新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

実物は数字以上に軽くて薄い! 「iPad mini」は待望のRetinaディスプレイを搭載 

薄い・軽い・きれい! iPad Air&iPad mini Retina実機レポート

アップルは2013年10月22日(米国時間)、新型のタブレット端末「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を発表した。「iPad Air」は、従来モデルより薄くて軽いのが特徴で、アップルによると「(画面サイズが9.7型以上の)フルサイズのタブレットとしては世界最薄・最軽量」という。「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は、画面を高精細化した小型版だ。いずれも、「iPhone 5s」にも搭載された最新の「A7チップ」と「M7モーションコプロセッサ」を搭載して基本性能を底上げしている。10月23日に日本で開催されたスペシャルイベントにて実機に触れることができたので、写真を中心に新型「iPad」の特徴を紹介しよう。なお、細かなスペックはこちらの記事を参照してもらいたい。

従来モデルより薄く、軽くなった「iPad Air」(右)と画面を高精細化した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」(左)

これなら片手で持てる!? 薄く軽くなった「iPad Air」登場

まずは2010年に初代の「iPad」が登場してから、第5世代目となる「iPad Air」を紹介しよう。画面サイズは9.7型(2048×1536ドット)のままで、より薄く、軽くなったのが特徴だ。Wi-Fiモデルの重さは469g(前モデル「iPad Retinaディスプレイモデル」は652g)、厚さは7.5mm(同9.4mm)。「iPad Retinaディスプレイモデル」より28%軽く、20%も薄くなっている。実際に手に持つと、数字以上に軽く感じられた。薄さも実感できるほど、はっきりとわかる。初代「iPad」から「iPad 2」へ進化したときも驚いたが、それ以上の軽量化と薄型化を達成している。さらに、画面サイズを変えずに、左右の額縁(ベゼル)を細くして、本体の幅が185.7mmから169.5mmに短くなったのも大きな変更点だ。さすがに「iPhone」のように片手でにぎれる人は、手の大きな人に限られるが、見た目がスマートになり、表示されるコンテンツに集中しやすくなっている。

“Air”の名の通り、非常に軽くて薄い「iPad Air」。これなら片手で長時間持っても疲れにくそうだ。Wi-Fiモデルの価格は、128GBモデルが81,800円、64GBモデルが71,800円、32GBモデルが61,800円、16GBモデルが51,800円(いずれもアップルストアでの価格)。11月1日発売予定

シルバーモデル。額縁は細いが、にぎっている指が画面に触れていても誤操作しないような仕組みが盛り込まれているという

スペースグレーモデルの額縁は黒で、背面がグレーとなる

左がシルバー、右がWi-Fi + Cellularモデルのスペースグレー。上部にアンテナ用の樹脂のパーツが組み込まれている。ちなみに、日本ではソフトバンクモバイルとKDDI(au)がWi-Fi + Cellularモデルを販売する

左が「iPad Air」、右が「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。どちらも厚さは7.5mm。画面サイズが大きい分、「iPad Air」の薄さが際立つ

「iPad Air Smart Case」はイエロー、ベージュ、ブラック、ブラウン、ブルー、(PRODUCT) REDの6色を用意。アップルストアでの価格は9,400円。画面を保護する「iPad Air Smart Cover」(4,080円)も発売予定だ

性能面では、先日発売された「iPhone 5s」と同じ、64bitアーキテクチャーを採用した「A7チップ」を搭載。アップルによると、CPUのパフォーマンスは「iPad Retinaディスプレイモデル」から2倍アップし、初代「iPad」からは8倍もアップしているという。さらにGPUのパフォーマンスは初代「iPad」と比べて、3年半で72倍もアップしているというから驚きだ。少し触れてみた限りでは、劇的なパフォーマンスのアップを体感することはできなかったが、アプリの起動は速く、動作も軽快だった。また、3Dゲームの「Infinity Blade III」をプレイしてみたが、きれいな描写で動きも滑らかだった。バッテリー駆動時間は、従来モデルと変わらない最大10時間(Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生)を実現。各種センサーからの情報を処理する「M7モーションコプロセッサ」も搭載する。

噂されていた指紋センサー「Touch ID」は搭載されず、新色のゴールドも発表されなかったが、驚異的な薄型化と軽量化を果たした「iPad Air」は、この冬注目のタブレットとなることは間違いないだろう。ただ、タブレット市場の主戦場が安価な7インチにシフトしている中で、9.7型の「iPad Air」に消費者がどういう反応を示すのか注目したい。

