新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

「キャリアアグリゲーション」&「WiMAX 2+」対応モデルが続々! 

auから2014夏スマホ&タブレット全8モデルが登場!

KDDIは2014年5月8日、auブランドの2014年夏モデルを発表。Androidスマートフォン6機種とタブレット端末2機種がリリースされた。「TORQUE G01」(京セラ製)と「ASUS MeMO Pad 8」(ASUSTeK製)を除く6機種のスマートフォン・タブレットが、800MHz帯と2.1GHz帯のLTE回線を束ねることで下り最大150Mbpsの通信速度を実現した「キャリアアグリゲーション」と、下り最大110Mbpsのデータ通信が可能な「WiMAX 2+」に対応するなど、高速通信が可能なモデルが多くなっている(※今回の対応モデルでは「WiMAX 2+」の利用が無料)。ここでは、新製品発表会で展示されていた各端末の外観写真を交えながら、それぞれの特徴を紹介しよう。


取材・記事:価格.comマガジン編集部 党員四號

 

2070万画素カメラを搭載する新型Xperia
「Xperia ZL2 SOL25」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)

「Xperia」シリーズの新モデル「Xperia ZL2 SOL25」

グローバルモデルのタブレット端末「Xperia Z2 Tablet」のスペックをベースに、フルHD表示の約5.0型ディスプレイを搭載する「Xperia ZL2」。IPX5/8等級の防水仕様と、IP5X等級の防塵性能を備える。7月下旬の発売予定。


最大の特徴は、1/2.3型で約2070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」や、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」、明るく広角撮影が可能な「Gレンズ」を搭載し、カメラ機能が充実していること。さらに、4K解像度(3840×2160)の動画撮影にも対応。MHL3.0対応のテレビやディスプレイに接続して、大画面で4K動画を楽しむことが可能だ。


加えて、オーディオ機能が充実しているのも特徴。フロント面にステレオスピーカーを配置し、迫力のあるステレオ音声が楽しめる。立体的なサウンドを仮想的に再現する「S-Forceフロントサラウンド」にも対応している。さらに、デジタルノイズキャンセリング機能も装備。別売りの専用イヤホンと組み合わせることで、周囲の雑音を約98%遮断(同社の測定法による)することが可能となっている。


主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 801 MSM8974AB(2.3GHz)」、内蔵ストレージが32GB。3GBのメモリーを搭載する。採用するOSは「Android 4.4」。通信面では、「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」に対応。バッテリー容量は3000mAhで、連続通話時間は約1340分、連続待受時間は約670時間(3G)/約640時間(LTE・WiMAX 2+)となっている。ボディサイズは、約72(幅)×137(高さ)×10.8(厚さ)mmで、重量は約167g(暫定値)。カラーバリエーションは、ターコイズ、ホワイト、ブラックの3色。

曲面を使った樹脂製ボディを採用。シルエットは2013年夏モデル「Xperia UL」によく似ている

1/2.3型で約2070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」と、大口径のGレンズをメインカメラに搭載。4K動画の撮影に対応する

ボディの表面は二層構造で、背面のXperiaロゴをよく見るとボディ表面から浮いているように見える

2560×1440表示の高解像度5.5型ディスプレイを搭載
「isai FL LGL24」(LGエレクトロニクス製)

高解像度2560×1440に対応する「isai FL LGL24」

「Xperia ZL2」と並んで、auの2014年夏スマホの注目モデルとなるのが、「isai FL(イサイ エフエル) LGL24」だ。こちらも7月下旬の発売予定となっている。


フルHDの約1.8倍となる2560×1440(WQHD)の高解像度な5.5型AH-IPS液晶「WQHDディスプレイ」を採用するのが最大の特徴。画素密度は538ppiと非常に高い。高解像度ディスプレイを生かし、画面を2分割して、2つのアプリを同時に楽しめるマルチタスク機能「デュアルウィンドウ」を備えている。


