新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

注目を集めそうな小型・軽量ミラーレス一眼が登場 

ソニー「α5100」は人気「α6000」の性能を搭載した“高性能エントリー”!

ソニーのエントリー向けミラーレス一眼の新モデル「α5100」

ソニーは2014年8月19日、APS-Cサイズのセンサーを搭載するミラーレス一眼カメラの新モデル「α5100」を発表した。2013年9月発売の「NEX-5T」の後継に位置付けられる機種で、現行ラインアップでは「α5000」と「α6000」の間に入るエントリーモデルだ。ただし、エントリーモデルではあるものの、画質やオートフォーカスで上位モデル「α6000」の基本性能を継承しており、充実したスペックのカメラに仕上がっている。


ラインアップされるのは、ボディ単体(ブラックのみ)のほか、標準ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」が付属するパワーズームレンズキット、標準ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」と望遠ズームレンズ「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」が付属するダブルズームレンズキット。市場想定価格は、ボディ単体が55,000円前後、パワーズームレンズキットが70,000円前後、ダブルズームレンズキットが90,000円前後(いずれも税抜)。発売予定は9月5日となっている。


ここでは、「α5100」のベータ機を用いて、従来モデル「NEX-5T」や上位モデル「α6000」などと比較しながら特徴を紹介していこう。


記事:価格.comマガジン編集部 mkr

「α5000」のコンパクトボディに「α6000」の基本性能を搭載

軽量な「α5000」とほぼ同じデザインを採用。モニターは上方向180度の可動に対応

今回発表になったミラーレス一眼カメラ「α5100」は、高速オートフォーカスを搭載した上位モデル「α6000」の下位、2014年2月発売の「α5000」の上位に位置するエントリーモデルだ。エントリーモデルではあるものの、「α6000」の基本性能を引き継いでおり、エントリー機としては高い性能を誇る1台である。簡単に言うと、「α5000」のコンパクトボディに、「α6000」の画質とオートフォーカスの性能を投入したカメラとなっている。

「α5100」のボディデザインは、「α5000」とほぼ同じ。サイズは109.6(幅)×62.8(高さ)×35.7(奥行) mmで、「α5000」とまったく変わらない。重量は約283g(バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む)で、軽量ボディがウリの「α5000」よりも約14g重くなっているが、APS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼としては非常に小型で軽いボディとなってる。

ボディ周りで従来モデル「NEX-5T」からの変更点となるのはフラッシュ。「α5000」と同様、ガイドナンバー4(ISO100・m)の内蔵フラッシュを搭載するようになった。また、約92.1万ドット・3型のチルト可能式液晶モニターは、「NEX-5T」では上180度・下50度の上下方向に対応していたが、「α5000」と同じく、上方向に180度のみの可動となっている。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブラウンの3色で、従来のシルバーがブラウンに置き換わっている。

「α5100」のボディサイズは109.6(幅)×62.8(高さ)×35.7(奥行) mmで、重量は約283g(バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む)。「α5000」と同サイズで約14g重いボディとなっている

外観デザインは「α5000」とほぼ同じ。対応バッテリーは、従来モデル「NEX-5T」や「α6000」「α5000」などと同じ「NP-FW50」で、撮影可能枚数は約400枚となっている。ちなみに、「NEX-5T」は約330枚、「α5000」は420枚、「α6000」は約360枚(液晶モニター使用時)

ガイドナンバー4(ISO100・m)の内蔵フラッシュを搭載

対応する記録メディアは、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)、メモリースティック PRO/PRO-HG/XC-HG デュオ

上方向に180度動かせる3型チルト可能式液晶モニター(約92.1万ドット)を採用。自分撮り用のセルフタイマー機能を利用できる

カラーバリエーションはブラック、ホワイト(左)、ブラウン(右)の3色

「α6000」と同様の2430万画素CMOSセンサーと映像処理エンジンを搭載

「α5100」のセンサーと画像処理エンジンの組み合わせは、上位モデル「α6000」と同一だ。APS-Cサイズの有効約2430万画素センサー("Exmor"CMOSセンサー)と、フルサイズ機「α7」にも採用されている画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載している。センサーは、周辺部での集光効率を高めるギャップレスオンチップレンズ構造や、RGBのカラーフィルターなどを採用し、「α6000」とまったく同じ内容だ。ちなみに、「α6000」は"Exmor"APS HD CMOSセンサー、「α5100」は"Exmor"CMOSセンサーと、センサーの名称が異なっているが性能・機能は変わらないとのことだ。「BIONZ X」も、「ディテールリプロダクション技術」や「回折低減処理」「エリア分割ノイズリダクション」といった独自技術を搭載し、「α6000」と変わらない。感度もISO100〜ISO25600に対応しており、「α6000」と同じだ。細かいチューニングの違いはあるかもしれないが、「α6000」と同じクオリティの画質が得られると考えていいだろう。

