新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

APS-Cセンサーを採用した“ミラーレスEOS”が発表! 

ついに誕生! キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」詳細レポート

キヤノン初のミラーレス一眼「EOS M」。9月中旬の発売が予定されている

「待ちに待った」という方も多いことだろう。2012年7月23日、キヤノンは“満を持して”同社初のミラーレス一眼カメラを発表した。その名も「EOS M」。同社のデジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズの名称が付けられていることからもわかるように、「EOS」シリーズの高性能・高機能を、ミラーレス化したコンパクトボディに詰め込んだ製品で、まさに“ミラーレスEOS”と呼ぶにふさわしいカメラに仕上がっている。

ここでは、価格.comマガジン編集部にいち早く届いたベータ機を用いて、「EOS M」の特徴をくわしく紹介しよう。


※本記事では「EOS M」の開発中のベータ機を使用しています。製品版とは仕様が異なる場合がありますのでご了承ください。

他メーカーからは遅れての参入となったが、「EOS M」は、その分性能・機能とも出し惜しみのないカメラとなっている。ちなみに、「EOS M」の“M”には、「Mini」と「Mobility」の意味が込められている

カラーバリエーションとしてブラックのほか、シルバー、ホワイト、レッドも用意される

「EOS M」のメニュー画面は、同社製デジタル一眼レフ「EOS」シリーズそのもの。細かいメニュー内容もそのまま継承している

7月23日に行われた新製品発表会では、「EOS M」のイメージキャラクターを務める、新垣結衣さんと妻夫木聡さんも参加した


「EOS M」のイメージムービー(キヤノンマーケティングジャパン提供)

※ネットワークや動画サーバーの状況によっては動画を再生できない場合があります。また、ご使用のパソコンによっても再生できない場合もありますのでご了承ください。

有効1800万画素のAPS-Cサイズの撮像素子を採用

APS-CサイズのCMOSセンサーを採用。「EOS Kiss X6i」と同等の有効1800万画素センサーとなっている

キヤノン初のミラーレス一眼カメラ「EOS M」は、同社のレンズ交換式デジタルカメラの中では、エントリー向けの製品となっているが、非常に充実したスペックを備えている。


最大の注目点は撮像素子。ミラーレス一眼カメラは、メーカーや機種によって、APS-Cやマイクロフォーサーズ、1インチといった、いくつかのサイズの撮像素子が採用されているが、キヤノンが選択したのは、同社のデジタル一眼レフ「EOS」シリーズと同じ大きさとなる「APS-C」。ミラーレス一眼カメラでは、ソニーの「NEX」シリーズなどと並んで、もっとも大きいセンサーを採用したモデルとなっている。


具体的には、同社製デジタル一眼レフ「EOS Kiss X6i」と同じ、有効約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)を採用。さらに、映像エンジンには、最新の「DIGIC 5」を搭載し、感度はISO100〜12800に対応している(拡張設定でISO25600も設定可能)。撮像素子、映像エンジン、対応感度のいずれもが「EOS Kiss X6i」と同等で、簡単に言えば、「EOS Kiss X6i」の画質スペックをそのまま搭載したミラーレス一眼というわけだ。

感度はISO100〜12800に対応。拡張設定によりISO25600も選択できる

オート感度の上限設定も可能だ

高感度ノイズ低減設定には、4枚連続撮影・合成によるノイズ低減処理を行う「マルチショットノイズ低減機能」も用意される

「EOS」シリーズではおなじみの仕上がり調整「ピクチャースタイル」を採用

「3:2」のほか「4:3」「16:9」「1:1」といったアスペクト比での撮影に対応

センサークリーニング機能も備えている

APS-Cセンサーを搭載しながらも小型・軽量ボディを実現

「EOS M」がAPS-Cサイズの大きな撮像素子を採用した最大の理由は、デジタル一眼レフ「EOS」シリーズと同等の高画質を実現すること。ただし、大きな撮像素子を採用することは、ボディが大きくなってしまうことにも直結する。

