新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

撮像素子&エンジンを刷新。オートフォーカス、手ブレ補正も強化 

今春のサイバーショットは、コンパクトハイズーム3機種に注目!

2012年2月28日、ソニーからコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの新モデル6機種が一挙発表。今回は他メーカーからはちょっと遅れての発表となったが、その分、性能・機能の充実には目を見張るものがあり、ラインアップの中心を担う機種がそろった。


その中でも、今回、同社が特に力を入れてきたのが高倍率ズームモデルだ。従来の「サイバーショット」シリーズでも、「DSC-HX7V」「DSC-HX9V」といった高倍率ズームの人気モデルをリリースしてきたが、2012年春モデルでは、コンパクトな光学10倍ズーム機「DSC-WX100」、機能性にすぐれた光学16倍ズーム機「DSC-HX10V」、ハイエンド向けの光学20倍ズーム機「DSC-HX30V」といった、個性の異なる3機種をラインアップ。いずれも、従来モデルの多彩な撮影機能や、フルハイビジョン動画撮影などの特徴を継承・拡張しつつ、「高感度画質」「オートフォーカス」「手ブレ補正」を強化した注目モデルとなっている。さらに、高倍率ズーム機としてはかなりコンパクトなボディを実現しているのもポイントで、まさに“コンパクトハイズーム”という名称にピッタリなコンデジに仕上がっている。3機種とも2012年3月16日の発売が予定されている。


ここでは、実機画像や作例を交えながら、これらコンパクトハイズーム3機種に共通する性能・機能と、機種個別の特徴をくわしく紹介していこう。

光学10倍ズーム機「DSC-WX100」

光学16倍ズーム機「DSC-HX10V」

光学20倍ズーム機「DSC-HX30V」

新しい撮像素子と進化した画像処理エンジンを採用し、ISO12800に対応

新しいコンパクトハイズーム3機種は、有効1820万画素の新しい裏面照射型CMOSセンサーを採用

 

感度は最高ISO12800に対応

2012年春に登場する「サイバーショット」シリーズのコンパクトハイズーム3機種(「DSC-WX100」「DSC-HX10V」「DSC-HX30V」)は、画質スペックが進化を遂げている。具体的には、撮像素子に、コンパクトデジカメとしては最高画素(2012年2月28日現在)となる有効1820万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を採用。あわせて、画像処理エンジンにはノイズ処理能力を強化した新しい「BIONZ」を搭載。新しい撮像素子と進化した画像処理エンジンを採用することで、従来より定評のあった「低ノイズな高感度画質」に磨きをかけた形となっている。具体的には、コンデジとしては最高感度(2012年2月28日現在)となる「ISO12800」に対応するようになった。ISO12800という超高感度に対応するのであれば、寝室での子どもの寝顔など、これまで撮ることが難しかった暗所での被写体を“ノンフラッシュ”で撮影することができる。このあたりの“強み”をどんどん押していく製品作りは、いかにもソニーらしいところだ。なお、ISO12800はオート撮影(おまかせオート、プレミアムおまかせオート)でも、プログラムオート撮影でのマニュアル設定時でも利用することが可能だ。


ちなみに、今回のコンパクトハイズーム3機種では、ISO6400以上の感度において、独自のノイズ低減処理が行われるようになっている。なかなか興味深い処理なのでくわしく紹介しておこう。まず、ISO6400以上での撮影時には、画素を約450万画素にまで落として最大6枚の画像を連写・合成する。その後、「全画素超解像技術」による画素復元を行い、450万画素を1820万画素に戻すという仕組みだ。ソニーによると、この連写・合成・復元処理により、従来比でノイズを最大1/6にまで低減することが可能になったという(450万画素に落とすことでノイズを1/2に低減×連写・合成処理によりノイズを1/3に低減)。


以下、光学16倍ズーム機「DSC-HX10V」を使って撮影した感度別作例で高感度画質をチェックしていこう。

感度別作例

※以下の作例は、「DSC-HX10V」を使用して、室内の蛍光灯下(真っ暗な室内で明るめの蛍光灯ライトを利用)で同じ被写体を感度別に撮影したものになります。撮影は、プログラムオートを選択し、焦点距離8.46mm(35mm判換算約50mm)、測光モード「マルチパターン」、露出補正0.0、静止画サイズ「4:3 18M」の設定で行っています。

画像をクリックするとリサイズ・補正を行なっていない撮影写真が別ウィンドウで開きます。

ISO100 ISO200

F4、1/5秒

F4、1/10秒

ISO400 ISO800

F4、1/20秒

F4、1/40秒

ISO1600 ISO3200

F4、1/80秒

F4、1/160秒

ISO6400 ISO12800

F4、1/320秒

F4、1/640秒

上記の作例では、全体的にノイズ処理の強さが目立つ結果となり、ISO800以上において解像度が落ちてしまっている印象もあるが、有効1820万画素という高画素を実現したコンパクトデジカメであるにもかかわらず、ISO1600〜3200の高感度でもノイズが抑えられているのがポイント。また、ISO100、ISO200あたりの低感度では十分にシャープな画質が得られるのも見逃せないところ。低感度と高感度でうまく画質のバランスを取っている印象だ。オート撮影「プレミアムおまかせオート」での連写・合成撮影も加味するなら、通常でもISO800〜1600あたりまで常用でき、縮小するのならISO3200くらいでも活用できそうだ。ISO6400以上だとダイナミックレンジが狭くなり、低感度時と比べて発色が大きく変わってくるので、暗いシーンでどうしてもノンフラッシュで撮影したい場合に利用するのがベターな使い方だろう。なお、今回、16倍ズーム機「DSC-HX10V」、および10倍ズーム機「DSC-WX100」でオート撮影を試してみたところ、かなり暗いところでもISO6400以上の感度には上がらなかった。手ブレ補正を使ってブレなく撮影できるものについては、ISO3200までの感度で撮影する設定になっているようだ。