APS-Cサイズ有効の約2430万画素"Exmor"CMOSセンサーを採用

感度はISO100〜ISO25600に対応。オート感度の上限と下限も設定できる

「α6000」ゆずりの高性能オートフォーカスを搭載。連写は「連写が継続する時間」に注目

「α5100」は、オートフォーカス性能についても、上位モデル「α6000」の同じものを搭載。画面のほぼ全域をカバーする179点の位相差AFセンサーと25点のコントラストAFによる「ファストハイブリッドAF」を採用し、合焦時間0.07秒という高速オートフォーカスを実現している。「α6000」は0.06秒のスピードであるため、わずかに遅くなっているが、これは、液晶モニターと電子ビューファインダー(EVF)の違いによるもの。液晶モニターよりもEVFのほうがわずかに処理が速くなるため、EVF非搭載でモニターでの計測となった「α5100」と、EVFでの計測となった「α6000」で0.01秒の違いが生まれたとのこと。オートフォーカス機構そのものの性能については、両モデルで差はないとのことだ。

「α6000」のオートフォーカスは、速度だけでなく追従性の高さでも定評がある。それと同じものを搭載する「α5100」は、ベータ機を試用した限りでは、従来モデル「NEX-5T」や下位モデル「α5000」のオートフォーカス性能を上回っていると感じた。従来モデル「NEX-5T」と比べると、位相差AFの測距点数が99点から179点にアップしており、より広いエリアで高速かつ追従性の高いオートフォーカスが利用できるようになっている。下位モデル「α5000」は25点のコントラストAFのみとなっており、「α5100」のほうが速度・追従性ともに間違いなく上回っている。

さらに、オートフォーカスの機能性についても向上している。フォーカスエリアとして「ゾーン」「中央重点」「フレキシブルスポット(S/M/L)」を選択できるほか、フォーカスモードには、シングルAFとコンティニュアスAFを自動で切り替える「AF-A」も追加されている。このほか、「ロックオンAF」や「瞳AF」なども利用できる。

また、「α5100」の連写性能ついては、オートフォーカス追従で最高約6コマ/秒となっている。「NEX-5T」の最高約10コマ/秒(速度優先連続撮影時)、「α6000」の最高約11コマ/秒と比べてスペックは落ちるが、これは、ボディのコンパクトさを優先した結果とのこと。連写性能を上げるためにはシャッター機構を大きくする必要があり、結果としてボディも大きくなってしまうとのことだ。ただし、連続撮影可能枚数は、「α5100」が56枚、「NEX-5T」が11枚、「α6000」が49枚(いずれもJPEG Lサイズ ファイン)で、スペック上の連写が続けられる時間は、「α5100」が約9秒、「NEX-5T」が約1秒、「α6000」が4〜5秒と、「α5100」がもっとも長い。一瞬のスピードでは劣るが、連写の継続性にすぐれるのがポイントだ。シャッタースピードは最高1/4000秒。ちなみに、下位モデル「α5000」は、最高約3.5コマ/秒(速度優先連続撮影時)で15枚まで(JPEG Lサイズ ファイン)というスペックになっている。

フォーカスエリアとして「ゾーン」に対応

S/M/Lの枠のサイズを選べる「フレキシブルスポット」も利用できる。「NEX-5T」ではサイズ変更はできなかった

フォーカスモードでは、シングルAFとコンティニュアスAFを自動で切り替える「AF-A」が追加された

エントリーモデルらしくシンプルな操作性を採用。タッチパネルは静電式に

操作性については、下位モデル「α5000」とほぼ同じで、エントリーモデルらしくシンプルなものになっている。撮影モードダイヤルは搭載されていないため、撮影モードの切り替えは、メニューの内部で選択するか、背面の中央ボタンを押して切り替えメニューを呼び出して選択するという操作になる(※中央ボタンは初期設定時。カスタムキー設定で割り当ての変更が可能)。メニューは、いわゆる旧NEXタイプを拡張したもので、メニューボタンを押すと「撮影設定」「カスタム設定」などがグラフィカルに表示され、掘っていく仕様となっている。ただし、メニュー内部は、ソニーの他の最新ミラーレス一眼と同様、タブで切り替えて選択する方式だ。ファンクションボタンは用意されていないが、中央ボタン、左右下ボタンなど5つのボタンの機能をカスタマイズすることはできる。