待望のRetinaディスプレイ搭載の「iPad mini」が登場。お値段はアップ

画面を高精細化した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」も登場した。画面サイズは「iPad mini」と同じ7.9型のまま、解像度を高めたのが特徴。解像度は2048×1536ドットとなり、「iPad Air」を上回る細かさを実現している。デザインに大きな変更点はないが、Retinaディスプレイを採用したことで、厚さが初代「iPad mini」から0.3mm増えて7.5mmとなったほか、重量も23gほど重い331gとなっている。ただ、実際に手に持ってもさほど違いは感じられなかった。

画面を高精細化した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。アップルストアでの価格は、128GBモデルが71,800円、64GBモデルが61,800円、32GBモデルが51,800円、16GBモデルが41,900円。11月発売予定

「iPad Air」と同じ「A7チップ」と「M7モーションコプロセッサ」を搭載し、基本性能は大幅にアップした

画面サイズは7.9型のままで、解像度が1024×768ドットから2048×1536ドットにアップしている。カラーはシルバーとスペースグレーの2色を用意

Retinaディスプレイを採用したことで、Webページや電子書籍の細かな文字もきれいに表示され、視認性が大幅に高まっている。写真も同じく高画質で楽しめる。初代「iPad mini」で感じられたドット感はなくなった。Retinaディスプレイの搭載を待っていた人にとっては待望のモデルだろう。性能面でも「iPad Air」と同じく、「A7チップ」と「M7モーションコプロセッサ」を搭載することで大幅にパワーアップし、初代「iPad mini」の弱点といえる部分は、すべて解消されているといえる。ただし、これだけ機能強化している分、価格も一番安価な16GBのWi-Fiモデルで41,900円と高めの設定だ。Retinaディスプレイを搭載しない「iPad mini」(16GBモデルで価格は31,800円)も併売されるが、競合他社の製品に比べると割高となっている。

Retinaディスプレイを搭載したことで、写真を高画質で楽しめるようになった。初代の「iPad mini」で見られたドット感はなくなっている

電子書籍やWebページなどの文字ものも読みやすさがアップ。電子書籍端末として「iPad mini」を活用したい人にとってはうれしい進化だ

「iPad mini Retinaディスプレイモデル」にも、「iPad mini Smart Case」(8,100円)と「iPad mini Smart Cover」(4,080円)を用意する

日本初披露の「Mac Pro」。「OS X Mavericks」は無料で提供開始

スペシャルイベントでは、今年の12月に発売予定のプロ向けデスクトップ「Mac Pro」や、無料で提供されることが発表されたMac用の新OS「OS X Mavericks」も披露された。「Mac Pro」は、最新のXeonプロセッサーやデュアルGPUを搭載するモンスターマシンながら、コンパクトな円筒形のデザインを採用するのが特徴だ。実物は非常に小さく、これまでのプロ向けデスクトップとはまったく異なるモデルとなっている。

また、Mac用OS「OS X」の10番目のメジャーリリースとなる「OS X Mavericks(オーエステンマーベリックス)」は、200以上の新機能が追加されたメジャーバージョンアップにも関わらず、無料で提供される。もともと、「OS X」は数千円で比較的安く提供されてきたが、一気に無料にしてきたのは驚きだ。新しいアプリとして「マップ」と「iBooks」が追加されるほか、Webサイトのログインパスワードやクレジットカードの情報をクラウド上に保管して、iOSデバイスと共有できる「iCloudのキーチェーン」なども実装される。

27型の「Thunderboltディスプレイ」と並べても、非常にコンパクトな「Mac Pro」。上部に手をかざしたところ、温かな風が感じられた。会場では4K映像のレンダリングをしていたが、耳を近づけなければ動作音を聞き取れないほど静かに動いていた。どれだけのパフォーマンスなのかが気になるところだ

「Mac Pro」は米国で製造されることが発表されている。価格はクアッドコアモデルが318,800円から、6コアモデルが418,800円から

「OS X Mavericks」で新たに追加された「マップ」。経路検索の結果を「iPhone」などに送ることができる

電子書籍アプリ「iBooks」も搭載。コンテンツはiOS端末と同期され、どの端末からでも同じ本が読める。しおりも共有されるため、端末を変えても続きから読める仕組みだ

関連記事

ページの先頭へ