特別企画 - 商品選びに役立つ旬な情報をお届け! -

ソニーの自発光LEDディスプレイやパナソニックの小型4K2Kパネルなどが展示! 

「2012 International CES」で注目を集める新技術・新製品たち

2012年1月10日〜13日の期間、米国ラスベガスで開催される国際家電ショー「2012 International CES」。今年のCESは、例年以上に新しい技術、新しい製品が多数登場しており、かなりの盛り上がりを見せることは間違いない。ここでは、「2012 International CES」で発表・展示される新技術・新製品の中から、特に注目度の高いものを随時更新という形で紹介していこう。

※1月10日 『ソニー・エリクソン 「Xperia」シリーズの最新モデルが登場』を追加

※1月10日 『サムスン&LG 55型サイズの大型有機ELテレビを発表』を追加

ソニー 自発光LEDディスプレイ「Crystal LED Display」を参考出展

「Crystal LED Display」

ソニーは、まったく新しい技術を用いた55型テレビ「Crystal LED Display」(試作機)を参考出展する。この試作機は、「次世代の自発光ディスプレイ」と銘打たれており、LED光源を用いた自発光ディスプレイとして初めて「55型フルハイビジョン解像度」を実現したものとなっている。なお、この「Crystal LED Display」は、バックライトにLEDを用いる「LEDバックライト液晶」とは根本的に仕組みが異なるので注意したい。


技術的には、ソニー独自の方式により、R(赤)、G(緑)、B(青)各色の極めて微細なLEDをそれぞれ画素数分(RGB合計で約600万個)配置しているのが特徴。RGBのLED光源を直接ディスプレイの前面に配列し、光の利用効率を向上させることで、従来の液晶ディスプレイやプラズマディスプレイと比較して、「高コントラスト」「広色域」「高速動画応答性能」「広視野角」を低消費電力で実現するとしている。ちなみに、試作機では、同社製液晶ディスプレイと比較して、明所コントラストが約3.5倍、色域が約1.4倍、動画応答速度が約10倍となっている。さらに、ソニーによると、LEDによる自発光ディスプレイは、大画面化にも適しているとのことだ。


なお、同社は、「Crystal LED Display」のリリースにおいて、「業務用から民生用まで幅広いアプリケーションを考えており、有機ELの継続的な開発、商品化と並行して、Crystal LED Displayの実用化に向け、取り組む」と発表している。一部メディアで、同社の家庭用有機EL製品からの撤退が報道されているが、有機ELディスプレイと今回の「Crystal LED Display」を今後どのように展開していくのか、ソニーの動向に注目したい。


ソニーのプレスリリース「次世代ディスプレイ“Crystal LED Display”を開発」をチェック!

サムスン&LG 55型サイズの大型有機ELテレビを発表

「2012 International CES」に展示されるテレビ関連製品で大きな注目を集めているのが、サムスン電子とLGエレクトロニクスの韓国勢2メーカーが発表した、大型の有機ELテレビだ。両社ともに、「55型」という大型サイズの有機ELテレビの商品化を今後予定している。

サムスン電子は、55型有機ELテレビ「Super OLED TV」を発表。2012年の発売を予定している。カラーフィルターが不要な独自の「Super OLED」技術を搭載するモデルで、R(赤)、G(緑)、B(青)のサブピクセルに自発光の有機EL素子を採用するのが特徴だ。また、デュアルコアプロセッサーを搭載しており、複数のアプリケーションを同時に実行することが可能。スムーズなWebブラウジングも実現している。3Dコンテンツにも対応するとのことだ。

いっぽう、LGエレクトロニクスが発表した55型有機ELテレビは、R(赤)、G(緑)、B(青)加えて、W(白)の4色のカラーピクセルを採用。独自の「Film Patterned Retarder」 (FPR) 技術を搭載しており、偏光方式の3Dメガネでの3D表示が可能だ。重量は約7.5kgとなっている。