「α5100」の操作性のポイントは、従来モデル「NEX-5T」では感圧式だったタッチパネル液晶が静電式になったこと。従来よりもタッチの感度が向上し、操作感が向上している。ただし、「NEX-5T」とは異なり、タッチ操作に対応しているのは、タッチシャッターとタッチフォーカス(※「ロックオンAF」の被写体選択)のみで、メニューなどの操作は非対応となっている。ちなみに、下位モデル「α5000」と上位モデル「α6000」は、タッチパネル液晶を採用していない。

静電式のタッチパネル液晶を採用。タッチシャッターとタッチフォーカスの利用が可能

メニューは旧NEXを拡張したもので、中はタブで切り替えられるようになっている

初期設定では中央ボタンを押すことで撮影モードの切り替えメニューをダイレクトに呼び出せる

カスタムキー設定で、中央ボタン、左右下ボタン、?ボタンの機能を変更できる


このほか、「α5100」は、上位モデル「α6000」などに搭載されているゼブラ表示機能(白飛び表示機能)を搭載。1080/60p対応の動画撮影は、AVCHD、MP4に加えて、XAVC Sフォーマットでの記録が可能。XAVC Sでは、ビットレート約50Mbpsでの1080/60p、30p、24p記録が可能となっている。また、動画撮影時のAF駆動速度とAF追従感度を調整することもできる。アプリを追加して機能を強化できる「PlayMemories Camera Apps」や、スマートフォンとワイヤレスで連携ができるWi-Fi/NFCも搭載している。

撮影画面に白飛び部をゼブラで表示する機能を搭載。輝度レベルの範囲を細かく設定できる

動画撮影は、XAVC Sフォーマットでの記録に対応

動画撮影時のAF駆動速度とAF追従感度を調整できる

「PlayMemories Camera Apps」、Wi-Fi/NFCにも対応。

タッチシャッター対応の「α5100」、EVF搭載で操作性にすぐれる「α6000」

「α5100」は、「α6000」と同じ画質性能とオートフォーカス性能を搭載しており、エントリー機ながらも中級機に匹敵するスペックのミラーレス一眼カメラだ。高コストパフォーマンスで人気の「α6000」と同じく、性能・機能と価格のバランスがよく、お買い得感の高いカメラとして人気を集めそうだ。

「α6000」と基本性能で差がないため、「α5100」と「α6000」のどちらを選ぶかは難しいところがあるが、「α5100」は、タッチパネル液晶を搭載し、タッチシャッターに対応しているのがポイント。コンパクトなボディも魅力だ。ただし、EVFは非搭載で、操作性もシンプルなものになっている。いっぽうの「α6000」は、明るい屋外でも視認性を確保できるEVFを搭載するほか、ボディ上面に撮影モードダイヤルやコントロールダイヤルを装備。ファンクションメニューでのダイレクトな設定変更も可能で、中級機らしく扱いやすい操作性となっている。こうした違いをチェックすると、「α5000」は、初めてのデジタル一眼カメラに適した高性能なエントリー機で、「α6000」は、より本格的な撮影に対応できる中級機であることがわかる。製品選びの際には、このあたりの違いを考慮して、予算とニーズに合ったほうを選んでいただければと思う。

なお、ソニーは今後、「αブランド」のミラーレス一眼については、フルサイズ機を「α7」、ミドルクラスのAPS-C機を「α6000」、エントリーからミドルクラスを「α5000」の各シリーズで展開していくとのこと。高級コンデジ「サイバーショット RX100」シリーズのように、シリーズ名を継承しながら新モデルをリリースしていく予定とのことだ。

α5100 ボディ(ブラックのみ)

α5100 ボディ(ブラックのみ)

価格.com最安価格 49,800

ページの先頭へ