勝手に注目! - 気になるモノを編集部員が勝手にレビュー! -

APS-Cセンサー&広角28mmの新型カメラユニットに注目 

GXRの本命、リコー「GR LENS A12 28mm F2.5」

リコー「GXR」は、「ユニット交換式」という、一般的なデジタルカメラにはないシステムを採用し、デジカメ市場で異彩を放つ存在だ。ややマニアックではあるが、カメラファンを中心に話題を集めている製品である。今回は、APS-Cサイズの撮像素子と広角28mm単焦点レンズを採用した、「GXR」の最新カメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」に注目。気になる静止画画質を中心にチェックしてみた。

あらためて「GXR」の特徴・魅力を確認しよう

リコー「GXR」のボディ本体に、今回紹介するカメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」を装着。「GXR」は、ボディ本体にもカメラユニットにも外装にマグネシウム合金を採用するなど、クラシックな雰囲気の高品位デザインを実現している

リコー「GXR」は、一般的なデジタルカメラとは一線を画す、非常にユニークな構造を採用している。


構造上の特徴は、グリップと液晶モニターを搭載したボディ本体に、レンズ・撮像素子・画像処理エンジンが一体化した「カメラユニット」を交換・装着する「ユニット交換式」を採用していること。ミラーレス一眼やデジタル一眼レフのようなレンズ交換式デジカメとは異なり、ボディ側に撮像素子を搭載していないのである。カメラユニットを交換することで、レンズ、撮像素子、画像処理エンジンという画質を決定する要素をすべて入れ替えられるのが、他のデジタルカメラにはないポイントとなっている。

写真左が「GXR」のボディ本体。カメラユニットは、本体にスライドさせて装着する。写真のカメラユニットは「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」

「GXR」のユニット交換式は、カメラユニットごとに撮像素子を搭載するため、「コスト的にはデメリットな方式」と考える方もいることだろう。確かに、ボディ側に撮像素子を搭載し、レンズだけを交換することで多彩な撮影を楽しめるレンズ交換式と比べると、コスト面で分が悪いのは事実だ。

ただし、「GXR」は、レンズ交換式と比べて、ユニットの大きさをコンパクトにすることが可能だ。撮像素子とレンズが一体化しているため、製品開発時に、レンズ交換式で必要となるレンズマウントやフランジバック(マウント面から撮像素子までの距離)などを考慮する必要がない。レンズの設計をユニット個別に行えるため、レンズならびにユニットそのものを小型化することができる。リコーがフィルムカメラ時代からこだわる「コンパクトながらも高画質」を実現するのに最適な仕組みとなっているのだ。これが、「GXR」の最大の魅力だ。

また、「GXR」は、規格として撮像素子の種類や大きさを設定していないのも面白い。カメラユニットによって自由に撮像素子を選択することが可能で、コンパクトデジカメ用の小型センサーだけでなく、APS-Cサイズなどデジタル一眼レフ用の大型センサーを搭載することもできる。将来的には、35mmフルサイズセンサーを搭載したユニットを製品化するのも不可能というわけではない。さらに、カメラ以外にも、プリンターやプロジェクターなどのユニットを展開することも可能。このように、「GXR」のユニット交換式は、長い目で見ると、非常に発展性のある構造となっているのである。

なお、2010年12月現在、「GXR」には、今回紹介する「GR LENS A12 28mm F2.5」を含めて、計4個のカメラユニットが用意されている。

「GXR」のカメラユニット(2010年12月現在)

製品 価格.com
最安価格(※)
特徴(※焦点距離は35mm判換算)
RICOH LENS P10
28-300mm F3.5-5.6 VC
23,778 1/2.3型の1000万画素・裏面照射型CMOS、焦点距離28〜300mmのズームレンズ、手ブレ補正機構を採用
RICOH LENS S10
24-72mm F2.5-4.4 VC
32,560 1/1.7型の1000万画素CCD、焦点距離24〜72mmのズームレンズ、手ブレ補正機構を採用
GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 61,923 APS-Cサイズの1230万画素CMOS、焦点距離50mmの単焦点マクロレンズ(開放F2.5)を採用
GR LENS A12 28mm F2.5 60,546 APS-Cサイズの1230万画素CMOS、焦点距離28mmの単焦点レンズ(開放F2.5)を採用

「GXR」ボディ本体&セット商品(2010年12月現在)

製品 価格.com
最安価格(※)
特徴
GXRボディ 26,300 GXRボディ本体のみ
GXR+P10 KIT 35,763 GXRボディ本体と「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」のセット
GXR+S10 KIT 43,800 GXRボディ本体と「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」のセット

 ※価格.com最安価格は2010年12月24日現在のものです

※「GXR」の特徴については、以下の価格.comマガジンの記事も参考にしてください

APS-Cセンサー&28mm単焦点レンズの画質をチェック

では、本題の「GXR」の最新カメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」(以下、「A12 28mm」)に話を移そう。

