特別企画 - 商品選びに役立つ旬な情報をお届け! -

【特別企画 No.287】 

価格・デザイン・性能で魅力的なモデルが勢ぞろい! マイクロフォーサーズカメラ特集

マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラは、オリンパスとパナソニックの2社が製品を展開している。マイクロフォーサーズ規格は、フランジバックの長さを短くしたり、マウント径を小さくするなど、ミラー構造をなくすことを前提にして誕生した規格で、交換レンズを含めたカメラシステム全体を小型・軽量にできるのが特徴だ。実際、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼は、レンズ交換式としてはコンパクトなものばかりとなっている。また、デザインや機能で個性のあるモデルがそろっているのも特徴。ここでは、そんなマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼の中から、「価格」「デザイン」「性能」の3つのポイントで厳選した5モデルを紹介したい。あわせて、フォーサーズセンサーを搭載したコンデジ「LUMIX LX100」も紹介しよう。


記事:価格.comマガジン編集部 真柄利行

コストパフォーマンスで選ぶならコレ オリンパス「PEN Lite E-PL6」

「PEN Lite E-PL6」のホワイトカラーモデル

オリンパスのミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN」シリーズは、往年のハーフサイズ銀塩カメラ「PEN」シリーズを彷彿とさせる高級感のあるコンパクトボディに、高画質・高機能を詰め込んだマイクロフォーサーズ機。

「PEN Lite E-PL6」は、そのエントリーラインとなる「PEN Lite」の下位モデルだ。下位モデルではあるものの性能は高く、オートフォーカスシステムには、「OM-D E-M5」などの上位モデルも搭載している35点の「FAST AF」を採用。画質スペックも高く、OM-D E-M5と同じ有効1605万画素のLive MOS センサーと画像処理エンジン「Truepic VI」を採用している。感度はISO200〜ISO25600に対応し、ISO LOW(ISO100相当)を選択することも可能だ。

液晶モニターには、タッチAFシャッター対応のチルト可動式3.0型タッチパネル液晶モニター(約46万ドット)を採用。上に約170度回転できるのが特徴で、モニターを上方向にクルッと回転させて画面をタッチすることで“自分撮り”を楽しむこともできる。最高シャッタースピードは1/4000秒。もちろん、オリンパスのデジタルカメラらしく、センサーシフト式のボディ内手ぶれ補正機能も装備している。このほか、全12種類のアートフィルター機能やインターバル撮影機能、タイムラプス動画機能なども搭載。カラーバリエーションはホワイト、ブラック、シルバー、レッドの4色。

これだけの高い性能・機能を持ちながらも、発売から1年半が経過したこともあって、価格はかなり安くなっている。特に、2013年6月発売のレンズキット/ダブルズームキットに注目。付属の標準ズームレンズが電動タイプではない「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」になるものの、2014年12月25日時点での価格.com最安価格は、レンズキットが30,000円程度、ダブルズームキットが40,000円と、ほぼ底値に近い状況になっている。ボディカラーによっては家電量販店で在庫がなくなっているものもあるので、確実に手に入れたいのなら、この年末・年始に購入しておきたいところだ。ちなみに、電動ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」が付属するものは、レンズキットが49,000円程度、ダブルズームキットが5,7000円程度(いずれも、2014年12月25日時点での価格.com最安価格)となっている

なお、PEN Lite E-PL6の上位モデルとして「PEN Lite E-PL7」も用意されている。2014年9月発売の最新機種で、画像処理エンジンがフラッグシップモデル「OM-D E-M1」と同じ「TruePic VII」になったほか、オートフォーカスシステムも81点のFAST AFに進化するなど、基本性能が向上している。さらに、モニターが下開きになったほか、Wi-Fi機能などの機能強化も図られている。

PEN Lite E-PL6の背面。液晶モニターは、チルト可動式の3.0型タッチパネルタイプ(約46万ドット)

液晶モニターは上方向に約170度回転する。フラッシュ内蔵タイプではないが、外付けフラッシュ「FL-LM1」が同梱されている

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、シルバー、レッドの4色

PEN Lite E-PL6のラインアップ

製品 価格.com最安価格 付属レンズ
PEN Lite E-PL6 ボディ
PEN Lite E-PL6 レンズキット 44,780 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
PEN Lite E-PL6 14-42mm EZ レンズキット 43,800 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
PEN Lite E-PL6 EZ ダブルズームキット 49,980 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

超小型ボディを実現したロングセラー パナソニック「LUMIX GM1」

「LUMIX GM1」のオレンジカラーモデル

超小型のミラーレス一眼カメラとしてロングセラーになっている、パナソニックのマイクロフォーサーズ機。2013年11月の発売から約1年間、価格.comの「デジタル一眼カメラ」カテゴリーで上位をキープしている人気モデルだ。

とにかくコンパクトなのが魅力で、そのボディサイズは98.5(幅)×54.9(高さ)×30.4(奥行)mm。重量は約204g(バッテリー、メモリーカード含む)。まさに手のひらサイズのミラーレス一眼となっている。付属レンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」も、奥行約24mm(沈胴時)・重量約70gの小型・軽量タイプで、このレンズを装着した状態でもカメラ全体の重量は約273.5gと、非常に軽い。液晶モニターは、3.0型タッチパネル液晶(約104万ドット)。コンパクトボディだがWi-Fi機能も内蔵している。

画質面では、上位モデル「LUMIX GX7」と同様に、有効1600万画素の4/3型Live MOSセンサーと、画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」を採用。対応する感度もLUMIX GX7と同スペックで、ISO200〜ISO25600を利用できる。拡張設定でISO125も選択可能。さらに、センサー駆動、レンズ制御ともに240fps(※装着するレンズによる。付属レンズは対応)駆動となっており、LUMIX GX7と同レベルのオートフォーカス性能も実現。低照度環境でもピント合わせができる「ローライトAF」を強化しており、AF測距検出範囲の低輝度限界は「-4EV」と非常に高性能だ(こちらもLUMIX GX7と同性能)。

