特別企画 - 商品選びに役立つ旬な情報をお届け! -

1/1.7型サイズ以上の撮像素子とF1.8の明るいレンズを搭載 

予算は3万円台! お買い得な高級コンパクトデジカメ厳選6機種

ここ数年、デジタルカメラ市場で人気の高級コンパクトデジカメ。厳密な定義はないが、1/1.7型サイズ以上の撮像素子と高性能な明るいレンズを搭載したモデルを指すことが多い。撮像素子が1/2.3型サイズのコンパクトデジタルカメラや、スマートフォンでは難しい大きなぼけのある表現が楽しめたり、薄暗い室内や夜景でもノイズの少ない写真を撮影したりできるのが特徴だ。“高級”というだけあって、1.0型サイズなど、大型の撮像素子を搭載したモデルは価格.com最安価格でも5万円以上するものが多い。夏のボーナスで高級コンパクトデジカメが欲しいが、予算も抑えたい人は、撮像素子が1/1.7型サイズの製品を選んでみてはどうだろうか。こちらなら2万〜3万円台の予算で購入できる。1.0型サイズの撮像素子を搭載したモデルにこだわるなら、旧型を検討しよう。今回は、ボーナス商戦企画として、お買い得な高級コンパクトデジカメの人気モデルを紹介したい。


記事:価格.comマガジン編集部 MIURA☆

 

リコーイメージング「PENTAX MX-1」
クラシカルなデザインに望遠端でも明るい大口径レンズを搭載

大口径の4倍ズームレンズを搭載したペンタックスブランド初の高級コンパクトデジカメ。直線的でクラシカルなフォルム、銀塩一眼レフカメラ「MX」と同じ書体のロゴ、真鍮を使ったトップカバーとボトムカバーなど、こだわりのつまった1台だ。発売から約1年が経過し、値ごろ感が高まってきたことから、価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリーの売れ筋ランキングでも上位に入るようになってきた。2014年6月10日時点では他社の人気モデルを抑えて2位に入っている。価格.com最安価格は28,480円(2014年6月10日時点)。


撮像素子には1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサー(有効約1200万画素)を採用。レンズは35mm判換算で広角28mm〜望遠112mm相当の画角に対応する。開放F値は広角端がF1.8、望遠端がF2.5。広角端だけでなく望遠端でも明るいレンズなのがポイントだ。手ブレ補正機構にはセンサーシフト方式の「SR(Shake Reduction)」を搭載する。1/1.7型の撮像素子を搭載した高級コンパクトデジカメとしては王道のスペックといえる。ただし、タッチパネルやコントロールリング、Wi-Fiといった機能は搭載しない。


ボディサイズは122.5(幅)×60.0(奥行)×51.5(高さ)mm、重量は391g(バッテリー、メモリーカード含む)。高級コンパクトデジカメとしては大きくて重い部類に入る。3.0型の液晶モニターは上方約90度、下方約45度可動するチルト機構付き。ボディカラーはブラック。なお、海外ではトップカバーとボトムカバーがシルバーのモデルも発売されている。

基本スペック

光学ズーム倍率 4倍
レンズ焦点距離 6.0〜24mm(35mm判換算28〜112mm)
撮像素子 1/1.7型 裏面照射型CMOSセンサー(有効約1200万画素)
感度 ISO100〜12800
シャッタースピード 1/4〜1/2000秒、最長30秒
絞り F1.8〜F2.5
液晶モニター 3.0型(約92万ドット)
バッテリー寿命 約290枚
ボディサイズ 122.5(幅)×60.0(高さ)×51.5(奥行)mm
重量 約391g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
PENTAX MX-1

