特別企画 - 商品選びに役立つ旬な情報をお届け! -

タブレットをフル活用するお役立ちアイテムをチョイス! 

8インチWindowsタブレットといっしょに使いたい厳選アクセサリー

持ち運びがしやすいコンパクトなサイズ感ながら、Windows 8.1のフル機能を使え、しかも比較的手ごろな価格で手に入るということで、この冬、大きな話題を呼んだ8インチWindowsタブレット。年末年始は8インチWindowsタブレットを片手に過ごした人も多いことだろう。今回は、そんな8インチWindowsタブレットといっしょに使いたいアクセサリーを一挙紹介する。ここで紹介するアクセサリーを使いこなせば、8インチWindowsタブレットのある生活がさらに快適になるはずだ。

マイクロソフト「Arc Touch Mouse Surface Edition」
折りたたんでコンパクトに持ち運べるBluetoothマウス

画面サイズがそれほど大きくない8インチWindowsタブレットのデスクトップ画面は、指先だと少々操作しにくいため、やっぱりマウスが欲しくなるわけだが、せっかく携帯性にすぐれた8インチWindowsタブレットで使うなら、マウスもコンパクトで持ち運びがしやすいものがいいだろう。世の中には非常に多くのマウスがあるが、マイクロソフトの「Arc Touch Mouse Surface Edition」は、その中でも8インチWindowsタブレットとの相性が抜群な1台だ。


最大の特徴は、そのユニークな薄型ボディ。一見すると、板状のモバイルマウスに見えるが、使用する際に本体をパキッと曲げることでアーチ形状に変身し、普段使っているマウスと同じ感覚で使うことができるのだ。折りたたんだ状態では、厚さが1cm弱しかないので、持ち運びも快適。アーチ形状に曲げることで電源が入り、使用後はフラット形状に戻すことで電源が切れるようになっているのも非常に便利だ。しかも「Arc Touch Mouse Surface Edition」は、「Arc Touch Mouse」シリーズで唯一Bluetooth接続に対応している。フルサイズのUSBポートがない8インチWindowsタブレットと組み合わせるには、まさにうってつけの1台といえるだろう。

使うときはアーチ形状に、使わないときはフラットにしてコンパクトに折りたたんで持ち運ぶことが可能。電源のON/OFFも形状変化に連動しており、とっても便利

レノボ「ThinkPad Bluetoothトラックポイントキーボード」
ThinkPadとまったく同じBluetoothキーボード

キーボードが搭載されていない8インチWindowsタブレットでは、OSに標準搭載されているソフトウェアキーボードを使って文字入力を行うのが基本だが、長い文章入力を行うなら、やはり物理的なキーボードのほうが断然早い。8インチWindowsタブレットでは、インターフェイスの制約から、必然的にBluetooth接続のキーボードが選択肢としてあがるが、打ち心地にもこだわるなら、「ThinkPad Bluetoothトラックポイントキーボード」を選んでみてはいかがだろうか。


「ThinkPad Bluetoothトラックポイントキーボード」は、その名の通り、レノボの「ThinkPad」のキーボードをそのままBluetooth化した製品だ。キーボード部分は、2012年モデルの「ThinkPad」から採用された、アイソレーションタイプの6列配列を採用し、「ThinkPad」シリーズのアイデンティティともいえるトラックポイントを装備しているのが特徴。フルサイズのキーピッチを確保したほか、キーストロークも深めなので、打ち心地はかなり快適だ。横幅が30cm近くあり、重量も460gとやや重いため、外に持ち出して使うような使い方には向いていないが、家やオフィスなどでしっかりと文字入力したい人には、かなり魅力的な製品といえる。

バッテリー内蔵タイプだが、本体はけっこう薄型。本体底面には、キーボードに傾斜角を調整できるキーボードスタンドに加え、Bluetoothのペアリングに利用できるNFC通信ポートも用意されている

日本語キーボード(89キー)のほか、英語キーボード(84キー)もラインアップする(写真は日本語キー配列)

バッファロー「BSKBB15」
折りたたんで持ち運べる! 携帯性重視の6段キーボード

先に紹介した「ThinkPad Bluetoothトラックポイントキーボード」は、とにかく打ち心地にこだわったモデルだったが、バッファロー「BSKBB15」は、携帯性を重視したBluetothキーボードとなっている。


キーボード本体は携帯性を追求するため、本体中央に設けられたヒンジを軸に折りたためる2つ折りボディを採用。キーボード単体なら、約155gと非常に軽く、持ち運びにも便利だ。また、「BSKBB15」には、キーボード本体を収納するケースが付属するのだが、こちらも非常に考えられており、キーボードを取り出し、ふたを折り返すことでタブレットスタンドとして使えるようになっている。ストロークも折りたたみタイプのキーボードとしては深めで、打鍵感もなかなかだ。もともとiOSデバイス向けに設計されており、一部キー入力がやや特殊なものの、このクラスの製品としては比較的安価なので、試しに導入してみるのもアリだろう。カラーは、ブラックとシルバーの2色から選択可能だ。