キヤノンは、この問題を、“新マウント”を開発することで解決した。「EOS M」は、ボディをより小さくできるミラーレス構造に加えて、新開発の「EF-M」マウントを採用することで、APS-Cサイズの撮像素子を搭載しながらも、108.6(幅)×66.5(高さ)×32.3(奥行)mmで重量約298g(付属バッテリー、SDカード含む)という小型・軽量ボディを実現したのだ。

さらに、注目したいのは、新しい「EF-M」マウントの仕様だ。「EOS」シリーズの「EF」マウントは、マウント径が65mmに設定されているが、「EF-M」マウントは、APS-Cサイズに最適化した58mm径を採用。さらに、フランジバックが18mmという短い設計になっているのもポイント。これにより、マウントアダプターを使って、デジタル一眼レフ用の「EFレンズ」を装着することも可能となっている。

108.6(幅)×66.5(高さ)×32.3(奥行)mmで重量約298g(付属バッテリー、SDカード含む)という小型・軽量ボディを実現。デザイン面では、コンパクトデジカメ「PowerShot」シリーズに、デジタル一眼レフ「EOS」シリーズの雰囲気を加えたようなシンプルなフォルムが特徴だ。なお、電子ビューファインダーやフラッシュは非搭載となる

「EOS M」は、マグネシウム製のフロントベースと、ステンレス製のバックプレートによる強固なフレーム構造を採用することで、小型・軽量ながらも剛性の高いボディとなっている

「EOS M」用の交換レンズとして、手ブレ補正機能付きの標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と、パンケーキタイプの単焦点レンズ「EF-M22mm F2 STM」がラインアップ。いずれも、ステッピングモーターを採用し、静かでスムーズなオートフォーカスが可能となっている。アルミアルマイト処理による質感の高い金属外観もポイントだ

標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を装着したイメージ

「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」の広角端(左)と望遠端(右)

単焦点レンズ「EF-M22mm F2 STM」を装着したイメージ

レンズキャップを装着したイメージ

グリップ部に指を引っかけられる突起を装備。背面もホールドしやすい形状となっている

シャッターボタン周りが斜めにカットされているのもポイント。ボタンを押しやすいデザインとなっている。なお、シャッターのレリーズタイムラグは約0.048秒(予定)で、「EOS Kiss X6i」よりも短い(EOS Kiss X6iは約0.075秒)。シャッターは、電子先幕とメカシャッターを組み合わせたものとなっている。連写性能は最高約4.3枚/秒(AF固定)

左が「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を装着したボディをホールドしたイメージ。右が「EF-M22mm F2 STM」を装着したボディをホールドしたイメージ

「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF-M22mm F2 STM」は、フルタイムマニュアルフォーカスに対応。フォーカスリングには滑り止め加工(綾目ローレット形状状)が施されている

新開発の「EF-M」マウントを採用。フランジバックは18mm



「EOS M」の製品ラインアップ

製品名 価格.com最安価格  
EOS M ボディ [ブラック]  
EOS M EF-M18-55 IS STM
レンズキット [ブラック]
「EF-M18-55 IS STM」が付属
EOS M EF-M18-55 IS STM
レンズキット [シルバー]
84,358
EOS M EF-M22 STM
レンズキット [ブラック]
59,800 「EF-M22mm F2 STM」が付属
EOS M EF-M22 STM
レンズキット [シルバー]
83,555
EOS M ダブルレンズキット [ブラック] 「EF-M18-55 IS STM」
「EF-M22mm F2 STM」が付属。
マウントアダプター「EF-EOS M」と
「スピードライト 90EX」も同梱
EOS M ダブルレンズキット [シルバー]
EOS M ダブルレンズキット [ホワイト]
EOS M ダブルレンズキット [レッド] 45,800

同時発表になった「EOS M」用のアクセサリー

製品名 価格.com最安価格  
EF-EOS M 8,586 EFレンズを装着できる専用のマウントアダプター
スピードライト 90EX 7,890 小型・軽量設計の外付けフラッシュ

ページの先頭へ