PENTAX MX-1

価格.com最安価格

オリンパス「STYLUS XZ-2」
望遠端でも明るい4倍ズームレンズを搭載で抜群のコスパ

1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサーと、F1.8〜F2.5の明るい光学4倍ズームレンズを搭載する高級コンパクトデジカメ。広角端だけでなく、望遠端でもF2.5と明るいのがポイントだ。今回取り上げたモデルでは、望遠端でこれだけ明るいレンズを搭載するのはリコーイメージングの「PENTAX MX-1」と本モデルだけ。価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリーの売れ筋ランキングでも、4位に入っている(2014年6月10日時点)。


スペックは高級コンパクトデジカメの王道なのたが、2012年10月の発売直後は、それほど話題になることはなかった。その理由は、同時期に発売されたソニーの「サイバーショット DSC-RX100」に話題をさらわれたため。発売から2年ほど経過し、価格.com最安価格が3万円を切った昨年秋ごろから徐々に人気が出はじめた。2014年6月10時点の価格.com最安価格は20,407円。発売時の半額以下とかなりお買い得だ。


機能面では、オリンパスならではの、多彩な「アートフィルター」が特徴だ。同社のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D」と同じ11種類の「アートフィルター」を搭載する。操作性では、ズーム位置やISO感度を調節できる「ハイブリッドコントロールリング」を搭載。「コントロールレバー」により、クリックありとクリックなしを切り替えて、MF操作はクリックなし、ISO感度の切り替えはクリックありといった具合に使い分けられる。


ボディサイズは113.0(幅)×65.4(高さ)×48.0(奥行)mm、重量は約346g。可動式の3.0型液晶モニターでは、タッチ操作が可能だ。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

基本スペック

光学ズーム倍率 4倍
レンズ焦点距離 6〜24mm(35mm判換算28〜112mm)
撮像素子 1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー(有効約1200万画素)
感度 ISO100〜12800
シャッタースピード 60〜1/2000秒
絞り F1.8〜F2.5
液晶モニター 3.0型(約92万ドット)
バッテリー寿命 約310枚
ボディサイズ 113.0(幅)×65.4(高さ)×48.0(奥行)mm
重量 約346g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
STYLUS XZ-2

STYLUS XZ-2

価格.com最安価格

富士フイルム「FUJIFILM XQ1」
ローパスフィルターレスの2/3型「X-Trans CMOS IIセンサー」を採用

富士フイルムの「Xシリーズ」は、画質や操作性、ボディの外装の仕上がりにこだわったプレミアムなシリーズだ。レンズ交換式カメラとコンパクトデジカメがあり、「FUJIFILM XQ1」は、コンパクトデジカメの最新モデル。シンプルでコンパクトなボディに開放F1.8の明るい光学4ズームレンズを搭載する。価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリーの売れ筋ランキングでは、7位に入っている人気モデルだ(2014年6月10日時点)。価格.com最安価格は27,692円(2014年6月10日時点)。


撮像素子には上位機種である「FUJIFILM X20」と同じ、ローパスフィルターレスの2/3型「X-Trans CMOS IIセンサー」(有効1200万画素)を採用する。ローパスレス構造と絞り込み時の回折ボケやレンズ周辺部のわずかなボケを補正する「点像復元処理」により、F8などに絞り込んでも細部まで高い解像感が得られるのがポイントだ。像面位相差AFにより、0.06秒の高速AFを実現しているのも見逃せない。レンズは、35mm判換算で広角25mm〜望遠100mm相当の画角に対応する。開放F値はF1.8〜F4.9。操作性では、レンズの外周にコントロールリングを搭載。撮影モードに応じて、シャッタースピードや露出、感度などが操作できる。


ボディサイズは100.0(幅)×58.5(高さ)×33.3(奥行)mm、重量は約206g。今回ピックアップした機種の中ではスリムでコンパクトな部類に入る。ボディカラーはシボ加工が施されたブラックと、シンプルさが際立つシルバーの2色を用意する。

