連載 - ライター・編集部員による定期連載 -

【連載】注目製品○×レビュー 第11回 

キヤノン「EOS M2」 ― 小型APS-Cミラーレスの実力をあらためて評価 ―

発売から約1年が経過したこの年末になって、価格が落ち着いてきたこともあってか、キヤノンのミラーレス一眼カメラ「EOS M2」の人気がじわじわと高まってきている。ユーザーレビューやクチコミ掲示板で、すでに多くの価格.comユーザーから評価を受けている製品ではあるが、今回の注目製品○×レビューでは、この年末に人気を集めそうなEOS M2を取り上げて評価してみたい。あわせて、GANREFと価格.comのユーザーが参加したキヤノンEOS M2セミナー&体験会の様子もお伝えしよう。


なお、EOS M2の特徴(従来からの進化点)は、製品発表時の新製品レポート『“EOS Kiss X7相当”に進化を遂げた新型ミラーレス「EOS M2」』をご確認いただきたい。


撮影・記事:価格.comマガジン編集部 真柄利行

イベント取材:価格.comマガジン編集部 三浦善弘

2013年12月20日発売のEOS M2。カラーバリエーションは写真のベイブルーのほか、レッド、ホワイト、ブラックが用意されている(ボディ単体はブラックのみ)

○(いいところ)
コンパクトボディにEOSの高画質性能を搭載

・しっかりとした作りのコンパクトボディ
・純正のマウントアダプターでEFレンズ/EF-Sレンズを装着できる
・EOS Kiss X7と同等の画質性能を実現

EOS M2は、APS-Cサイズの大型センサーを搭載するミラーレス一眼カメラとしては、非常にコンパクトなボディにまとまっている。ボディサイズは約104.9(幅)×65.2(高さ)×31.6(奥行)mmで、重量は約274g(バッテリーパック、カード含む)。同じくAPS-Cセンサーを搭載するミラーレス一眼を見ると、他メーカーの製品では、ソニーのα5100/α5000がコンパクトなモデルとなっているが、こちらのサイズは109.6(幅)×62.8(高さ)×35.7(奥行) mmで、重量はα5100が約283g、α5000が約269g(バッテリーとメモリースティックPROデュオ含む)。こうしてサイズ・重量を比較してみても、EOS M2は、α5100/α5000と同等かそれ以上のコンパクトさを実現しているのがわかる。APS-Cミラーレス一眼としてクラス最小レベルのコンパクトボディと言っていいだろう。このサイズ感で、大型のAPS-Cセンサーを生かしたボケ味のある写真を楽しめるのが、このミラーレス一眼の最大の魅力だ。

EOS M2のボディサイズは約104.9(幅)×65.2(高さ)×31.6(奥行)mmで、重量は約274g(バッテリーパック、カード含む)。手のひらサイズのコンパクトミラーレスだ

横から見てもこの通りで、かなり小さなカメラであることがわかる(装着しているレンズはEF-M22mm F2 STM)

APS-CサイズのCMOSセンサー(有効約1800万画素)を採用

交換レンズにもコンパクトな設計を採用している。2014年12月9日時点では、専用のEF-Mレンズとして、広角ズームレンズのEF-M11-22mm F4-5.6 IS STM、標準ズームレンズのEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM、望遠ズームレンズのEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM、単焦点レンズのEF-M22mm F2 STMの4本が用意されているが、いずれも最大径60.9mmで設計されており、システムとしての統一感もある。

2014年12月9日時点で計4本のレンズを用意。いずれも、最大径60.9mmで設計されている

使ってみて感心したのが、エントリー向けのミラーレス一眼であるにもかかわらず、ボディの作りがしっかりしていることだ。コンパクトな筐体だが、ボディは全体的に剛性が高く、マウント部もしっかりと作られている。このあたりの作りのよさは、キヤノン製デジタル一眼レフ用のEFレンズ/EF-Sレンズを装着することを想定した設計になっていることが大きいのだろう。EFレンズ/EF-Sレンズを装着するためのマウントアダプターEF-EOS Mが用意されており、これを使って大型のEFレンズをEOS M2に装着しても、マウントがガタつくようなことはない。堅牢性にすぐれるコンパクトカメラだ。

