連載 - ライター・編集部員による定期連載 -

【編集部通信】PCオーディオが人気の今、CDプレーヤーは必要!? 

「NANOCOMPO」の極小CDプレーヤー「NANO-CD1」を試してみた

2013年6月7日発売の「Olasonic NANOCOMPO NANO-CD1」。価格は63,000円

「ネットワークオーディオプレーヤーとNASがあれば、CDプレーヤーはもう必要ない」。そんなふうに考えていた時期が僕にもありました。価格.comマガジン編集部デスク担当のmkrです。


以前、編集部通信の記事『「NANOCOMPO」の小型プリメインアンプでELACは鳴るか!?』で、東和電子「Olasonic」ブランドの単品コンポーネント「NANOCOMPO」シリーズのDAC内蔵プリメインアンプ「NANO-UA1」をレビューさせていただきました。コンパクトサイズながらも、ELACスピーカーをしっかりと鳴らすハイパワーに驚かされ、悩みましたが、発売日に製品を購入させていただきました(もちろん自腹です)。今回は、2013年6月7日に発売された、同シリーズの第2弾製品となる小型CDプレーヤー(CDトランスポート)「NANO-CD1」を、東和電子さんからお貸し出しいただいた実機を使ってレビューしたいと思います。


今回のレビューのポイントは、「ネットワークオーディオプレーヤーをメインで使うユーザーにとってCD専用プレーヤーは必要なのか?」ということ。筆者は、ネットワークオーディオプレーヤーをメインプレーヤーとして使用していますが、最近ではCDプレーヤーの利用頻度が極端に低くなっています。はっきり言うと、「もうCDプレーヤーは使わないだろうな」とも思い始めています。そこで今回は、CDプレーヤーの必要性を考慮しながら、プリメインアンプ「NANO-UA1」のUSB DAC機能や、他社製のネットワークオーディオプレーヤーも使って、「NANO-CD1」の音質をチェックしてみました。


なお、今回も前回の流れにそって編集部通信でのレビューとさせていただきますが、製品をしっかりと紹介したいため、以下の本文では、新製品レポートなどと同じレビュー調(だ・である調)の文体とさせていただきます。

据え置き型CDプレーヤーとして世界最小サイズを実現

まずは、「NANO-CD1」の特徴から見ていこう。

「NANO-CD1」は、スロットイン方式のCD専用プレーヤーだ。最大の特徴は、149(幅)×149(奥行)×33(高さ)mm(突起部を含まず)という、オーディオ用のCDプレーヤーとしては非常にコンパクトなボディを実現していること。そのサイズは、CDジャケットわずか3枚分。一般的な単品コンポーネント製品と比べてしまうと、そのコンパクトさは圧倒的だ。“極小CDプレーヤー”と表現していいだろう。東和電子は2013年4月の製品リリースの際に、CDトランスポートとして世界最小サイズと発表している。

そもそも、「Olasonic」ブランドの単品コンポーネント「NANOCOMPO」シリーズは、全部で計5製品のラインアップが予定されているが、今回紹介するCDプレーヤー「NANO-CD1」のサイズを基準にしてシリーズ共通の筐体サイズが決められている。シリーズ第1弾製品のプリメインアンプ「NANO-UA1」や、今後登場予定のD/Aコンバーター「NANO-D1」なども、すべてこのサイズ(幅149×奥行149×高さ33mm)で共通だ。シリーズで統一されたコンパクトデザインが大きな魅力となっている。

149(幅)×149(奥行)×33(高さ)mmのコンパクトサイズを実現。プリメインアンプ「NANO-UA1」と同様のデザインで、カラーはプラチナホワイト。ボディ上面には「NANOCOMPO」のロゴが入っている

