連載 - ライター・編集部員による定期連載 -

ウルトラ怪獣をテーマにしたコンセプト居酒屋がついにオープン! 

地球初出店!? 「怪獣酒場」の内覧会に行ってきました

内覧会では、「怪獣酒場」の店長であるバルタン星人がスペシャルゲストとして登場しました(※通常、地球人向け営業中にバルタン星人などの怪獣は登場しません。ただし、間違って地球人向け営業時間に来てしまう怪獣もいるかもしれないとのことです)

本日2014年3月14日、かねてより3月中旬のオープンが公表されていた、特撮ヒーロー「ウルトラマン」シリーズに登場するウルトラ怪獣をテーマにしたコンセプト居酒屋「怪獣酒場」が正式にオープンしました。オープンに先駆けて行われた内覧会を取材してきましたので、店内やフード・ドリンクメニューの写真を交えながらレポートします。


そもそも「怪獣酒場」とは、「ヒーローたちに時に健闘し、時にこてんぱんにされるウルトラ怪獣たちが、夜な夜な憂さを晴らし、気力を養って、明日への新たな悪巧みをするところ」で、今までは世を忍んで営業してきたとのこと。本来であれば地球人向けに営業することはないのですが、今回、地球初出店で地球人に向けて開放することになりました。その理由は、「地球征服の資金調達と情報収集のため」。なお、地球人の入店は可能ですが、地球防衛隊員やヒーローに変身できる能力がある人は入店不可とのことです。


お店の“出現”場所は、市内各所が「ウルトラマン」シリーズのロケ地としてたびたび登場する神奈川県川崎市。JR川崎駅・東口側にあるNOF川崎東口ビル(神奈川県川崎市川崎区駅前本町3-1)の地下1階になります。JR川崎駅東口アゼリア26番出口からは徒歩1分、京急川崎駅中央口からは徒歩5分の立地です。営業時間は16:30〜24:00(フードラストオーダー23:00、ドリンクラストオーダー23:30)。定休日はありません。2015年3月までの1年間の期間限定店舗となっています。なお、「怪獣酒場」の運営は、キャラクター雑貨の企画・製造などを手がけるベネリックと、飲食店の企画運営を行っているイーケーシーの2社。円谷プロの監修のもと、2社の共同企画で運営されています。


「怪獣酒場」の店内は、「愚痴って、騒いで、憂さ晴らしをしたもの」「地球征服を企ているもの」「ヒーロー対策を練るもの」といったように、怪獣たちの痕跡が見られる、いくつかのエリアに分かれています。店内には、あちこちにさまざまな仕掛けが用意されているほか、フィギュアも数多く展示されています。かなり凝った作りのお店で、「ウルトラマン」シリーズのファンでなくても、いるだけで楽しくなるような居酒屋でしたよ!

店内はいくつかのエリアに分かれています

店内の入口には、店長のバルタン星人からのメッセージや、ウルトラマンを倒した怪獣であり、怪獣や宇宙人たちのあこがれの的であるゼットンのモニュメントがあります。右の「ジャミラの真実の口」は、地球人向けの営業に際して、怪獣たちが用意したもの。地球防衛隊関係者やヒーローに変身できる人が手を入れると、手が抜けなくなってしまうという(ウワサ)

店内に入ってすぐのところに用意されているのが、メトロン星人がたたずむ「野望の部屋」。来店日が誕生月の方だけが、特別に中に入って記念写真を撮ることができます(※誕生月のわかる証明書を提示する必要あり)。今回、特別に中に入れていただき、メトロン星人とお茶を飲んできました!