AV機能では、約1320万画素CMOSセンサーを搭載し、4K動画の撮影に対応。ハイレゾ音源の再生も可能となっている。


操作機能では、スマートフォン本体を振って操作する「isaiモーション」を搭載。スマートフォンを振ると、場所にあわせてauスマートパスなどの情報が降ってくる「おでかけ」、壁紙とアイコンが切り替わる「アレンジ」、写真のコラージュ編集が行える「アルバム」、アプリが簡単に起動できる「アプリ起動」などの機能を利用できる。スリープ時に、あらかじめ登録した順番で画面をタップするとセキュリティロックが解除される「ノックコード」も搭載する。


主な仕様は、プロセッサーが2.5GHz駆動の「Snapdragon 801 MSM8974AC(2.5GHz)」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが32GB。OSは「Android 4.4」。「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」にも対応している。バッテリー容量は3000mAhで、連続通話/待受時間は未定。ボディサイズは約76(幅)×145(高さ)×10.5(厚さ)mmで、重量は約160g(いずれも暫定値)。カラーバリエーションは、ホワイト、ブルー、ピンクの3色。

LGとKDDIが共同開発した、グローバルモデルにはない専用デザインを採用。大きくラウンドしたラウンドフォルムになっている。背面には、最近のLGエレクトロニクス製スマホでよく見られる、ボリュームボタンが配置されている

2560×1440という画面解像度は圧巻! 限られた時間でのチェックではあったが、高解像度化で気になる輝度の低下や描画処理のもたつきも気にならなかった

従来モデルに搭載されていた、SNSやニュースなどと連携した独自のホーム画面「isaiスクリーン」は、一般的なホーム画面に近いものに変更になっている

シリーズ初の防水・防塵対応モデル
「GALAXY S5 SCL23」(サムスン電子製)

防水・防塵仕様を採用した「GALAXY S5 SCL23」

5月15日発売予定の「GALAXY」シリーズの新型。auの2014年夏スマホの中ではもっとも早い発売となっている


「GALAXY Sシリーズ」としては初の防水・防塵対応モデルで、IPX5/7の防水性能とIP6Xの防塵性能を搭載。水まわりでも気にせずに使用することができる。また、フルHD表示の約5.1型有機ELディスプレイには、水や汚れをはじきやすい、特殊な耐指紋・耐水コーティングが施されている。


カメラ機能では、一眼レフなどで使われている位相差AF機能を搭載し、約0.3秒の高速オートフォーカスを実現したのがトピック。リアルタイムで効果を確認しながらハイダイナミックレンジ撮影ができる「リアルタイムHDR」や、強調したい被写体にフォーカスを合わせて、背景をぼかした写真を撮影できる「選択フォーカス」などの機能も備わっている。


さらに、「指紋認証センサー」を新たに搭載。画面ロックの解除からオンライン決済(PayPalのみ)、プライベートモードの解除などをスムーズに行うことが可能になった。指紋認証センサーを生かした機能として、センサーに指を当てるだけで心拍数を計測できる心拍数モニターも利用できる。別売りのスマートウォッチ「Gear Fit」「Gear 2」と連携することで、運動中の心拍数などをチェックすることが可能になる。


主な仕様は、プロセッサーが2.5GHz駆動の「Snapdragon 801 MSM8974AC(2.5GHz)」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが32GB。OSは「Android 4.4」を採用。「キャリアアグリゲーション」(2014年5月下旬に対応予定)と「WiMAX 2+」(2014年5月下旬に対応予定)に対応する。さらに、4G回線とWi-Fiを同時に利用してダウンロードスピードを高速化する「ハイブリッドダウンロード」も搭載する。バッテリー容量は2800mAhで、通話時間が約1170分、待受時間が約480時間(3G)/約450時間(LTE/WiMAX 2+)。ボディサイズは73(幅)×142(高さ)×8.3〜9.8m(奥行)mmで、重量は約147g。カラーバリエーションは、シマリーホワイト、チャコールブラック、シャンパンピンクの3色。