マウントアダプターEF-EOS Mを使って、EFレンズ「EF24-105mm F4L IS USM」を装着してみたイメージ

そして見逃せないのが画質だ。EOS M2は、コンパクトボディに、エントリー向けデジタル一眼レフEOS Kiss X7と同じAPS-Cサイズの有効約1800万画素 CMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC 5」を搭載しており、同等の画質が楽しめるようになっている。EOS Kiss X7と比べても画質にそん色はない。忠実なホワイトバランスをベースに、EOSシリーズらしい発色のよさを楽しめるカメラだ。感度はISO100〜ISO12800、拡張設定でH(ISO25600相当)に対応しており、高感度にも強い。4本のレンズの性能も高く、特に、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMとEF-M22mm F2 STMの描写がすばらしい。EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMは超広角ズームレンズながら、画像の周辺部までシャープな写りをする。EF-M22mm F2 STMは、35mm判換算で35mm相当の広角・単焦点レンズで開放からキレのよい描写が得られる。ボケ味もキレイなレンズだ。

操作性については、小型・軽量なミラーレス一眼らしく、シンプルな仕様になっている。シャッターボタンと一体化した撮影モードダイヤルを採用するなど、ボタンやダイヤルを極力なくしているのが特徴だ。ボタン類は少ないが、タッチパネル対応の液晶モニター(3:2表示の3.0型。約104万ドット)を採用していることが大きく、絞り値や感度など、撮影画面に表示されるアイコンをタッチしながら設定を変更できるので、比較的スムーズな操作が行える。タッチフォーカス/タッチシャッターにも対応しており、AFフレームの位置をタッチ操作で変更できるも便利だ。

シャッターボタンと一体化した撮影モードダイヤルなど、シンプルな操作性を採用

タッチフォーカス/タッチシャッターに対応

×(気になるところ)
中上級向けの機能や操作性がややもの足りない

・動体撮影時のオートフォーカス性能(サーボAFの被写体追従性)
・グリップがなくホールド感が得にくい
・オプションとして外付けEVFが用意されていない

EOS M2を使ってみて気になったのは、中上級向けの機能や操作性がややもの足りないところだ。エントリー向けのカメラであり、極力シンプルな操作性を狙って開発されているため、細かいところを気にする製品ではないのかもしれない。だが、EOSシリーズの高画質が楽しめるコンパクトカメラであり、使ってみてその画質のよさを実感すると、あれこれと欲が出てしまう。

なかでも、もっとも気になったのは、静止画撮影時のオートフォーカス。EOS Kiss X7と同様、横約80%・縦約80%のエリアで像面位相差AFに対応する「ハイブリッド CMOS AF II」を採用しており、ワンショットAF時の合焦速度については及第点で、逆光時やコントラストが低い被写体に対してピントが合わせにくいといったコントラストAF特有のクセはあるものの、止まっている被写体をワンショット撮影する分には、速度でそれほどのストレスは感じない。欲を言えばAFフレームの枠の大きさを変更できるようにしてほしかったが、合焦速度は、従来モデルEOS Mと比べて速くなっている。ただし、ピントを合わせ続ける「サーボAF」を使って動く被写体を追従撮影する場合には、正直なところストレスを感じる。ミラーレス一眼カメラ全体の中ではけっして性能が低いというわけではないのだが、ソニーのα6000/α5100など、被写体追従性の高さをウリにする新型のミラーレス一眼と比べると、特に初動のレスポンスで見劣りする。人物の顔を追尾する以外に被写体をトラッキングする機能(被写体を追いかけて自動で測距点を変更する機能)がないのも見劣りする部分だ。まだまだ改善の余地があると思う。

コンパクトさとのトレードオフになっている部分ではあるが、しっかりとしたグリップがないため、撮影時にホールド感が得にくいのも撮影していて気になった点だ(指の引っかかり部はあるので、極端に撮影がしにくいというわけではないのだが)。システムとしては、外付けストロボを利用できるものの(各レンズキットにはスピードライト 90EXが付属)、EVFが用意されていないのは少し不満が残る。晴天時に海岸沿いで撮影をしていみたが、背面モニターでは被写体を確認しにくくEVFを使いたいと感じた。また、モニターについては、コンパクトボディでスナップ撮影に適したカメラであるうえ、タッチフォーカス/タッチシャッター操作に対応しているため、欲を言えば可動式タイプであれば、もっと撮影がしやすかったのではないだろうか。

指を引っかけておける突起が用意されている

各レンズキットにはスピードライト 90EXが付属する

なお、EOS M2に対してはバッテリー性能の低さを指摘する声もあるが、今回のレビューでは、気になるところとしては取り上げない。確かに、スペック上の撮影可能枚数は約230枚と、光学ファインダーを搭載するデジタル一眼レフと比べると差はある。撮影のスタイルにもよるが、スナップ撮影を続ける場合は持って半日程度といったところ。このカメラを1日フル活用したい場合は、バッテリーの予備は必須だ。ただし、背面モニターで常時ライブビュー撮影を行う小型ミラーレス一眼としては許容範囲で、他のミラーレス一眼と比べても大きく見劣りするわけではない。