基本スペック

光学ズーム倍率 4倍
レンズ焦点距離 6.4〜25.6mm(35mm判換算25〜100mm)
撮像素子 2/3型 X-Trans CMOS IIセンサー(有効約1200万画素)
感度 ISO100〜12800
シャッタースピード 1/4秒〜1/3000秒(AUTO時)、30秒〜1/4000秒(全モードあわせて)
絞り F1.8〜F4.9
液晶モニター 3.0型(約92万ドット)
バッテリー寿命 約240枚
ボディサイズ 100.0(幅)×58.5(高さ)×33.3(奥行)mm
重量 約206g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
FUJIFILM XQ1

FUJIFILM XQ1

価格.com最安価格

ソニー「サイバーショット DSC-RX100」
旧型なら1.0型センサー搭載モデルが3万円台で購入可能

高級コンパクトカメラの“超”定番モデル。コンパクトデジタルカメラで主流の1/2.3型の約4倍大きな1.0型の撮像素子を搭載するのが特徴だ。2013年7月に「サイバーショット DSC-RX100 II」、2014年5月に「サイバーショット DSC-RX100 III」という新型が発売され、3世代前のモデルだが、依然として人気の1台だ。価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリーの売れ筋ランキングでは3位に入っている(2014年6月10日時点)。価格.com最安価格は37,100円(2014年6月9日時点)。今回、取り上げたモデルの中では、一番高いものの、1.0型サイズの撮像素子を搭載することを考えると、お買い得感の高い1台であり、人気があるのも納得できる。


35mm判換算で広角28mm〜望遠100mmに対応する光学3.6倍のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを搭載。広角端で開放F1.8の明るさを実現した高性能レンズだ(望遠端はF4.9)。さらに、絞り羽根は円形絞りの7枚羽根を採用。ボケ味にもこだわった仕様となっている。


気になるのは最新モデルとの違い。「サイバーショット DSC-RX100 II」は撮像素子が裏面照射型の「Exmor R」となり、ベース感度がISO125からISO160となる。最高感度は1段アップのISO12800。外付けEVFに対応したのに加え、NFC対応のWi-Fiも追加された。最新の「サイバーショット DSC-RX100 III」はレンズが広角側にシフト。35mm判換算で広角24mm〜望遠70mm相当になり、開放F値がF1.8〜F2.8へ望遠側の明るさがアップしている。さらに、EVFを内蔵したのも大きなトピックだ。ただし、その分、価格もアップしている。画質面では、さすがに新モデルには劣るが、「サイバーショット DSC-RX100」の魅力は何と言っても手ごろな価格だろう。お買い得な高級コンパクトデジカメとして、検討リストに入れておきたい1台だ。

基本スペック

光学ズーム倍率 3.6倍
レンズ焦点距離 10.4〜37.1mm(35mm判換算28〜100mm)
撮像素子 1.0型 CMOSセンサー(有効約2020万画素)
感度 ISO125〜6400
シャッタースピード 1〜1/2000秒
絞り F1.8〜F4.9
液晶モニター 3.0型(約122.9万ドット)
バッテリー寿命 約330枚
ボディサイズ 101.6(幅)×58.1(高さ)×35.8(奥行)mm
重量 約240g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

キヤノン「PowerShot S120」
F1.8の明るいレンズを搭載しつつ29mmのスリムボディ

一般的なコンパクトデジタルカメラよりも大きな1/1.7型の撮像素子と明るいレンズを搭載した高級コンパクトデジカメの先駆け的モデル「PowerShot S」シリーズの最新機種。従来モデル「PowerShot S110」でライバル機種に少しだけ劣っていたレンズ性能を高めたほか、映像エンジンに最新の「DIGIC 6」を採用したのがポイントだ。価格.com最安価格は30,664円(2014年6月10日時点)。価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリーの売れ筋ランキングで12位に入っている(2014年6月10日時点)。