「A12 28mm」は、撮像素子・レンズともに、デジタル一眼レフと同等の高性能な仕様となっている。撮像素子には、デジタル一眼レフと同様に、APS-Cサイズの大型撮像素子(1230万画素のCMOSセンサー)を採用。レンズには、同社が高性能レンズに位置づける「GR LENS」の冠の付いた、焦点距離28mm(35mm判換算)の単焦点レンズ(開放F値F2.5)を採用している。

特に、レンズに注目してほしい、非球面レンズ2枚と、特殊低分散レンズ1枚を含む6群9枚の高性能なレンズ構成を採用するほか、フォーカシングによる性能変化が少ないフローティング機構を採用。開放F値はF2.5で、明るさも十分だ。また、絞り羽根は9枚で、点光源ではキレイな円形ボケを得ることができる。デジタル一眼レフ用の広角・単焦点レンズと同等の画質を期待したいところだ。

また、「A12 28mm」の大きなポイントとなるのが、ボディ本体装着時で「113.9(幅)×70.2(高さ)×55.6(奥行)mm」「重量約410g」という小型・軽量ボディに収まること。APS-Cサイズの撮像素子を搭載するデジカメとして見ると、かなりコンパクトだ。「GXR」の魅力である「コンパクトながらも高画質」をもっとも具現化したユニットとなっているのである。

「A12 28mm」のボディサイズは68.7(幅)×57.9(高さ)×50.4(奥行)mmで、重量は約210g。レンズキャップが付属する

「GXR」のボディ本体に「A12 28mm」を装着した際のサイズは、113.9(幅)×70.2(高さ)×55.6(奥行)mmで、重量は約410g。片手でホールドできる小型・軽量ボディだ


感度別サンプル(ノイズリダクション「AUTO」と「OFF」)

※ノイズリダクション「AUTO」、ノイズリダクション「OFF」に設定して、同じ被写体を撮影。撮影は、いずれも、絞り優先モードでF値を「F8.0」に固定し、画質・サイズ「L 4:3 F」、フォーカスモード「スポットAF」、測光モード「マルチ」、露出補正「-0.3」、画質設定「スタンダード」、ホワイトバランス「マルチパターンAUTO」で行っています。また、ノイズリダクション「AUTO」時は、ノイズリダクションISO設定を「すべて」に設定しています


※サムネイル画像をクリックするとリサイズ・補正を行なっていない撮影写真が別ウィンドウで開きます

■ISO200  
ノイズリダクション「AUTO」 ノイズリダクション「OFF」

F8、1/125秒

F8、1/133秒

■ISO400  
ノイズリダクション「AUTO」 ノイズリダクション「OFF」

F8、1/250秒

F8、1/290秒

■ISO800  
ノイズリダクション「AUTO」 ノイズリダクション「OFF」

F8、1/500秒

F8、1/540秒

■ISO1600  
ノイズリダクション「AUTO」 ノイズリダクション「OFF」

F8、1/930秒

F8、1/1070秒

■ISO3200  
ノイズリダクション「AUTO」 ノイズリダクション「OFF」

F8、1/1740秒

F8、1/2100秒


自由作例

※サムネイル画像をクリックするとリサイズ・補正を行なっていない撮影写真が別ウィンドウで開きます

ISO200、F4.0、1/34秒、EV+0.4、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:スポット、絞り優先AE

ISO200、F2.8、1/73秒、EV+0.3、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F8.0、1/440秒、EV0.0、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F8.0、1/350秒、EV-0.7、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F8.0、1/60秒、EV-0.4、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F5.6、1/48秒、EV+0.3、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F8.0、1/45秒、EV-0.3、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F8.0、1/310秒、EV0.0、画質設定:スタンダード、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO308、F8.0、1/39秒、EV+1.0、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO400、F2.8、1/133秒、EV0.0、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:スポット、絞り優先AE

ISO400、F4.0、1/164秒、EV0.0、画質設定:スタンダード、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO400、F4.0、1/133秒、EV-1.0、画質設定:スタンダード、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO800、F8.0、1/52秒、EV-0.7、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO800、F5.6、1/143秒、EV0.0、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO800、F3.5、1/90秒、EV0.0、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO1600、F8.0、1/73秒、EV-0.3、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO1600、F6.3、1/36秒、EV+0.3、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO1600、F5.6、1/133秒、EV0.0、画質設定:スタンダード、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:スポット、絞り優先AE

ISO3200、F8.0、1/60秒、EV0.0、画質設定:ビビッド、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO3200、F4.0、1/64秒、EV-0.3、画質設定:スタンダード、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO200、F8.0、1/1070秒、EV-0.3、画質設定:スタンダード、アスペクト比1:1、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE

