新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

銀塩一眼レフを思わせる直線的なフォルムで「D4」画質を実現 

オールドNIKKORを活用できる注目フルサイズ、ニコン「Df」誕生

ニコンは2013年11月5日、デジタル一眼レフカメラの新モデル「Df」を11月28日より発売すると発表した。銀塩一眼レフカメラを彷彿とさせる直線的なフォルムとダイヤル主体の操作が特徴のフルサイズ機だ。市場想定価格はボディ単体が280,000円前後、「Df 50mm f/1.8G Special Edition」が付属するレンズキットが300,000円前後。シルバーとブラックの2色を用意する。


製品名の“f”は融合(fusion)の頭文字で、カメラらしい精密機械の感触と同社フラッグシップモデル「D4」と同じ高画質を高次元で両立していることを意味する。製品のポジショニングは、「D」シリーズではあるが、既存のラインアップの延長にはない独自の存在という位置付けだ。ここでは新製品発表会で展示されていたデモ機の外観写真を交えながら、「Df」の特徴をくわしく見ていこう。

銀塩一眼レフを思わせるデザインが印象的な「Df」。カラバリエーションはシルバーとブラックの2色。同社のフラッグシップモデルである「D4」と同じFXフォーマットのCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載して高画質を実現している

ボディサイズは143.5(幅)×110(高さ)×66.5(奥行)mmで、重量は765g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)。FXフォーマットモデルとしては最小・最軽量を実現している

細部に散りばめられた往年の銀塩一眼レフのデザインテイスト

「Df」の最大の特徴は、往年の銀塩一眼レフを連想させるデザインだ。大きく張り出た軍艦部やグリップはレザー調の仕上げで、シャッターボタンはレリーズソケット付き。細部には往年のニコンの銀塩一眼レフのデザインテイストが散りばめられている。たとえば、セルフタイマーランプは「F3」、電池ブタのロックは「F2」のロックノブのデザインを取り入れているほか、ファンクションボタンは「F2」や「FM」系のデザインを真似ているとのこと。全体の印象は、「FM3A」に似ているが、ニコンによると、特定のモデルをモチーフにしたわけではなく、ニコンを含む世界中の銀塩カメラを参考にしているという。

デザイン面で目を引くのが上部の大型のメカニカルダイヤル。左に露出補正と感度の同軸ダイヤルを装備する。露出補正は上部のロックボタンを押しながら、感度は上から見て左下のロックボタンを押しながら設定できる。右のシャッタースピードダイヤルもロックボタン付きだ。シャッタースピードは1/3段での調整も可能で、その場合はシャッタースピードダイヤルを青字の「1/3STEP」に合わせて、メインコマンドダイヤルで調整する。一番右の露出モード(M/A/S/P)ダイヤルは、ロックボタンはなく、ボタンを引き上げながら回してモードを変更する仕組みだ。

さらに、メカニカルダイヤルは、ひとつひとつが金属の削り出しで、上面の数字などは刻印という凝りよう。外周にはローレット加工が施されており、適度に指にかかり、心地よい操作感を実現している。このメカニカルダイヤルは、まさに精密機械の感触だ。

グリップ部分だけでなく、大きく張り出た軍艦部もレザー調仕上げとなっている。「Nikon」のロゴは、斜めのデザインではなく縦型のデザインを採用する

モニター面のボタンレイアウトは「D」シリーズを踏襲

インターフェイスはUSB、HDMIミニ、アクセサリーターミナルを搭載

上部のダイヤルで露出設定、感度、シャッタースピードを設定できる。電源オフの状態でも設定値を確認可能だ。銀塩カメラのように、各ダイヤルにはロック機構が設けられており、一番右の露出モードダイヤルは上部に引き上げて回す

デザイン的にモチーフにしたモデルはないというが、細部のデザインはニコンの銀塩一眼レフを真似ている。底面の電池ブタのロックは「F2」のロックノブのデザインを取り入れている

「D4」画質とコンパクトボディを両立

画質面では、同社のフラッグシップモデルである「D4」と同じFXフォーマットのCMOSセンサー(36.0×23.9mm)と、画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載。センサーの有効画素は1625万画素で、常用感度はISO100〜12800(拡張ISO50〜204800相当までの減感および増感が可能)。また、独自の仕上がり設定「ピクチャーコントロール」を搭載し、“D4クオリティ”の高品位な画質が得られるという。シャッタースピードは最高1/4000秒で、連写速度は約5.5コマ/秒。オートフォーカスセンサーには、「D600」と同じ「マルチCAM4800オートフォーカスセンサーモジュール」を採用する。

フルサイズ機でありながら、本体がコンパクトで軽量なのも「Df」の特徴だ。ボディサイズは143.5(幅)×110(高さ)×66.5(奥行)mm、重量は765g(CIPAガイドライン準拠。本体のみは710g)。FXフォーマットモデルとしては最小・最軽量を実現している。ボディの上面カバー、背面カバー、底面には、ダイキャストのマグネシウム合金を採用し、高い堅牢性と耐久性を実現。また、シーリングやパッキンを施すことで、「D800」シリーズと同等の防塵・防滴性能を確保している。バッテリーには「EN-EL14a」を採用し、1回の充電で約1400コマ(CIPA規格準拠)の静止画撮影が可能だ。