USB 3.0に対応するmicroUSB端子を採用

カラーバリエーションは、シマリーホワイト、チャコールブラック、シャンパンピンクの3色。背面カバーは革のような質感で、エンボス模様をアクセントにしている

別売りアイテムとして用意される、防水・防塵対応のスマートウォッチ「Gear Fit」

画面占有率80%を実現した5.2型IGZO液晶搭載モデル
「AQUOS SERIE SHL25」(シャープ製)

5.2型IGZO液晶(フルHD)を採用する「AQUOS SERIE SHL25」

ブランド名が「AQUOS PHONE」から「AQUOS」に変更になった、シャープ製の新型モデル。6月下旬の発売予定。


同社独自のIGZO液晶を搭載したフルHDモデルで、新開発のバックライト「PureLED」を採用することで、これまで以上に美しい発色と明るい表示を実現。最大の特徴は、ディスプレイ面3辺の縁を細くした狭額縁デザイン「EDGEST」を採用し、約5.2型で画面占有率約80%の大画面を達成していること。しかも、約71(幅)×134(高さ)×9.9〜10.2(奥行)mm で重量約141gという薄型・軽量ボディを実現。auの2014年夏スマホの中で最軽量モデルとなっている。


約1310万画素CMOSセンサーとF値1.9の明るいレンズを搭載するカメラ機能では、うす暗い場所でも明るく撮影できる「NightCatch II」や、リアルタイムでのハイダイナミックレンジ撮影が可能な「リアルタイムHDR」、シーンに応じて撮影をサポートする「フレーミングアドバイザー」などの機能を搭載。上下左右360度のパノラマ写真撮影が可能な「全天球撮影」にも対応している。4K動画(3840×2160)の撮影も可能だ。


操作性では独自の「グリップマジック」を搭載。スリープ状態で本体の両サイドを持つと画面表示をONにできるほか、握るだけで着信や未読メールの通知を確認したり、テレビなどを視聴中に本体を置くと自動的に音量がアップするといった操作が可能となっている。


主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 801 MSM8974AB(2.3GHz)」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが32GB。OSは「Android 4.4」。「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」に対応する。バッテリー容量は3150mAhで、連続通話は約1390分、待受時間は約980時間(3G)/約830時間(LTE・WiMAX 2+)。カラーバリエーションは、ピンク、ホワイト、ネイビーの3色。

狭額縁設計を追及する「EDGEST」を採用し、画面占有率約80%を実現。新開発のバックライト「PureLED」を採用し、色表現力が向上しているのもポイント。特に、赤と緑の表現力が向上しているとのこと

「AQUOS PHONE」シリーズでの特徴だった、独自のホーム画面「3ラインホーム」に改良が加えられ、ウィジェットとショートカットを添付する画面が統合されている

カラーバリエーションとして、ホワイト、ピンク、ネイビーの3色を用意

高強度素材「Dragontrail X採用したフルHDモデル
「URBANO L03」(京セラ製)

高強度の新素材「Dragontrail X」を採用した「URBANO L03」

ハードキーを採用するなど使いやすさとデザインにこだわった「URBANO」シリーズの防水・防塵モデル。防水はIPX5/IPX8、防塵はIPX5の性能を誇る。デザイン面では、サイドに金属素材を採用して高級感を演出しているほか、パープルブラック、アイビーグリーン、ピンクゴールドというシックな印象のカラーバリエーションを用意するのが特徴。7月上旬の発売予定だ。


大きな特徴となっているのが耐衝撃性の高さで、高強度の新素材「Dragontrail X」を国内モデルとして初めて採用。周囲にわずかにフチを立てることで画面を保護する工夫も施されている。耐衝撃性については、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠しており、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施しているとのこと(※すべての衝撃に対して保証するものではない)。