パナソニック 世界最小・最薄の20型4K2K液晶パネルを発表

パナソニックからは、4K2Kディスプレイとして世界最小・最薄サイズ(2012年1月10日現在)となる「20型4K2K IPSα液晶パネル」が参考出品される。

「20型4K2K IPSα液晶パネル」の技術面での特徴は、新たに開発した独自の「超高開口率画素構造」を採用していること。これにより、超高精細化によって生じる電界影響を大幅に低減することに成功し、高コントラストや高階調な色再現性など、IPSαパネルのすぐれた画質を維持しながら、20型という小型サイズでの4K2K(3840×2160)表示を実現している。1インチあたりの画素数は216画素(216ppi)で、4K2Kディスプレイでは世界最高の精細度となっている。

さらに、「超高開口率画素構造」によって、パネルの透過率が従来構造の約2倍に向上。バックライトの光を効率的に活用することが可能となり、4K2Kパネルとしては世界最薄の厚さ3.5mmを実現している。また、パネル透過率の向上により、同サイズのフルハイビジョンパネルと同等電力で4K2K表示が可能となっているのもポイントだ。

このほか、新プロセス技術により、TFT基板に平行な面で回転する液晶分子の配向性能を高めた「新液晶配向プロセス技術」を採用。上下・左右に加えて、斜め方向の視野角特性を大幅に向上している。

シャープ 業務用の80V型タッチディスプレイ「BIG PAD」を発表

「BIG PAD」

60V型や70V型、80V型などの同社製大型液晶テレビや、持ち運べる液晶テレビ「フリースタイルAQUOS」、アイキューブド研究所との共同開発となる「ICC-4K 次世代液晶テレビ」などを展示するシャープ。あわせて、大型液晶パネルを採用した80V型タッチディスプレイ「BIG PAD PN-L802B」も発表(2012年1月31日発売)しており、CES会場にて展示する。


「BIG PAD PN-L802B」は、オフィスや教育現場などで電子黒板やテレビ会議用ディスプレイとして活用できる業務用の80V型タッチディスプレイ。表示エリアは、約1.7(幅)×0.9(高さ)mとなっており、たたみ約1畳分の大きさに相当する。A4サイズのシートを縦表示で24枚まで一覧表示できるほか、フォントの小さいプレゼン資料なども大きく表示することができる。


また、タッチパネルと液晶ディスプレイが一体型設計となっており、付属の専用ペンで文字や線を書いたときのペン先との表示ズレや視差を軽減。Windows 7でのマルチタッチ操作にも対応しており、表示の拡大・縮小やページ送りなどの操作が可能だ。


このほか、専用ペンに加えて、「SHARPペンソフト」も付属。両者を利用することで、ペンの色の変更や、消しゴムへの切り替えが可能となっている。さらに、文書データや表計算シートを表示し、その上から手書きすることも可能だ。手書きした内容は保存、再読み出しもできる。 さらに、機器連携にも対応しており、同社製デジタル複合機を利用することで、表示内容のプリントアウトや、スキャンした紙文書の表示が可能となっている。


シャープのプレスリリース『業務用80V型タッチディスプレイ「BIG PAD」を発売』をチェック!

富士フイルム 待望のミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」の詳細が明らかに

FUJIFILM X-Pro1

富士フイルムは1月9日(米国時間)、かねてより発売を予定していたレンズ交換式ミラーレス一眼カメラの詳細を発表。モデル名は「FUJIFILM X-Pro1」で、米国では2月より発売が予定されている。価格は現時点では未定(1月下旬にアナウンスするとのこと)。


「FUJIFILM X-Pro1」は、「FinePix X100」や「FUJIFILM X10」などの「Xシリーズ」に属するミラーレス一眼カメラ。ローパスフィルターを省略し、6×6ピクセルのカラー配列を採用した、APS-Cサイズ(23.6×15.6 mm)の「X-Trans CMOSセンサー」を装備する。また、マウントには、フランジバック17.7mmに設定された「FUJIFILM X mount」を採用。専用の交換レンズ「FUJINON XF lens」として、35mm判換算27mm相当の「XS 18mm F2 R」、53mm相当の「XF 35mm F1.4 R」、90mm相当の「XF 60mm F2.4 R Macro」の3本の単焦点レンズが用意される。