スロットインチャッキング方式により、「NANO-UA1」と同様、縦置きにも対応可能となっている。別売で縦置き用の木製スタンドが用意されている

同じボディサイズの「NANO-UA1」と組み合わせたイメージ。非常にコンパクトなオーディオシステムだ。重ねて設置することもできる

ボディ前面に液晶ディスプレイを装備。再生時には、再生・一時停止などのアイコン、曲番号、サンプリング周波数が表示される

電源オン時に、Olasonicの卵形スピーカーをモチーフにした卵が転がって“O”の文字となり、Olasonicと表示されるギミックがユニーク

液晶ディスプレイは縦表示にも対応。電源を入れる際に電源ボタンを長押しすることで、横表示・縦表示を切り替えられる

付属のリモコン。電源のオン・オフもリモコンで操作できる

88.2kHz/96kHzへのアップサンプリング機能を搭載

「NANO-CD1」は、コンパクトボディながらも、東和電子の製品らしく音質にこだわった設計を採用している。CD専用のドライブメカには、スロットインタイプのマルチドライブ用のものをベースに、CD専用にチューニングしたものを採用。CD再生に特化することで、高音質再生と安定性の向上を実現しているという。

また、これは「NANOCOMPO」シリーズ共通の特徴となるが、ボディの素材には、剛性の高いアルミダイキャストを採用。重量は約1.2kgで、サイズを考慮するとやや重いように感じるが、これはボディを重く設計することで、より安定した駆動を実現するため。音質向上を狙っての設計となっているのだ。

出力端子は、同軸デジタルと光デジタルをそれぞれ1系統装備。DACは内蔵しておらず、アナログ出力には対応していない。プリメインアンプ「NANO-UA1」など、デジタル入力対応のアンプや単品DACと接続して利用する製品となっている。

アルミダイキャスト製のボディを採用。「NANO-UA1」と共通のものだ

「NANO-CD1」の基板。高さ・大きさの違うコンデンサーがぎっしりと詰まっている

出力端子は、同軸デジタルと光デジタルの2系統。デジタル出力のみとなっている

「NANO-CD1」の機能で見逃せないのは、CDプレーヤーながら、CD オリジナルのサンプリング周波数44.1kHz に対して、88.2kHz、96kHzへのアップサンプリングが可能となっていること。背面にサンプリング周波数の切り替えスイッチが備わっており、CD再生中であっても、周波数(44.1kHz/88.2kHz/96kHz)を切り替えて利用できる。接続先の機器が88.2kHz/96kHzの入力に対応していれば、この機能を使って、アップサンプリング再生が可能となる。

背面のスイッチでサンプリング周波数の切り替えが可能。88.2kHz/96kHzにアップサンプリングして出力できる

実際の音質は?

オーディオ機器については、一般的には「大型で重量のある製品のほうが音質にすぐれる」といわれている。確かに、単品コンポーネントについては、音をよくするために、大型の電源トランスや、高品位なパーツを使った回路、頑丈な筐体・シャーシなど物量が必要になるため、結果として「音がいい製品は大きくて重い」という傾向はある。

「NANO-CD1」は、アナログ出力を省略しているため、一般的なCDプレーヤーと比べるとコンパクトなボディを実現しているが、それにしても小さい。単品コンポーネントとしてはCDドライブメカが入る最小のサイズではないだろうか。「このサイズで本当に音は大丈夫なのだろうか」と不安に思う方もいることだろう。

今回、同軸デジタルケーブル(オヤイデ電気製DST-75R)を使い、「NANOCOMPO」シリーズのプリメインアンプ「NANO-UA1」に「NANO-CD1」を接続してCDを試聴してみた。スピーカーはELACの「310 INDIES BLACK」(インピーダンス4Ω、能率86db)とKEFの「iQ30」(インピーダンス8Ω、能率89db)を使用したが、「NANO-CD1」は、そのコンパクトボディからは想像できない押し出し感のあるサウンドを聞かせてくれた。プリメインアンプ「NANO-UA1」のパワーもあるのだろうが、「NANO-CD1」は低域がしっかりと出ており、メリハリもよく、厚みを感じる音になっていた。SNも悪くなく、音の強弱を表現する巧みさも見事。いい意味でアナログテイストを感じさせるサウンドだ。試しに、10年ほど前に発売された定価5万円程度の旧型のCDプレーヤー(アナログRCA出力、同軸・光デジタル出力対応)と比べてみたが、その差は歴然。アンプとCDプレーヤーを組み合わせて音質設計している点や、旧型のCDプレーヤーはメカが古くなっている点を差し引いても、パワー、解像感、レスポンスのいずれもで「NANO-CD1」のほうが勝っている。コンパクトボディながら、そのサウンドは、一般サイズのCDプレーヤーに匹敵すると評価していいだろう。ピュアオーディオらしい高品位サウンドを楽しめる、本格的なCDプレーヤーとなっている。