注意点はシャッタースピードで、小型・軽量化を優先したため、通常のミラーレス一眼カメラとは異なる仕様になっている。最高1/16000秒のシャッタースピードに対応しているが、1/500秒まではメカシャッター(電子先幕)で、1/500秒以上では電子シャッターとなる。また、フラッシュ同調速度は1/50秒と遅く、日中シンクロなどの利用には向かないと考えてもらっていい。その点を割り切って(シンクロ撮影はしないと割り切って)、スナップや旅行用としてこのカメラを選ぶのはアリだ。価格.com最安価格(2014年12月25日時点)では、ブラック、シルバー、ホワイト、オレンジのカラーバリエーションによって価格が異なっているものの、4万円台から手に入れることが可能と、コストパフォーマンスも高い。

なお、パナソニックは、LUMIX GM1の派生モデルとして、ブルーとブラウンのカラーバリエーションが用意される「LUMIX GM1S」も展開。ボディカラーの変更だけでなく、短い動画をスマートフォンに転送してショートムービーを作成できる「スナップムービーモード」などの機能強化も図られている。

関連記事

ボディサイズは98.5(幅)×54.9(高さ)×30.4(奥行)mmで、重量は約204g(バッテリー、メモリーカード含む)。液晶モニターは、3.0型タッチパネル液晶(約104万ドット)

レンズキットに付属する標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」は、LUMIX GM1用に開発された製品。ボディサイズにマッチするように、奥行約24mm(沈胴時)で重量約70gにまで小型・軽量化されている。なお、ラインアップとして用意されるのはレンズキットのみとなっている

オレンジ、ブラック、ホワイト、シルバーのカラーバリエーションを用意

LUMIX GM1のラインアップ

製品 価格.com最安価格 付属レンズ
LUMIX DMC-GM1K レンズキット 47,169 LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

性能と価格のバランスにすぐれた本格派 オリンパス「OM-D E-M10」

「OM-D E-M10」のシルバーカラーモデル

往年のフィルム一眼レフ「OMシリーズ」の小型・軽量設計を継承した、オリンパス「OLYMPUS OM-D」シリーズは、電子ビューファインダー(EVF)を搭載する本格派の小型ミラーレス一眼として人気の高い製品だ。

「OM-D E-M10」は、OM-Dシリーズのエントリーモデルで、上位モデルゆずりの性能・機能を多数搭載するのが特徴。EVFには、上位モデル「OM-D E-M5」ゆずりの約144万ドットファインダーを採用。倍率約1.15倍の大型ファインダーに仕上がっている。また、フラッグシップモデル「OM-D E-M1」のEVFに採用された「キャッツアイコントロール」を搭載し、ファインダー内での自然な見え方を実現しているのも特徴だ。

操作性では、上位モデルゆずりの2ダイヤルを採用するのがポイント。1ボタン/2ダイヤルで直感的に操作できる「クリエイティブコントロール」にも対応している。画質性能では、E-M5から継承した有効1605万画素のLive MOSセンサーと、E-M1と同じ画像処理エンジン「TruePicZ」を搭載。独自の画像処理技術「ファインディテールU」により、クリアで高い解像度を実現する。エメラルドグリーンやイエローなどの特定色をより忠実に再現する「リアルカラーテクノロジー」も備わっている。感度は、ISO200〜ISO25600に対応し、LOW(ISO100相当)も選択できる。ボディ内手ブレ補正は、E-M1にも搭載されているVCM方式を使った「3軸VCM手ぶれ補正機構」で、縦横方向の角度ブレだけでなく、光軸回転ブレを含む3軸を補正し、補正効果は3.5段分となっている。

さらに、オートフォーカスシステムには、81点の「FAST AF」を採用。C-AFモード時の被写体捕捉アルゴリズムを改善することで、従来よりも動体撮影での追従精度が向上している。連写も高速で、ピント1コマ目固定であれば最高約8コマ/秒で撮影できる(AF追従時は最高約3.5コマ/秒)。シャッタースピードは最高1/4000秒。液晶モニターは、タッチAFシャッター対応のチルト可動式3.0型タッチパネル液晶(約104万ドット)。ボディサイズは119.1(幅)×82.3(高さ)×45.9(奥行)mm(突起部含まず)で、重量は約396g(付属充バッテリーおよびメモリーカード含む、アイカップなし)と、性能を考慮すると小型・軽量にまとまっている。Wi-Fi機能も内蔵。

価格.com最安価格(2014年12月25日時点)を見ると、価格は、ボディ単体が57,000円程度で、レンズキットが68,000円程度。性能を考慮するとコストパフォーマンスは高い。より安価にEVFを使った本格的な撮影を楽しみたいという方に適したマイクロフォーサーズ機ではないだろうか。

約144万ドットの高性能EVFと、タッチAFシャッター対応のチルト可動式3.0型タッチパネル液晶(約104万ドット)を採用

コンパクトなミラーレス一眼としては珍しくダイヤルを2つ装備。1ボタン/2ダイヤルで直感的に操作できる「クリエイティブコントロール」に対応している

カラーバリエーションはシルバーとブラック

OM-D E-M10のラインアップ

製品 価格.com最安価格 付属レンズ
OM-D E-M10 ボディ 45,800
OM-D E-M10 14-42mm EZ レンズキット 73,000 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
OM-D E-M10 EZダブルズームキット 68,900 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
OM-D E-M10 Limited Edition Kit M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ


ページの先頭へ