「D4」と同じFXフォーマットのCMOSセンサー(36.0×23.9mm)を搭載

FXフォーマットを採用したモデルとしては最小・最軽量のボディ。「D610」よりももちろん軽い

ボディカバーにはマグネシウム合金を使用して高い耐久性を確保している。「D800」シリーズと同等の防滴・防塵性能も実現。15万回のレリーズテストもクリアしている

さらに、操作性では、ガラスペンタプリズムを使った視野率100%(倍率約0.7倍)の光学ファインダーを採用。液晶モニターには、ガラスと液晶パネルを一体構造にすることで表面反射を抑えた3.2型(約92万ドット)の液晶モニターを搭載する。info画面は、周囲の明るさに応じて文字の色と背景色が反転し、視認性を高めている。

また、「Df」は、静止画のライブビュー撮影機能を搭載(動画撮影には非対応)。ガイドラインに従来の4分割格子線に加えて、新たに3分割格子線を採用し、よりよい構図を得やすいようにした。また、16:9や1:1のアスペクト比表示も可能となっている。さらに、モニター上の水準器表示は、水平だけでなく、ローリングとピッチング両方向の傾きを表示できるほか、ホワイトバランスのプリセットができる「スポットホワイトバランス」を備えるなど、ライブビュー時の機能は充実している。

ガラスペンタプリズムを使った視野率100%(倍率約0.7倍)の光学ファインダーを採用

新たに3分割格子線表示や16:9や1:1のアスペクト比表示が可能となった

info画面は、周囲の明るさに応じて文字の色と背景色が反転する。さまざまな環境光下でも見やすい

水準器表示では、前後方向の傾きを表示できる

ライブビューを使って、ホワイトバランスのプリセットデータを取得できる「スポットホワイトバランス」

メニュー画面は「D」シリーズを踏襲している

オールドNIKKORレンズとの互換性を確保

「Df」は、非AI方式の古い「NIKKORレンズ」との互換性を確保しているのも大きなポイントだ。ニコン製デジタル一眼レフとしては初めて可倒式の露出計連動レバーを採用し、非AI方式レンズの装着・利用が可能となっている。具体的には、レバーを倒しておくことで非AI方式レンズの装着が可能。あらかじめ、カメラに使用する非AI方式レンズの情報(焦点距離、開放絞り値)を登録したうえで、レンズの絞りリングで設定した絞り値をサブコマンドダイヤルでカメラにもセットして撮影することで、開放測光による適切な露出が得られるようになっている(露出モードはAとMのみ対応)。非AI方式レンズは9本まで事前に登録することが可能だ。1959年から現在まで「Fマウント」を継続しているニコンならではの楽しみ方といえる。

レンズマウント右上に可倒式の露出計連動レバーを搭載。このレバーを倒しておくことで非AI方式の「NIKKORレンズ」を装着・利用できる

「Nikkor-N・C Auto 24mm F2.8」を装着しても、一体感のあるデザインに仕上がる

まとめ

ニコン映像カンパニー後藤研究室室長の後藤哲郎氏。開発の背景やコンセプトを説明した

最後に製品化の背景を簡単に紹介したい。


「Df」の開発は、35mmフィルム一眼レフ「F5」などニコンの数々の名機を手がけてきた後藤哲郎氏が室長を務める、ニコン映像カンパニーの後藤研究室の企画によって2009年にスタートした。発売まで実に5年の年月がかかっているわけだが、その理由は、自然災害の影響に加え、ニコン社内でもこの製品の発売に対して賛否両論あったためだという。今回の「Df」の開発を指揮した後藤氏によると、「ニコン社内でも、これほど賛否両論で、意見が真っ二つに分かれたカメラはない」という。「後ろ向き、アナクロ、(市場)調査をする意味もない」という辛辣な意見があったいっぽう、趣味で写真を撮っている人からは大賛成を受けて、製品化にこぎつけた。


現在、デジタル一眼カメラ市場では、クラシックなデザインのカメラが流行っているが、今回の「Df」は、ほかのクラシック調カメラとは一線を画す意欲的なモデルだ。ダイヤル主体の操作からもわかるように、写真を簡単に効率よく撮るのではなく、1日1枚、会心の写真を撮りたいという大人向けのカメラである。また、非AI方式の古い「NIKKORレンズ」との互換性を確保し、オールドレンズの資産を楽しめるのは、カメラメーカーであるニコンならではアプローチといえる。決して広い層に向けたカメラではないが、2013年秋冬のカメラ市場で注目の製品になることは間違いない。

取材・記事:価格.comマガジン編集部 MIURA☆、mkr

関連記事

Df ボディ

Df ボディ

価格.com最安価格 211,500

ページの先頭へ