また、光学ファインダーと電子ビューファインダーを切り替えられる「Hybrid Multi Viewfinder」を装備。この「Hybrid Multi Viewfinder」は、「FinePix X100」のハイブリッドビューファインダーとは異なり、装着するレンズにあわせてファインダー倍率が自動で設定される仕様になっている。光学ファインダーの倍率は0.37倍と0.6倍。


このほか、123万ドットの3型液晶モニターを採用。ボディサイズは、139.5(幅)×81.8(高さ)×42.5(奥行)mm で、重量は450 g(バッテリー、メモリカード含む)。


富士フイルム(米国)の「FUJIFILM X-Pro1」のプレスリリースをチェック!

ソニー・エリクソン 「Xperia」シリーズの最新モデルが登場

ソニー・エリクソンは、「2012 International CES」の開催にあわせて、スマートフォン「Xperia」シリーズの新型4機種「Xperia ion」「Xperia S」「Xperia NX」「Xperia acro HD」を発表。その中で、「Xperia NX」と「Xperia acro HD」の2機種が日本向けモデルとなっており、NTTドコモから「Xperia NX SO-02D」、「Xperia acro HD SO-03D」のモデル名で発売される。「Xperia NX SO-02D」は2月、「Xperia acro HD SO-03D」は3月の発売予定。

「Xperia NX SO-02D」

「Xperia NX」は、指紋が目立たないマットな質感のボディに、透明素材「Floating Prism」(フローティングプリズム)をアクセントにしたデザインを採用。着信時や操作時には、白色LEDがアイコン浮かび上がらせる仕様となっている。また、液晶ディスプレイには、4.3型のハイビジョン液晶(720×1280)を採用。約1.5秒の高速起動が可能なカメラ機能(約1210万画素の裏面照射型CMOSセンサー)も備えている。さらに、独自のミュージックプレイヤーも進化しており、音質を設定できるマニュアルイコライザーやサラウンドオーディオ、クリアオーディオ、「xLOUD」などを備えている。


ボディサイズは、64(幅)×128(高さ)×10.6(奥行)mmで、重量は約144g。OSは「Android 2.3」。CPUはクアルコムのデュアルコア「MSM8260」(1.5GHz)で、内蔵メモリーは1GB、内蔵ストレージは32GBとなっている。カラーバリエーションとして、ブラックとホワイトの2色が用意される。


ソニー・エリクソンのプレスリリース「Xperia NXの開発について」をチェック!

「Xperia acro HD SO-03D」

いっぽうの「Xperia acro HD」は、「Xperia」シリーズでは初となる防水対応モデル(IPX5/IPX7等級の防水性能)。ワンセグ機能やおサイフケータイ、赤外線通信に対応するのも大きな特徴だ。液晶ディスプレイは、4.3型ハイビジョン液晶(720×1280)となっている。また、約1.5秒の高速起動が可能なカメラ機能(約1210万画素の裏面照射型CMOSセンサー)を備えるほか、マニュアルイコライザーや「xLOUD」に対応した独自のミュージックプレイヤー機能なども搭載している。


ボディサイズは、66(幅)×126(高さ)×11.9(奥行)mmで、重量は約149g。OSに「Android 2.3」を採用し、CPUはクアルコムのデュアルコア「MSM8260」(1.5GHz)、内蔵メモリーは1GB、内蔵ストレージは16GBとなっている。カラーバリエーションは、アクア、ブラック、サクラ、セラミックの4色。


ソニー・エリクソンのプレスリリース「Xperia acro HDの開発について」をチェック!

NTTドコモのプレスリリース「Xperia新モデルのスマートフォン2機種を開発」をチェック!



 

ページの先頭へ