また、「NANO-CD1」のアップサンプリング機能も試してみた。端的にいえば、88.2kHz、96kHzに設定したほうがよりクオリティの高い音を楽しめる。アンプ側が入力に対応しているようであれば、デフォルトで設定しておきたいところだ。おすすめしたいのは、88.2kHzでの再生。88.2kHzに切り替えると、44.1kHzのオリジナルと比べて、低域の厚みが増し、適度に音が締まる。レンジが広くなったような印象で、高域も伸びるようになり、音の抜けがよくなる。細かい音の粒立ちも向上する。楽曲によっては、ボーカルがツヤっぽくなり、ギターの細かいニュアンスもしっかりと伝わるようになった。いっぽう、96kHzに切り替えると、さらにSN感が向上し、88.1kHzよりもクセのない音になる。ただ、楽曲によっては整いすぎてしまう印象で、デジタルっぽさの残るサウンドに聴こえなくもない。これはこれで面白いのだが、楽曲によっては「音がおとなしくなる」という印象を受けた。中高域のにごりが取れるので、女性ボーカルなどの楽曲には向いているかもしれない。普段、ロックやポップスを聴く機会の多いく筆者にとっては、88.2kHzのほうがバランスのよいサウンドに感じた次第だ。

付属のACアダプター

付属の同軸デジタルケーブル

「NANO-UA1」のUSB DAC、ネットワークプレーヤーと音質を比較

ここで気になるのが、USB DACやネットワークオーディオプレーヤーと比べた際の「NANO-CD1」の音質だ。昨今のPCオーディオの盛り上がりを見ると、「CD専用プレーヤーはもう必要ない」と考える方も少なくないのではないだろうか。筆者もそう考え始めている一人である。

筆者は昨年2012年、自宅のオーディオシステムをネットワークオーディオプレーヤー中心の環境に変えたのだが、それ以降、CDプレーヤーの出番はほとんどなくなってしまった(メインのアンプに接続しなくなったほど)。その理由は、手持ちのCD音源のデータ化により、CDを入れ替える手間がなくなったこともあるのだが、やはり「音質」によるところが大きい。ドライブメカを持つCDプレーヤーに比べて、メカを使わないネットワークオーディオプレーヤーは、音質的に良好な結果を得やすい。特に、エントリークラスの製品で比較すると、その傾向が強くなると感じている。そのため、どうしてもCDプレーヤーの出番が減ってしまうのだ。同様に、USB DACを活用してPCオーディオ環境を構築する場合も、CDプレーヤー(特に一般サイズのプレーヤー)の出番は少なくなるはずだ。

そこで今回、「NANO-CD1」の実力を見極めるため、プリメインアンプ「NANO-UA1」のUSB DAC機能と、「NANO-CD1」と同価格帯となるネットワークオーディオプレーヤー(パイオニア「N-50」。希望小売価格71,239円)を使って、「NANO-CD1」との音の違いをチェックしてみた。チェックには、比較試聴用のCDからWAV形式(44.1kHz/16bit)にリッピングしたファイルを用意。パソコン(MacBook Air)のローカルストレージと、ネットワーク上のNASにそれぞれ同じファイルを保存し、「CD」「パソコン」「NAS」で同じ楽曲を再生できる環境とした。