操作性では、スマートフォンの熟練度に応じた4つのホームアプリ「標準ホーム」「エントリーホーム」「かんたんメニュー」「auベーシックホーム」を選択可能。音と振動で相手の声を伝え、相手の声が聞き取りやすくなる独自技術「スマートソニックレシーバー」を備えるほか、「着信応答保留」「通話音声メモ」「ドライブモード」などの新機能にも対応している。


主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 801 MSM8974AB(2.3GHz)」、メモリーが2GB、内蔵ストレージが16GB。OSは「Android 4.4」。ボディサイズは70(幅)×140(高さ)×9.9〜10.4(奥行)mmで、重量は約154g。「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」に対応する。また、メインカメラは、約1300万画素のソニー製「Exmor RS for mobile」センサーを採用。バッテリー容量は3000mAhで、連続通話は約1480分、待受時間は約730時間(3G)/約700時間(LTE・WiMAX 2+)となっている。


なお、本モデルにはワイヤレス充電モデル(パープルブラックのみ)も用意されている。ワイヤレス充電モデルは通常モデルとはサイズ・重量が異なっている。ワイヤレス充電モデルのボディサイズは70(幅)×140(高さ)×10.3〜10.4(奥行)mmで、重量は約159g。

「URBANO」シリーズらしく、ボディ前面にハードボタンが配置されている

同梱の卓上ホルダー(ACアダプター一体型)を使うことで、通常の急速充電よりもさらに強力な3.1Aでの充電が可能。バッテリー残量ゼロから17分で約22〜23%までの急速充電が行える

カラーバリエーションは、パープルブラック、ピンクゴールド、アイビーグリーンの3色。いずれも、従来モデルのイメージを受け継いでおり、シックなたたずまいはそのまま

米国国防総省「MIL-STD-810G」の11項目に準拠したタフネスモデル
「TORQUE G01」(京セラ製)

米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」の計11項目に準拠した「TORQUE G01」

堅牢性・耐久性追及のタフネスモデル「TORQUE(トルク)」。IPX5/IPX8の防水性能、IP6Xの防塵性能に加えて、24時間の塩水噴霧後、24時間乾燥放置状態でも動作する塩水耐久性や、連続10日間の高湿度の環境下でも動作する防湿性能など、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」の計11項目に準拠した高耐久性を実現している。発売は8月上旬の予定。


また、手が濡れた状態や手袋をした状態でも操作できる4.5型タッチパネルディスプレイ(1280×720)を搭載。100dB(3kHz)以上の大音量を実現するデュアルスピーカーや、音と振動で相手の声を伝え、相手の声が聞き取りやすくなる同社独自技術「スマートソニックレシーバー」も備える。さらに、カシオの「G-SHOCK」シリーズとのBluetooth接続に対応し、着信通知機能や検索機能などが使用できるようになっている。


主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 400 MSM8928(1.4GHz)」、メモリーが2GB 、内蔵ストレージが16GB。OSは「Android 4.4」。メインカメラは、約800万画素のCMOSセンサーを採用。内蔵バッテリーの容量は3000mAh。ボディサイズは約69(幅)×136(高さ)×13.5(奥行)mmで、重量は約185g。カラーバリエーションは、レッド、ブラックの2色。

ミリタリースペックをクリアしており、温度耐久、低圧対応、塩水耐久、防湿、耐日射、耐振動、耐衝撃といったさまざまな環境に耐えることができる。

側面のポートを覆うキャップやボタンも大きくて頑丈。手袋をした手でも操作できそうだ

背面のデザインは、NECカシオが手がけていたタフネススマホ「G’zOne」によく似ている。カラーバリエーションはレッドとブラックの2色

世界最薄・最軽量を実現した高解像度10型タブレット
「Xperia Z2 Tablet SOT21」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)

