加料金で、国内通話の相手先、通話時間、通話回数による制限がなくなり、国内通話のかけ放題が実現する「スーパーだれとでも定額」も用意される。割引きプランは、2回線以上で最大10回線まで契約した個人ユーザーを対象に、2回線目以降の月額料金を「スマホプラン」では540円を割引く「家族割引サービス」が用意されている。

また、「Yahoo! JAPAN」のサービスと連携した「パケットマイレージ」にも注目だ。これは、「Yahoo! JAPAN」の利用実績に応じて発行されるマイレージを使い、翌月に利用可能な追加のデータ通信量を獲得できるというもの。「Y!mobile」のスマートフォンで「Yahoo! JAPAN」アプリまたはスマートフォン版「Yahoo! JAPAN」トップページにログインすることで、「スマホプランS」で1日1マイル、「スマホプラン」で1日3マイル」、「スマホプランL」では1日7マイルが貯まる。また、5日連続ログインすることでたまるボーナスマイルの「パケくじ」も用意されている。マイルの詳細については、下記の表にまとめてあるので参考にしてほしい。

スマートフォンの料金プランは3種類、プロバイダー料金やパケット料金や通話料などが含まれており、とてもシンプルな料金体系だ

「パケットマイレージ」では、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナというランクに応じて、パケット容量の追加特典が適用される

マイレージのランクおよび特典

貯めたマイル数 ランク 特典
80〜199マイル ブロンズ 0.5GBプラス
200〜399マイル シルバー 1GBプラス
400〜599マイル ゴールド 5GBプラス
600マイル〜 プラチナ 無制限

次に、今回発表されたスマートフォン2機種を紹介しよう。

約110gの軽量ボディが魅力の薄型スマホ
ファーウェイ「STREAM S 302HW」

8月1日のサービス開始と同時に発売されるのが、この「STREAM S 302HW」だ。720×1280のHD表示に対応する約4.7型ディスプレイを搭載するAndroidスマートフォンだが、重量は約110g、厚さは約6.8mmという軽く薄いボディが最大の特徴である。

搭載されるCPUは、HiSilicon社のクアッドコアプロセッサー「KIRIN 910(1.6GHz)」で、2GBのRAMと8GBの内蔵ストレージが組み合わされる。プリインストールされるOSはAndroid 4.4だ。

なお、付加機能については、おサイフケータイおよび、NFCポート、赤外線通信ポート、ワンセグチューナーなどは搭載されず、かなりシンプルなハードウェア構成だ。2,000mAhのバッテリーを内蔵し、連続待ち受け時間は約400時間(3G)/約330時間(LTE)、連続通話時間約700分となっている。国内で利用可能なモバイル回線は、FDD-LTE網およびW-CDMA網の2種類となっている。

実機を手にした印象は、「軽く薄い」これに尽きる。近頃のスマートフォンと比較すれば本機の重量約110gは特筆するレベルと言ってよいだろう。また、この重量ながら、約4.7型という画面サイズが確保されているので、操作性もなかなか良好だ。

カラーバリエーションはホワイト、ピンク、ブラックの3色が用意される。

HD表示に対応する約4.7型液晶ディスプレイを搭載する「STREAM S」。8月1日のサービス開始と同時に発売され、「Y!mobile」ブランドでは初登場のスマートフォンだ

重量はわずか110gと非常に軽い。背面のデザインもシンプルでフラット

厚さもわずか約6.8mmに抑えられている。右側面には電源とボリュームの各ボタンに加え、microSDHCメモリーカードおよびSIMカードを差し込むトレーが配置される

上面にはmicroUSBポートが備わる。なお、本機は防水仕様および防塵仕様には対応していない

防水、防塵、耐落下衝撃に対応するタフネススマホ
京セラ「DIGNO T 302KC」

もう1機種のスマートフォン「DIGNO T 302KC」(以下、DIGNO T)は、約65(幅)×132(高さ)×11.2(厚さ)mm/約139gというボディに、540×960のqHD表示に対応する約4.5型液晶ディスプレイを組み合わせている。

搭載されるCPUは、Qualcommのクアッドコアプロセッサー「Snapdragon 400 MSM8926(1.2GHz)」で、1.5GBのRAMと8GBの内蔵ストレージを組み合わせ、Android 4.4を動作させる。なお、本機も「STREAM S」と同じく、FeliCaポート、NFCポート、ワンセグチューナー、赤外線通信ポートは搭載されていない。

「STREAM S」の特徴が薄さと軽さなら、この「DIGNO T」の特徴はズバリ、タフネスだろう。IPX5/7等級の防水性能および、IP5Xの防塵仕様に加え、アメリカ国防総省が制定した耐衝撃基準「MIL-STD-810G Method 516.6:Shock-ProcedureIV」に対応しており、落下などの衝撃に耐えることができる。また、ディスプレイ全体を振動させてスピーカーとして活用する京セラの独自技術「スマートソニックレシーバー」を搭載し、騒がしい屋外でも聴きとりやすい音質を維持することが可能で、この点でも屋外での利用に適していると言えるだろう。

対応するモバイル回線として、FDD-LTE網およびW-CDMA網に加え、下り最大76Mbpsの通信速度を実現するAXGP網にも対応しており、より幅広いエリアで、高速のデータ通信が行える。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルー、オレンジ、グリーンという鮮やかな5色が用意される。2014年9月以降に発売が予定されている。

約4.5型の液晶ディスプレイを搭載した「DIGNO T」。ディスプレイをスピーカーとして利用する「スマートソニックレシーバー」を採用しているため表面にはフラットだ

しっかりした感触の背面。カメラの周辺をメタルのモールで覆われているあたりにタフネス設計の片鱗を感じる

上面にはmicroUSBポートとヘッドホン端子が配置されている

タフネス仕様のスマートフォンではディスプレイの周辺を大きく厚いフレームで覆うことが多いが、本機のデザインはフラットで普通のスマートフォンのようだ

シンプルな料金体系と選べる2種類のスマートフォン

以上、「Y!mobile」の概要のうち、スマートフォンに関係する料金および端末に迫ってみた。

料金は、S、M、Lという非常にシンプルな3段階の構成だが、「Yahoo! JAPAN」の利用に応じたマイレージというユニークな制度があり、従来の通信キャリアでは限界のあったWebコンテンツとの密接な連携がなされている点にも注目したい。

また、今回発表された2機種のスマートフォンだが、いずれもクアッドコアプロセッサーにAndroid 4.4を組みあわせ、必要十分な処理性能を備えつつ、「STREAM S」では薄さと軽さ、「DIGNO T」ではタフネスという個性を持たせており、特徴的で選びやすいラインアップと言えるだろう。

最近では、MVNO各社などが低価格のスマートフォンを市場に投入しており、従来の高価・高性能という方向性にとどまらない、ユーザーの裾野を広げる新しい潮流を作り出そうとしている。「Y!mobile」は、そうした流れに沿いつつ、「Yahoo! JAPAN」との密接な連携というオリジナリティがあり、通信キャリアとして独自の地位を獲得する可能性があると言えよう。

価格.comマガジン編集部 党員四號

東京駅の近くにある、ラーメン屋さんが集まってる某所に行った。過去の経験上、こういう食品系の●×ミュージアムという種類の場所にポジティブな出会いがなく、「1回行けばいい」または「1回も行く必要がない」と言う認識だったのですが、意外にというかかなりクオリティが高くて、いい意味で期待を裏切られました。テナントの各店も食べログの評価も上々だったし、お客さんが集まるのももっともだと思った次第です。

ページの先頭へ