高速AFがさらに進化。暗いところでも最速約0.2秒を実現

コンパクトハイズーム3機種では、より高速なオートフォーカスが可能になった

コンパクトデジカメとしては非常に高速なオートフォーカスを利用できるのも、「サイバーショット」シリーズの大きな特徴だ。今春登場するコンパクトハイズーム3機種は、このオートフォーカス速度についてもブラッシュアップされている。従来モデルでも、高速駆動のリニアフォーカスレンズとCMOSセンサーの組み合わせにより、最速約0.13秒の高速オートフォーカスを実現していたが、今回のコンパクトハイズーム3機種では、暗いところでも最速約0.20秒の速度を達成。明るいシーンでも暗いシーンでも、よりスムーズなオートフォーカスの利用が可能になったのだ。


今回、10倍ズーム機「DSC-WX100」と16倍ズーム機「DSC-HX10V」を試した限りでは、確かに、暗いところでもスピーディーにピントが合うことがわかった。また、広角だけでなく望遠でも高速なオートフォーカスを実現していることも確認。そのスピードは、コンデジとしては間違いなく最速レベルであると断言できる。具体的なオートフォーカス速度については、以下に掲載する動画をご覧いただきたい。

オートフォーカス速度を動画でチェック

※サムネイル画像をクリックするとWMV形式の動画(720×540ドット)が再生されます。ご使用のパソコンによっては再生できない場合がありますのでご了承ください。

10倍ズーム機「DSC-WX100」 16倍ズーム機「DSC-HX10V」

両機種ともに、「広角端でシャッターボタンを半押しした後に、望遠端までズームしてシャッターボタンを半押しする」という動作を3回繰り返してみた。広角端、望遠端の両方で、非常にスピーディーなピント合わせが可能なことがわかるはずだ

新開発ジャイロセンサーを採用し、手ブレ補正効果が向上

コンパクトハイズーム3機種は、従来同様、「アクティブモード」を搭載

「サイバーショット」シリーズの新型コンパクトハイズーム3機種は、高感度画質とオートフォーカスに加えて、手ブレ補正機能も進化している。ポイントは、手ブレの検出精度が向上した新開発のジャイロセンサーを搭載すること。あわせて、補正のアルゴリズムを見直すことで、より細かいブレを検知することが可能になり、特にズーム撮影時の手ブレ補正効果が向上したという。さらに、フレーミング中にも手ブレ補正が常時働くようになったのもポイント。画面のブレにより被写体を追いかけにくい望遠撮影時でも、ブレを抑えた安定したモニター画面で構図を決められるようになったのだ。なお、ソニーは、今回のコンパクトハイズーム3機種に対して、「新開発ジャイロセンサーによるブレ検出精度の向上」「フレーミング中でもブレないモニター画面」「ズーム撮影時でもオートフォーカスが速い」という3つの特徴により、従来よりも安心したズーム撮影ができるとして、「ピタッとズーム」という名称を付けている。


また、今回のコンパクトハイズーム3機種は、従来モデルと同様、動画撮影での歩き撮り時に威力を発揮する「アクティブモード」を搭載。新たに、光学式と電子式の手ブレ補正を併用するようになり、望遠での動画撮影時の手ブレ補正効果もアップしている。


3機種ともに、超解像技術を用いたデジタルズーム撮影「全画素超解像ズーム」に対応。光学ズームの最大倍率の倍の値まで、劣化を抑えたズーム撮影が可能となっている

さまざまなエフェクト効果を加えた撮影が楽しめる「ピクチャーエフェクト」には、「水彩調」と「イラスト調」が追加されたる





「サイバーショット」シリーズのコンパクトハイズーム3機種の製品ラインアップ

モデル 搭載レンズ 価格.com最安価格
サイバーショット DSC-WX100 (S) [シルバー] 35mm判換算で広角25mm〜望遠250mmの光学10倍ズームレンズ
サイバーショット DSC-WX100 (B) [ブラック]
サイバーショット DSC-WX100 (T) [ホワイト]
サイバーショット DSC-WX100 (P) [ピンク]
サイバーショット DSC-WX100 (T) [ブラウン]
サイバーショット DSC-HX10V (B) [ブラック] 35mm判換算で広角24mm〜望遠384mmに対応する光学16倍ズームレンズ
サイバーショット DSC-HX10V (W) [ホワイト]
サイバーショット DSC-HX10V (R) [レッド]
サイバーショット DSC-HX30V (B) [ブラック] 35mm判換算で広角25mm〜望遠500mmに対応する光学20倍ズームレンズ
サイバーショット DSC-HX30V (T) [ブラウン]

ページの先頭へ