レンズには、「PowerShot S110」と同様、35mm判換算で広角24mm〜望遠120mmの画角に対応する光学5倍ズームレンズを採用。広角端での開放F値がF2.0からF1.8にスペックアップしているのが特徴だ。通常、明るいレンズを搭載するとボディサイズが大きくなりがちだが、「PowerShot S120」では従来とそれほど変わらないコンパクトボディを実現している。ボディサイズは100.2(幅)× 59.0(高さ)× 29.0(奥行)mm、重量は約217g。特にスリムさが際立っており、これならポケットにもすっきりと収まる。3.0型の液晶モニターは稼働しないタイプだが、タッチ操作に対応してドット数もアップしている。


映像エンジンには最新の「DIGIC 6」を採用。静止画では解像感がアップし、高感度性能も向上している。連写性能も最大12.1枚/秒にアップしているのも見逃せない。撮像素子は有効1210万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを採用する。動画機能は60pでのフルハイビジョン動画の記録が可能だ。撮影機能にはユニークな「星空モード」を搭載。マニュアルで調整しなくてもカメラまかせで星空を撮影できるモードで、「星空夜景」「星空軌跡」「星空インターバル動画」の3種類の設定を用意する。ボディカラーはブラックとシルバーの2色を用意する。

基本スペック

光学ズーム倍率 5倍
レンズ焦点距離 5.2〜26.0mm(35mm判換算24〜120mm)
撮像素子 1/1.7型 裏面照射型CMOSセンサー(有効約1210万画素)
感度 ISO80〜3200
シャッタースピード 1〜1/2500秒
絞り F1.8〜F5.7
モニター 3.0型(約92万ドット)
バッテリー寿命 約230枚
ボディサイズ 100.2(幅)×59.0(高さ)×29.0(奥行)mm
重量 約217g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
PowerShot S120

PowerShot S120

価格.com最安価格

ニコン「COOLPIX P340」
Wi-Fiを内蔵した定番の高級コンパクトデジカメ

高級コンパクトデジカメの定番モデルの1台。昨年2013年3月発売の「COOLPIX P330」の後継機種で、デザイン、撮像素子、レンズに変更はなく、新鮮味にはかけるものの、完成度の高さやバランスの良さは、ライバル機種に劣っていない。撮像素子には1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを採用する。有効画素数は1219万画素。レンズは35mm判換算で広角24mm〜望遠120mm相当の5倍ズームレンズ。開放絞り値は広角端でF1.8、望遠端でF5.6の明るいレンズだ。価格.com最安価格は27,800円(2014年6月10日時点)。


「COOLPIX P330」からの進化点は、Wi-Fiを内蔵したこと。「COOLPIX P330」では別売りのワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」を使って、スマートフォンなどと連携できたが、「COOLPIX P340」ではWi-Fiを内蔵したことで、カメラ単体で連携が可能となった。ただし、Wi-Fiを内蔵する代わりに、「COOLPIX P330」にあったGPS機能は省かれている。Wi-Fiが不要でGPS機能のほうに魅力を感じるなら旧モデルを選ぶのも手だ。「COOLPIX P330」の価格.com 最安価格は21,800円(2014年6月10時点)。撮像素子やレンズが同じ最新モデルよりも6,000円ほど安い。


操作性では、「COOLPIX P330」と同様、レンズ鏡胴の付け根部分のコントロールリングにより、ズーム位置や露出、絞り値などを変更できる。液晶モニターは3.0型。ボディサイズは103.0(幅)×58.3(奥行)×32.0(高さ)mm、重量は約194g。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

基本スペック

光学ズーム倍率 5倍
レンズ焦点距離 5.1〜25.5mm(35mm判換算24〜120mm)
撮像素子 1/1.7型 裏面照射型CMOSセンサー(有効約1219万画素)
感度 ISO80〜3200
シャッタースピード 1〜1/2000秒
絞り F1.8〜F5.6
液晶モニター 3.0型(約92万ドット)
バッテリー寿命 約220枚
ボディサイズ 103.0(幅)×58.3(高さ)×32.0(奥行)mm
重量 約194g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
COOLPIX P340

COOLPIX P340

価格.com最安価格

ページの先頭へ