ISO800、F8.0、1/133秒、EV-0.3、画質設定:白黒(TE)、調色:グリーン、アスペクト比1:1、ホワイトバランス:マルチパターンAUTO、ノイズリダクション:AUTO、測光:マルチ、絞り優先AE


上に掲載したサンプルを見ると、「A12 28mm」は、APS-Cサイズの大型撮像素子らしく、高精細な描写力を備えているのがわかる。ややシャープネス処理が強い印象もあるが、広角レンズとしては解像感が高い。色味は、画質設定にもよるが、総じてクリア。画質設定の「ビビッド」では発色がよく、「スタンダード」では自然な色味の写真に仕上がる。

また、「A12 28mm」は、画像周辺部の画質が良好なのも見逃せない。広角レンズでは周辺部でコマ収差(像が流れる歪み)が発生しがちだが、「A12 28mm」では、周辺部でも解像感が落ちない。周辺部の色収差や光量落ちが少ないのも高ポイントだ。さらに、「GR LENS A12 28mm F2.5」は、逆光にも強い。逆光で撮影していても、比較的、ゴーストやフレアが発生しにくい印象を受けた。このあたりは、レンズ性能に左右されるところが大きく、「GR LENS」としての性能の高さを感じる次第だ。デジタル一眼レフ用の広角・単焦点レンズとして見てみても、かなり高いレベルにあるのは間違いない。

まとめると、「A12 28mm」の画質は、「デジタル一眼レフと高性能レンズの組み合わせで得られる画質と同等」と評価していいだろう。

なお、感度は、最低ISO200〜最高ISO3200に対応。高感度ノイズについては、ノイズを無理やりつぶすのではなく、ノイズ低減と解像感とのバランスをとっている印象だ。撮影シーンや被写体にもよるが、ノイズリダクション「AUTO」ではISO1600を常用できるレベルではないだろうか。なお、ノイズリダクションについては、「AUTO」「OFF」のほかにも「弱」「強」「MAX」といった設定を用意。「すべて」「ISO201以上」「ISO401以上」「ISO801以上」「ISO1601以上」「ISO3200」の6段階で、ノイズリダクションの適用範囲を設定することもできる。「ノイズ低減重視」なのか「解像感重視」なのかによって、設定を細かく追い込むことが可能だ。

「A12 28mm」には、画質設定として、「ビビッド」「スタンダード」「ナチュラル」「白黒」「白黒(TE)」が用意されている。彩度、コントラスト、シャープネスなどを9段階で設定・登録しておくこともできる

「A12 28mm」のノイズリダクションは、ノイズ低減効果を、「OFF」「AUTO」「弱」「強」「MAX」から設定可能

ノイズリダクションの適用感度を設定することもできる

「A12 28mm」は、リコーのデジカメらしく、マルチアスペクトでの撮影に対応。「4:3」のほかに、「16:9」「3:2」「1:1」に対応する

ディストーション(歪曲収差)を補正する機能も備えている

画質はハイレベル。では、オートフォーカスの性能は?

期待どおりの高画質を実現している「A12 28mm」だが、使い勝手の面では、「オートフォーカスの速度」に注目してほしい。もうひとつのAPS-Cセンサー採用カメラユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」(2009年12月発売。以下、「A12 50mm」)と比べて、オートフォーカスが大幅に速くなっているのだ。

「A12 50mm」は、焦点距離50mm(35mm判換算)のマクロレンズで画質重視ということもあって、オートフォーカス速度についてはもう一歩と感じる製品である。価格.comのクチコミ掲示板・レビューでも、「画質はすばらしいがオートフォーカスは遅い」という評価が見受けられる。だが、「A12 28mm」は、「A12 50mm」からオートフォーカス性能が大きく改善した。比べると、圧倒的に速くなっているのがわかる。「A12 50mm」は、室内・室外ともにストレスなくオートフォーカスを利用することが可能なレベルで、「他のミラーレス一眼と同等かそれ以上のオートフォーカス速度」と評価したい。

「GXR」は、オートフォーカス方式として、他のミラーレス一眼と同様に、撮像素子がAFセンサーを兼用する「コントラストAF」を採用している。さすがに、伝統的な「位相差AF」を採用するデジタル一眼レフと比べると差はあるものの、「A12 50mm」では、オートフォーカスが格段に速くなった

このほか、「A12 28mm」のオートフォーカス機能では、他のリコーのデジカメと同様に、「AE/AFターゲット機能」に対応。露出とピントの両方、もしくはどちらかのターゲットの位置を任意に設定することが可能だ。さらに、スポットAFの領域として、「ノーマル」と「ピンポイント」の2種類を用意。「ピンポイント」を選択すれば、通常よりも小さなAFエリアで、厳密なピント合わせが可能になる。マニュアルフォーカスリングも備えており、オートフォーカス後にピントを微調整して撮影することもできる。