「怪獣エリア」と呼ばれるところ。怪獣たちをモチーフにしたボックス席と、大小あわせて200体以上の怪獣のフィギュアが並べられたカウンター席に分かれています

こちらは「光の国/地球 戦力研究室」。怪獣たちが、ウルトラ戦士の技や能力、変身アイテム、地球防衛隊のメカニックなどを研究しているボックス席のエリアです。このエリアのみ禁煙となっています

「宇宙人エリア」では、『ウルトラQ』から『ウルトラマンレオ』までに登場した宇宙人や円盤で装飾されたエリア。天井には、バルタン星人の宇宙船をモチーフにした照明があります

個室として利用できる「作戦計画室」。宇宙人たちが過去の地球侵略作戦を振り返りながらリベンジを企てている、密談に適した2人掛けのエリアです。宇宙後で密談している宇宙人たちが潜んでいる場所もありました。このほか、「怪獣無法地帯」という大人数向けの座敷エリア(掘りごたつ)も用意されています

充実のフード&ドリンクメニュー。スペシャルメニューの作り込み度がすごいです

フードとドリンクのメニュー表です。バルタン星人など怪獣たちのおすすめフードが用意されています

「怪獣酒場」で使用されるビールジョッキ「怪獣ジョッキ」。「分身発泡バルタン星人」「ニセウルトラマン偽生」など見ているだけで楽しいジョッキです。なお、これらのジョッキは「怪獣酒場」店内のグッズコーナーで1,500円(税抜)で販売されています

「純米総攻撃」「ダダの梅酒」などお酒もユニークなものが用意されています

スペシャルメニューも用意。左から「バルタン星人のおもてなし」(1,380円/税抜)、「カラータイマーを狙え」(980円/税抜)、「科学特捜隊日本支部を破壊せよ!」(1,280円/税抜)。「バルタン星人のおもてなし」は、バルタン星人のハサミに、同じくハサミを持つカニのピラフを盛り付けたもの。カニの身が入っていてとてもおいしかったです。「カラータイマーを狙え」は、カレー風味で味付けしたご飯を「カラータイマー」に見立て、付け合せにケイジャンスパイスで味付けしたチキンなどをプレートで提供。かなり辛い味付けで、本当に地球人向けではないのかも!? 「科学特捜隊日本支部を破壊せよ!」は、ホワイトソースと味噌を使ったグラタンに科学特捜隊のマークをあしらったもの。科学特捜隊の基地をイメージしたパングラタンです

左は、「グドンのおススメ!ツインテールフライ」(1,280円/税抜)で、中と右は「禁じられた言葉」(780円/税抜)。「グドンのおススメ!ツインテールフライ」は、大海老2尾を生ベーコンで巻いたジャンボ海老フライ。地底怪獣グドンの大好物「ツインテール」の味にそっくり!?とのことです。「禁じられた言葉」は、ヨーグルトと大根をベースにしたドレッシングのかかった白菜を使ったサラダ。食べ終わると、メフィラス星人からのメッセージが出てきます。なお、食事を楽しんでいたら、「怪獣酒場の料理は宇宙人寄りの味付けになっています」との説明を受けました。「これがおいしいと感じたら、あなたは宇宙人なのかもしれません」とのことでした

非売品の箸置きやコースターをプレゼント

「怪獣酒場」を利用した地球人には、もれなく非売品の箸置きがプレゼントされます!(店内で使用した箸置きを持ち帰ることができます) 全7種をランダムに配布するので、絵柄は選べないとのこと。また、フード1品を注文するごとに、初代『ウルトラマン』に登場した怪獣のコースターもプレゼントされます。コースターは全45種類。毎月約7種類ずつ、配布する怪獣が変わるとのこと。なお、こちらもランダムに配布するため、絵柄は指定できません

店内のグッズコーナーでは、「ウルトラマン」や「怪獣酒場」に関するユニークなグッズを購入できます。「怪獣酒場」限定のおつまみ「怪獣珍味」(500円/税抜)や、「怪獣酒場」で実際に使用している「怪獣ジョッキ」(1,500円/税抜)も用意されていますよ

内覧会にスペシャルゲストとして登場したバルタン星人。サービス精神が旺盛でした

制服姿のスタッフは、人間の姿をしていますが、ダダが人間に変身しているのかもしれないとのこと。もしくは宇宙人か、宇宙人の手先の地球人かもしれないとのことです

©円谷プロ

関連記事

ページの先頭へ