まず、「NANO-UA1」のUSB DAC機能との比較からレポートしよう。雑誌HiVi付属のスープラ製USBケーブルでパソコン(MacBook Air、iTunes+BitPerfectで再生)と「NANO-UA1」をUSB接続し、「NANO-CD1」と「NANO-UA1」の組み合わせと聴き比べてみた。結果は、意外に思うかもしれないが、「NANO-CD1」のほうが良好な結果に感じた。「NANO-UA1」のUSB DAC機能は、厚みがなくどこか平面的。高域も線が細く、「NANO-CD1」の押し出し感のある再生音と比べるともの足りなく感じた。USBケーブルを変えたりすれば別の結果になるのかもしれないが、少なくとも、今回のテストでは、「NANO-CD1」のほうが力強い音を楽しむことができた。

続いて、ネットワークオーディオプレーヤー(パイオニア「N-50」)との比較だ。ネットワークオーディオプレーヤー、「NANO-CD1」ともに、「NANO-UA1」との接続には同じ同軸デジタルケーブル(オヤイデ電気製DST-75R)を使用している。正直な感想を述べさせてもらえば、環境にもよるのだろうが、「NANO-CD1」のアップサンプリング機能を活用したとしても、全体のクオリティとしてはネットワークオーディオプレーヤーに分があるように感じた。ただし、「NANO-CD1」は、ネットワークオーディオプレーヤーと比べて、低域の押し出し感が強く、パワー感のある音となるのが魅力。バスドラムやベースなどが力強く、楽曲の盛り上がりをうまく演出する感じだ。華やかで、聴いていて楽しくなる音なのだ。これは「NANO-UA1」との組み合わせの妙だろう。アンプの素性をうまく活用できている感じがした。いっぽうのネットワークオーディオプレーヤーは、「NANO-CD1」と比べるとSNと解像感にすぐれる。高域の伸びもよく、見通しのよい音になる。全体のサウンドクオリティについてはこちらが上回るとは思うが、「NANO-CD1」のパワフルな音も捨てがたいと感じた次第だ。

まとめ

今回、小型CDプレーヤー「NANO-CD1」を試用してみて、あらためてCDプレーヤーのよさを認識することができた。CDをリッピングしてデータ化する手間なく、メディアをセットするだけで高音質に音楽を楽しめるのは、CDプレーヤーの利点だ。ただ、この“高音質”というのがポイントになる。パソコンやネットワークオーディオプレーヤーをメインプレーヤーとする環境では、音質的な魅力がなければ、CDプレーヤーを継続して使用する理由は見つけにくい。その点、「NANO-CD1」のアナログテイストの力強い音は、非常に魅力的に感じた。少なくとも今回のテストでは、「好みや楽曲でネットワークオーディオプレーヤーと使い分けてみたい」と感じられるクオリティであることは確認できた。

もちろん、リビングやデスクトップに省スペースで設置できるコンパクトサイズも、「NANO-CD1」の魅力だ。アナログ出力には非対応となるので、現在アナログ接続で使っているCDプレーヤーのリプレース用としては導入しにくいところがあるが、デジタル接続中心のPCオーディオ環境には追加しやすい製品ではないだろうか。また、「NANOCOMPO」シリーズのプリメインアンプ「NANO-UA1」を使ううえでは、「NANO-CD1」の存在は見逃せない。デザイン的にマッチすることだけでなく、両者を組み合わせることで、よりパワーのあるサウンドを楽しむことができるからだ。「NANO-UA1」を購入済み(もしくは購入検討中)の方で、CDプレーヤーの購入も検討しているのであれば、ファーストチョイスにしていい製品ではないだろうか。

今回のレビューを終えて、個人的には、「NANO-UA1」を所有していることもあって「NANO-CD1」はかなり気になる製品となった。CDプレーヤーが必要か必要でないかは、オーディオシステムの環境や使い方によって判断が異なってくると思うが、少なくとも、「NANO-UA1」を所有している身としては、「NANO-CD1」は必要と判断する。手に入れて長く使ってみたい製品である。

関連記事

ページの先頭へ