新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

高精細5型有機EL、3G通信、デュアルアナログスティックなど注目点が目白押し! 

SCE、ハイスペックな次世代PSP「NGP」を発表!

NGP

「PlayStation Meeting 2011」で「NGP」を手にする平井一夫氏(ソニー・コンピュータエンタテインメントCEO)

ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)からビッグニュースが飛び込んできた! SCEは1月27日、約5年ぶりとなるプレス向けのイベント「PlayStation Meeting 2011」を開催。同イベントにおいて、携帯ゲーム機「プレイステーションポータブル」(以下、PSP)の後継モデルとなる「ネクストジェネレーションポータブル(開発コードネーム)」(以下、NGP)の開発・発売を発表した。なお、「NGP」は2011年末の発売が予定されている。ここでは、「NGP」の注目スペック・機能を紹介しよう。



■「NGP」の主な特徴
・960×544ドットの5型ワイド有機ELディスプレイ(マルチタッチ対応)を搭載
・背面にマルチタッチ対応のタッチパッドを装備
・左右にアナログスティックを装備
・前面と背面にカメラを装備
・3Gネットワークのアクセスに対応
・メディアにはNGP専用カード(フラッシュメモリー)を採用
・「LiveArea」「Near」などの新サービスに対応

NGP NGP

「PlayStation Meeting 2011」に展示されていた「NGP」。残念ながら実機に触れることはできなかった

NGP NGP
NGP NGP
NGP NGP
NGP NGP

「NGP」は、「PSP」のシルエットを継承しながら、より手になじみやすい「スーパーオーバルデザイン」を採用。ボディサイズ(予定)は、約182(幅)×18.6(高さ)×83.5(奥行)mm

ディスプレイ、操作性、ネットワーク通信など、あらゆるスペックが進化!

「NGP」のハードウェアでの注目点は大きく「ディスプレイ」「操作性」「ネットワーク」の3点。ディスプレイには、「PSP」(480×272ドット表示)と比べて4倍の解像度となる、960×544ドット表示の5型ワイドディスプレイ(タッチパネル対応)を採用する。ハイビジョン(1280×720ドット)をひと回り小さくした画面解像度で、5型サイズとしては十二分なスペックだ。さらに、液晶ではなく有機ELを採用しているのもポイント。携帯ゲーム機のディスプレイとしては、2011年1月現在では最高レベルの性能となっており、高精細で美しい映像のゲームを楽しむことができるはずだ。

NGP

960×544ドット表示の5型ワイド有機ELディスプレイを搭載

「NGP」は、操作性も大幅に進化している。十字ボタンの下だけでなく、本体右側の操作ボタンの下にもアナログスティックを新設し、デュアルアナログスティック仕様となった。さらに、タッチパネル操作に対応するのもポイント。しかも、マルチタッチ対応の5型ワイド有機ELディスプレイに加えて、本体背面にも、タッチパッド(こちらもマルチタッチ対応)を装備。親指と人差し指だけでなく、中指や薬指を駆使した複雑なゲームプレイにも対応しているのである。

NGP

デュアルアナログスティックを装備

NGP

前面の5型ワイド有機ELディスプレイは、マルチタッチ操作に対応

NGP NGP

本体背面にもマルチタッチ対応のタッチパッドを装備する

NGP NGP

「PlayStation Meeting 2011」でのマルチタッチ操作のデモの様子

さらに、「NGP」は、ボディ前面と背面の両方にカメラを搭載するほか、3軸ジャイロ・3軸加速度による6軸検出システムと、3軸電子コンパス機能を搭載。位置情報を取り入れるGPS機能も備えている。これらの機能を組み合わせることで、ユーザーの姿や動きなどを取り込んでのゲームプレイが可能となるほか、GPSを使ったケータイ的なゲームにも対応するようになった。これまでにはなかった操作体系のゲームが登場するのを期待して待ちたい。

また、「NGP」のネットワーク機能では、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)に加えて、携帯電話の3Gネットワークへのアクセスに対応したのがトピック。屋外でも幅広いエリアでネットワークを利用することが可能となり、ゲーム機としてはもとより、携帯端末としての利便性が大きくアップするのは間違いない。

なお、外部メディアには、UMDではなく、「NGP」専用カード(フラッシュメモリー)を採用。ゲーム用メディアとしてだけでなく、データの読み書きに対応もするとのこと。

NGP

「PlayStation Meeting 2011」では、「PSP」用の大人気アクションゲーム「モンスターハンターポータブル 3rd」のダウンロード版の提供が発表され、「NGP」上でプレイするデモも披露した

「LiveArea」や「Near」などの新サービスを搭載

このほか、「NGP」には、「LiveArea」と「Near」という2種類の新サービスが追加される予定となっている。

「LiveArea」は、ネットワークを通じて各種ゲームの最新情報を取得することが可能。同じゲームを楽しんでいる他のユーザーの達成状況が常に更新されるなど、リアルタイムでのインタラクティブコミュニケーションが可能になるという。

NGP NGP

「LiveArea」のキャプチャー画面

「Near」は位置情報を活用した機能で、ユーザーの位置情報をもとに、周辺にいる他のユーザーが「今どのようなゲームを楽しんでいるのか」を知ることが可能。さらに、ユーザーの足跡からも他ユーザーのプレイ情報を入手することもできる。この機能は、新たなゲームの発見や、他のユーザーとの出会いなどを拡大するのが狙いだという。

NGP NGP
NGP  

「Near」のキャプチャー画面

さらに「NGP」は、SCEが「NGP」と同時に発表した新サービス「PlayStation Suite」にも対応する。「PlayStation Suite」は、スマートフォンなどAndorid端末を中心としたクロスプラットフォームでPlayStationのゲームを楽しむことが可能となるサービス。まずは、初代PlayStationのゲームタイトルの配信が行われる予定で、2011年内のサービス開始を予定しているとのことだ。

発売予告タイトルをチェック!

最後に、「PlayStation Meeting 2011」において、「NGP」での発売が予告されたゲームタイトル(すべて仮題)を紹介しておこう。すべてSCEから登場するタイトルとなっている。

アンチャーテッド
WipEout
KILLZONE
GRAVITY DAZE
Smart As
ハスラーキング
Broken
Reality Fighters
Little Deviants
リトルビッグプラネット
RESISTANCE
みんなのGOLF NEXT

NGP NGP

「NGP」での発売が予定されている「アンチャーテッド」最新作のデモプレイの様子

NGP

「みんなのGOLF NEXT」のデモプレイも行われた

「NGP」のスペック

CPU ARM Cortex-A9 core (4 core)
GPU SGX543MP4+
ボディサイズ 約182(幅)×18.6(高さ)×83.5(奥行)mm (予定、最大突起部除く)
ディスプレイ 5型(16:9)、960 x 544ドット、約1677万色、有機ELディスプレイ
マルチタッチスクリーン(静電容量方式)
背面タッチパッド マルチタッチパッド(静電容量方式)
カメラ 前面カメラ、背面カメラ
サウンド ステレオスピーカー内蔵、マイク内蔵
センサー 6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能
ロケーション GPS内蔵、Wi-Fiロケーションサービス対応
キー・スイッチ類 PSボタン、電源ボタン、方向キー(上下左右)、アクションボタン、
Lボタン、Rボタン、左スティック、右スティック、
STARTボタン、SELECTボタン、音量+ボタン、音量−ボタン
ワイヤレス通信機能 モバイルネットワーク通信機能(3G)、
IEEE 802.11b/g/n (n = 1x1)準拠(Wi-Fi)
(インフラストラクチャーモード/アドホックモード)、
Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)

ページの先頭へ