1920×1200表示に対応する10.1型ディスプレイを採用

10型ディスプレイを搭載するタブレット端末として世界最薄・最軽量を実現したモデル。約6.4mmの薄型ボディながらも、IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備えているのもポイントだ。7月中旬の発売予定。


ディスプレイのスペックが高く、1920×1200の高解像度表示に対応する10.1型液晶ディスプレイを採用。新開発の「Live Color LED」の搭載により、従来以上に鮮やかな表示が可能になっている。さらに、画像補完やエッジ部分を解析して補正をかける超解像技術「X-Reality for mobile」も搭載している。


AV機能も充実しており、広がりのあるダイナミックな音声を再生できるフロントステレオスピーカーを採用。独自のバーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド」に対応するほか、デジタルノイズキャンセリング機能も利用できる。カメラ機能では、メインカメラに、810万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用。撮影した写真や動画を全18種類のエフェクトで加工できる機能も利用できる。


主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 801 MSM8974AB(2.3GHz)」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。OSは「Android 4.4」。「キャリアアグリゲーション」と「WiMAX 2+」に対応。バッテリー容量は6000mAhで、待受時間は、3G時が約1200時間、LTE/WiMAX 2+時が約1100時間(ともに暫定値)。ボディサイズは266(幅)×172(高さ)×6.4(奥行)mm、重量は約439g(ともに暫定値)。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイトの2色。

従来以上にボディが薄くなり、厚さは約6.4mmに抑えられている

約305gの軽量ボディを実現した8型タブレット
「ASUS MeMO Pad 8」(ASUSTeK製)

今回の発表会では動作しないコールドモックの展示にとどまった「ASUS MeMO Pad 8」。Androidを搭載するタブレットだがインテルの省電力プロセッサー「Atom Z3580」を採用し、16GBのROMと2GBのRAMが組み合わされている。ディスプレイはWUXGA表示に対応する約8インチの液晶だ

1920×1200表示の8型IPS液晶ディスプレイを採用するタブレット端末。厚さ7.5mmで、重量約305gの薄型・軽量ボディを実現しているのが特徴だ。8月下旬の発売予定。


性能面では、インテルの最新クアッドコアプロセッサー「Atom Z3580(2.33GHz)」を、国内モデルとして初めて搭載。すぐれた性能と長時間のバッテリー持続を両立しているという。機能面では、1画面で2つのアプリを同時に使える「デュアル画面モード」を搭載。メールをチェックしながら動画を視聴するなど、タブレットの大画面を生かすことができる。さらに、コントラスト比が自動で最適化される「読書モード」を備えており、長時間の読書でも目が疲れにくくなっている。


主な仕様は、プロセッサーが「Atom Z3580(2.33GHz)」、メモリーが2GB、ストレージが16GB。OSは「Android 4.4」。カメラ画素数は、メインカメラが約500万画素となっている。ボディサイズは約123(幅)×213(高さ)×7.45(奥行)mm(暫定値)で、重量は約305g(暫定値)。バッテリー容量は4350mAh。カラーバリエーションは、パールホワイト、パウダーピンク、メタリックブルーの3色。

重量は暫定値だが、約305gという軽量ボディを実現。8インチタブレットとしてはかなりの軽さに仕上がっている

ボディの大型化が進む。高解像度ディスプレイにも注目

今回発表されたauの2014年夏モデルのスマートフォンは、5型以上の大画面ディスプレイを搭載するのが主流となっており、ボディの大型化がさらに進んだ形となっている。2560×1440の高解像度表示に対応するモデル(「isai FL」)も登場しており、今後は、大画面化だけでなく高解像度化の流れも進みそうな気配だ。

また、新製品発表会では、今後、HTCの日本市場向けスマートフォン「Jシリーズ」の新モデルが登場することも明らかにされた。HTCは熱心なファンを抱えるメーカーだが、この1年新製品が登場していない。ファンにとっては期待の集まるニュースだ。

ページの先頭へ