本体中央で折りたたみ、コンパクトに持ち運びが可能

付属のキーボードケースは、ヒンジ部分でふたを折り返すことでスタンドに変形する。8インチWindowsタブレットと組み合わせにも最適だ

ソニー「SRS-BTS50」
IPX2相当の防滴性能を備え、アウトドアにも使えるBluetoothスピーカー

8インチWindwosタブレットで動画や音楽を楽しむなら、コンパクトで持ち運びがしやすいBluetoothスピーカーを組み合わせるのがいいだろう。各社からさまざまなタイプの製品が出ているが、家の中だけでなく、外でもしっかりと使用したいなら、ソニーのBluetooth 3.0対応のワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-BTS50」がピッタリだ。内蔵バッテリーで約10時間の長時間使用が可能なほか、見た目のアクセントにもなっているファブリック素材の表面に撥水加工が施されており、JIS IPX2相当の防滴性能を実現。アウトドアで使用中に突然の雨や雪に見舞われても安心なのだ。


また、本体内に傾きを検知するセンサーを内蔵しており、正面に向ければ少人数で音楽を楽しむ時に最適な「ノーマルモード」、上に向ければ広がりのある音を楽しめる「サラウンドモード」の2種類の動作モードに切り替えて利用できるのも便利。本体カラーも、シンプルなブラックとホワイトに加え、ビビッドなピンク、ブルー、レッドの5色が用意されており、自分好みのカラーを選べるのもうれしいポイントだ。

本体表面には防滴加工が施されており、少しくらいの雨ならはいてくれる。

本体カラーは、ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、レッドの全5色をラインアップする

パイオニア「BDR-WFS05J」
世界初! ワイヤレス接続に対応したポータブルBDドライブ

光学ドライブ非搭載の8インチWindowsタブレットで、光学ドライブを直接接続しなくてもブルーレイやDVDを楽しめる便利なアイテムが、パイオニアが発売している「BDR-WFS05J」だ。本体は、スロットイン方式を採用したポータブルブルーレイドライブと、USBポートを搭載したドックで構成。ドック部分には、無線LANと高速USB仮想化技術が導入されており、無線LANを介してブルーレイやDVDを楽しむことができる。


もちろん、ブルーレイやDVD、CDの再生だけでなく、ディスクメディアへのデータ書き込みも可能。さらに、高速USB仮想化技術を使うことで、付属のポータブルブルーレイドライブのほかにも、USBメモリーや外付けHDDを接続し、NASのように使うこともできる。利用環境においては、ネットワーク速度がそれなりに要求されるが、やはりワイヤレスで光学ドライブを使えるのは便利だ。ソファーやベッドでくつろぎながらブルーレイやDVD鑑賞をする人なら、導入してみるのもいいだろう。

エレコム「MF-SAU2」シリーズ
microUSBとフルサイズUSBの2wayで利用可能なUSBメモリー

みなさんは、8インチWindowsタブレットとパソコンとの間でデータをやり取りする際に、どうような方法をとっているだろうか。一般的なUSBメモリーでデータを受け渡しできれば非常に簡単なのだが、8インチWindowsタブレットには、フルサイズのUSBポートが用意されていないため、microSDカードを使っている人も多いことだろう。確かにmicroSDカードを使えばちょっとしたデータのやり取りは簡単だが、パソコン側にカードリーダー機能がなかったり、microSDカード規格のカードスロットがない場合には、カードリーダーや変換アダプターを用意しなければならず、少々面倒だったりする。かといってクラウドを使うというほどでもないし…。


そういったときに活躍するのが、エレコムのUSBメモリー「MF-SAU2」シリーズだ。8インチWindowsタブレットで使えるUSB変換アダプターが本体にセットされており、フルサイズのUSBポートを搭載するパソコンだけでなく、8インチWindowsタブレットにも直挿しして使用できるのが最大の特徴。USBの転送規格は2.0となっており、USB 3.0対応のUSBメモリーに比べると速度はあまり速くないが、その分手ごろな価格となっている。Eメールに収まりきらないような多少大きなデータを頻繁にやり取りする人は、ぜひ1つ持っておきたいところだ。

本体は、フルサイズのUSB端子を備えたUSBメモリー本体と、microUSB端子を備えたアダプター、キャップの3つのパーツで構成されている。microUSBアダプターを付けた状態なら、8インチWindowsタブレットに直接挿して使用することも可能だ