まとめ

EOS M2の最大の魅力は、APS-Cミラーレス一眼としてクラス最小となるコンパクトボディに、EOSシリーズのデジタル一眼レフと同等の高画質性能を搭載していることだ。オートフォーカスについても、ワンショットAFであれば十分なスピードを実現しており、ストレスなく撮影ができる。撮影後に画面がブラックアウトする時間が短くなっているなど、レスポンスも向上しており、キビキビと撮影を続けられる。こうした特徴を踏まえると、EOS M2は、気軽なスナップ撮影用や旅行用に適したコンパクトミラーレスと言えるだろう。

純正のマウントアダプターを使ってEFレンズ/EF-Sレンズを装着して利用できるので、EOSシリーズのデジタル一眼レフのサブ機として利用しやすいのも見逃せないポイント。同時に、シンプルな操作性で難しい操作をしなくても撮影ができるので、はじめてのミラーレス一眼にも適したカメラである。

販売価格にも注目で、2013年12月20日の発売から約1年が経過したこともあって、EOS M2はかなりお買い得な製品になっている。価格.com最安価格(2014年12月9日時点)を見ると、ボディ単体は44,000円程度、EF-M18-55 IS STM レンズキットが46,000円程度、ダブルレンズキットが55,000円程度、ダブルズームキットが62,000円程度、トリプルレンズキットが79,000円程度だ。そのうえで、2015年1月13日までの購入であれば、キヤノンのキャッシュバックキャンペーン「スリースター・キャンペーン」の対象となる。このキャンペーンでは、EOS M2のボディ単体とEF-M18-55 IS STM レンズキットは3,000円、ダブルレンズキット、ダブルズームキット、トリプルレンズキットキットは7,000円のキャッシュバックの対象となっている。この年末・年始であれば、キャッシュバックキャンペーンを利用してお得に手に入れることが可能だ。

銀座でスナップ! 価格.comユーザーが参加したEOS M2セミナー&体験会をレポート

最後に、2014年12月6日に開催されたキヤノンEOS M2セミナー&体験会の様子をレポートしたい。GANREFと価格.comのユーザーの合計13名が参加し、講師の写真家・鶴巻育子先生が4本のEF-Mレンズの特色に合わせたスナップ写真の撮り方を教わった。その後、鶴巻先生といっしょに東京銀座の街を撮影しながら歩いた。参加者は積極的に鶴巻先生にアドバイスを求めるなど、体験会は大いに盛り上がった。

参加者の大半は、EOS 6DやEOS 70Dなどデジタル一眼レフカメラユーザーだが、コンパクトなミラーレス一眼カメラのEOS M2に興味があり、今回の体験会に応募したという。実際にEOS M2を使ってみて、「サブ機として使える実力がある」「一眼レフよりも軽くて、スナップ撮影はEOS M2のほうが絶対にいい」と高く評価していた。また、EOS Mを所有している参加者は、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMの購入を検討しており、「今回実際に試せてよかった。思ったよりも面白い写真が撮れました」と話してくれた。

鶴巻先生は、旅行などでEOS M2を使って撮影しており、お店の中で料理を撮るときなどに重宝しているとのこと。4本のEF-Mレンズもコンパクトなのはもちろん、それぞれ個性があって、シーンや被写体に合わせて使い分けることで、さまざまな表現を楽しめるという。また、EOS 6DなどのほかのEOSシリーズと色が同じで、EOSシリーズのデジタル一眼レフカメラと併用しても同じように作品作りができることもEOS M2ならではのポイントとして上げた。

「日本で一番EOS M2を使って写真を撮り続けていると思います!」と冒頭であいさつをする写真家の鶴巻育子先生。ライフワークで、国内海外のさまざまな街のスナップを撮影している

キヤノンEOS M2セミナー&体験会には、GANREFユーザーと価格.comユーザーの合計13名が参加した

実際に銀座でスナップ写真を楽しむ参加者。クリスマスが近づき、活気あふれる銀座の街で思い思いにEOS M2のシャッターを切っていた

体験会の最後は、参加者が撮影したスナップ写真を全員で講評。短い撮影時間だったが、参加者全員が納得のいく1枚を撮影できたようだ


関連記事

EOS M2のラインアップ

製品 価格.com最安価格 付属レンズ
EOS M2 ボディ
EOS M2 EF-M18-55 IS STM レンズキット EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EOS M2 ダブルレンズキット 49,980 EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-M22mm F2 STM
EOS M2 ダブルズームキット EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
EOS M2 トリプルレンズキット EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM、EF-M22mm F2 STM

ページの先頭へ