また、「A12 28mm」は、シャッターボタンを全押しすることで、設定しておいた撮影距離でシャッターが切れる「フルプレススナップ」にも対応。パンフォーカス(F値を絞って被写界深度を深くして撮影すること)でのスナップ撮影時に便利な機能だ。

レビューまとめ

「GXR」の魅力は、先に述べたように、コンパクトボディと高画質を両立できること。「A12 28mm」は、そのメリットを最大限に生かした製品だ。「GXR」のカメラユニットとしては、2010年12月現在、APS-Cサイズの撮像素子と単焦点レンズを搭載する「A12 28mm」と「A12 50mm」のほかに、小型撮像素子とズームレンズ、手ブレ補正機能を搭載する「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」と「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」が用意されているが、この中では、「A12 28mm」が、「GXR」の「コンパクト&高画質」という魅力をもっとも引き出しているユニットといえる。

また、「GXR」全体での魅力となるが、ボディ上部の前面ダイヤルや、背面のジョグダイヤル「ADJ.レバー」など、扱いやすい操作体系を採用しているのも見逃せない。「A12 28mm」であれば、同じ焦点距離(35mm判換算28mm)の単焦点レンズを備える、同社のコンパクトデジカメ「GR DIGITAL」シリーズに似た感覚でレスポンスよく撮影することが可能だ。「GR DIGITAL」シリーズを使用している方であれば、「A12 28mm」は特に扱いやすく感じるはずだ。

「GXR」は、共通のボディを利用するため、カメラユニット間での基本的な操作性は統一されている。背面の液晶モニターには、92万画素表示の3.0型液晶を採用

なお、「大型撮像素子+広角・単焦点レンズ」の組み合わせで、「A12 28mm」の主要なライバルとなるのは、以下の製品となる。それぞれにスペック・特徴が異なるため、横並びでの評価はできないが、参考までにまとめておこう。

・パナソニックの新型マイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-GF2」と、焦点距離28mm(35mm判換算)の単焦点レンズ「LUMIX G 14mm /F2.5 ASPH.」の組み合わせ
・APS-Cサイズの撮像素子を搭載するソニーのミラーレス一眼「NEX」シリーズと、焦点距離24mm(35mm判換算)の単焦点レンズ「E16mm F2.8」の組み合わせ
・APS-Cサイズ相当のX3ダイレクトイメージセンサーと、焦点距離28mm(35mm判換算)の単焦点レンズを装備する、シグマのコンパクトデジカメ「DP1x」


最後に、今後登場予定の「GXR」のカメラユニットにおいて、要注目の製品を紹介しておきたい。それは、既存のレンズマウントと撮像素子を搭載したカメラユニットだ。新開発のマウントではないとのことで、ライカMマウント、ペンタックスKマウント、マイクロフォーサーズマウントなどが採用マウントとしてウワサにあがっている。2011年中の製品化を予定しているとのことだ。期待して待ちたい。

リコー「GR LENS A12 28mm F2.5」の主な仕様

撮像素子 23.6×15.7mm CMOSセンサー
有効画素数 約1230万画素
レンズ 焦点距離:18.3mm(35mm換算28mm)、F値:F2.5〜F22、レンズ構成:6群9枚(非球面レンズ2枚2面)、フィルター径:40.5mm
撮影距離 約20cm〜∞、 ※レンズ先端から
ISO感度 AUTO、AUTO-HI、ISO200/ISO400/ISO800/ISO1600/ISO3200
シャッタースピード 1/3200〜180秒
連続撮影枚数([RAW]選択時) ノイズリダクションOFF/弱時:4枚、ノイズリダクション強/MAX時:3枚
動画機能 1280×720/640×480/320×240ドット、AVI形式(Motion JPEG)
最大撮影枚数 約320枚(CIPA規格準拠)
本体サイズ(WxHxD) カメラユニットのみ:68.7×57.9×50.4mm、ボディ装着時:113.9×70.2×55.6mm
重量 カメラユニットのみ:約210g、ボディ装着時:約410g (バッテリー含む)

※価格.com最安価格は2010年12月24日現在のものです

価格.comマガジン編集部/mkr

約半年ぶりの「勝手に注目」の更新となります。あらためて「勝手に注目」の趣旨を紹介しますと、「気になるモノを編集部員が勝手にレビュー!」と銘打ちまして、話題性や人気などはあまり考慮せずに、価格.comマガジン編集部員が個別に注目する製品や機能をレビュー・紹介する企画となっております。今後は(2011年は)、「勝手に注目」の更新頻度をもっと高めていきたいと思います。ご期待ください。

ページの先頭へ