PORT designs「MUSKOKA 8/9」
フランスNo.1ビジネスバックブランドが手がけた高機能汎用カバーケース

せっかく手に入れた8インチWindowsタブレットだから、カバーを付けて大切に使いたいという人もいるだろう。しかし、8インチWindowsタブレットの場合、メーカー側が純正カバーを用意しているのはごく一部のモデルにとどまっており、ピッタリとフィットする専用設計のカバーはほとんどないのが現状だ。こういった専用設計のカバーがほとんどない8インチWindowsタブレットを使っている人なら、どんな形状のタブレットにもフィットするユニバーサルタイプのカバーを使ってみるのもいいだろう。専用設計のカバー同様に、ユニバーサルタイプのカバーもまだまだラインアップ自体は少ないが、ここ最近は8インチWindowsタブレットが大きな注目を集めたことで、デザイン性や機能性を追求したモデルが増えつつある。


なかでも、フランスでビジネスバッグを手がけるPORT designsが発売した、折りかばんタイプのタブレットカバーケース「MUSKOKA 8/9」は、完成度がかなり高い製品だ。最大の特徴は、そのユニークなタブレットの固定方法。タブレットの四隅を樹脂製フレームと強力なゴムを使用して固定する独自の「ユニバーサルフックシステム」は、市販されている8/9インチタブレットのほぼすべてで利用できるというように設計されており、タブレットの本体形状を問わず、タブレットとカバーケースをしっかりと固定することができるという。もちろん、タブレットの角度を3段階で調整できるスタンド機構や、ワンステップで開閉可能なマグネット式留め具など、機能性も十分。ライチの皮模様を施したPU(ポリウレタン)レザーを使った外装も、なかなか高品位なデザインに仕上がっている。価格も比較的手ごろで、カラーもブラックとレッドの2色から選択可能だ。

内側には、キズがつきにくいフロス加工処理を採用

タブレットの固定には、樹脂製フレームと強力なゴムを使用した「ユニバーサルフックシステム」を採用。Acer「ICONIA W4」のように、フレームと液晶モニター部分の厚みの違いで段差があるようなブレットでも、しっかりと固定することができる

内側に設けられた溝を使い、タブレットの角度を調整できるスタンド機構も装備

カラーバリエーションは、ブラックとレッドの2種類をラインアップしている

エレコム「U2HS-S401SBK」
タブレットをデスクトップPCのように使えるスタンド型USBハブ

エレコム「U2HS-S401SBK」は、4ポートUSBハブ機能を備えた本体に、タブレットスタンド機能を持たせたという非常にユニークな製品だ。タブレット本体をスタンド部分にセットし、本体に直付けされているmicroUSBケーブルを接続。本体の前面(3ポート)と背面(1ポート)に用意されたUSBポートに、USBキーボードやUSBマウス、外付けHDDなどを接続することで、8インチWindowsタブレットをデスクトップPCのように使うことができる。


USBハブ機能もしっかりと作り込まれており、バスパワーモードに加え、付属のACアダプターを接続することで、セルフパワーモードでも使用可能。消費電力の大きい外付けHDDや光学ドライブを接続して使用することもできる。スタンド部分もタブレットを置く位置によって3段階の角度調節ができるようになっており、使い勝手もなかなかいい。8インチWindowsタブレットに外付けHDDや光学ドライブを接続し、デスクトップPCのようにしっかりと使いたいと思っている人は、ピッタリな1台といえるだろう。

パッケージにはACアダプターが同梱されており、本体背面に接続することで、セルフパワーモードも利用することができる。バスパワーでは電源供給が追い付かない光学ドライブなども接続することが可能だ

USBマウスやUSBキーボードを接続すれば、タブレットをデスクトップPCのように使用することができる

アイ・オー・データ機器「WN-TR2」
ケーブル一体型の極小無線LANルーター

8インチWindowsタブレットを徹底活用するのであれば、ネットワーク環境も気にしておきたい。8インチWindowsタブレットは、ネットワーク接続に無線LAN接続を利用することを前提に設計されており、現在発売されているすべてのモデルが有線LAN非搭載となっている。8インチWindowsタブレットの場合、自宅内だけでなく、外に持ち出して使うことが多いわけだが、出張先の地方のホテルなどでは、まだまだ無線LAN環境が整っておらず、有線LANしかないということもけっこうある。


そういった状況では、有線LANを無線LANに変換する小型無線LANルーターが非常に活躍する。各社からいろいろな製品が発売されているが、なかでもアイ・オー・データ機器が発売する「WN-TR2」は、22(幅)×65(奥行)×15(高さ)mm、重量約17gというポケットサイズを実現し、コンパクトで持ち運びに便利な1台となっている。電源はUSBからの供給となっているが、スマートフォンやタブレットのUSB電源アダプターを流用して電源供給することが可能。USBケーブルも本体一体型となっており、別途USBケーブルを用意する必要がない点もうれしいポイント。本体カラーは、ブラックとホワイトの2色から選択可能だ。

USBメモリーほどの小型ボディながら、USBケーブルを本体に内蔵。別途ケーブルを用意しなくていいのは便利だ

本体カラーは、ホワイトとブラックの2色から選べる

記事:価格.comマガジン編集部 金さん(^・x・^)

ページの先頭へ