新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

人気モデル「S110」の後継機種。「星空モード」にも注目 

F1.8レンズ&薄型ボディが魅力!キヤノン「PowerShot S120」登場

キヤノンは2013年8月22日、コンパクトボディにハイスペックを搭載する高級コンパクトデジカメ「PowerShot S」シリーズの新モデル「PowerShot S120」を発表した。2012年10月発売の人気モデル「PowerShot S110」の後継機で、従来からレンズと映像エンジンを変更した新型となっている。2013年9月中旬の発売予定で、キヤノンオンラインショップの想定価格は49,980円。ここでは、「PowerShot S120」のベータ機を用いて進化点を紹介しよう。


※本記事では「PowerShot S120」の開発中のベータ機を使用しています。製品版とは仕様が異なる場合がありますのでご了承ください。

新設計の開放F1.8レンズを採用し、コンパクトボディを実現

「PowerShot S120」のシルバーモデル。ブラックも用意される

「PowerShot S120」の最大の特徴は、従来モデル「PowerShot S110」よりも明るいレンズを搭載しながらもコンパクトなボディを実現していることだ。


レンズには、従来と同様、35mm判換算で広角24mm〜望遠120mmの画角に対応する光学5倍ズームレンズを採用。広角端での開放F値が「F2.0」から「F1.8」にスペックアップした新設計のレンズだ。コンパクトデジカメは一般的に、レンズの開放F値が小さくなるとカメラ本体のボディサイズも大きくなりがちだが、「PowerShot S120」は、性能を維持しながらレンズをより小さく設計することで、100.2(幅)× 59.0(高さ)× 29.0(奥行)mmで重量約217g(バッテリー・メモリーカード含む)という、従来とそれほど変わらないコンパクトボディを実現(「PowerShot S110」は幅98.8×高さ59.0×奥行26.9mmで重量約198g)。なお、キヤノンは、開放F1.8以下のレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラにおいて世界最薄ボディ(2013年7月22日現在)と発表している。


一般的なレンズ設計においては、開放F値を小さくするにはレンズの口径を大きくする必要がある。だが、「PowerShot S120」では、電子的な収差補正技術を最大限に生かしたレンズ設計にすることで前玉の小型化を実現。また、大口径化には絞り近くの第2レンズ群も大きくする必要があるが、屈折率の高い硝材を使用し、形状を工夫することでレンズの厚みを最小化。屈折率の高い硝材を凸レンズに採用すると残在色収差の補正が難しくなるが、「PowerShot S120」では、特殊な硝材を組み合わせてこの問題をクリアしている。さらに、レンズ鏡筒駆動の精度を向上させ、絞りとレンズが別々に動くように構成することで、鏡筒全長の短縮も実現。生産立ち上げ時から開発と工場の連携体制を強化し、工程の見直しを行うことで、高精度なレンズ製造を実現しているのもポイントだ。


また、映像エンジンには、最新の「DIGIC 6」を採用。従来の「DIGIC 5」に比べて、静止画・動画ともに性能がアップ。静止画では解像感がアップしているうえ、高感度性能も向上しているとのことだ。撮像素子は、有効約1210万画素の1/1.7型CMOSセンサー。感度はISO80〜ISO12800に対応している。動画機能は、同じく「DIGIC 6」を採用した、2013年4月発売のキヤノン製コンパクトデジカメ「PowerShot SX280 HS」と同様、60pでのフルハイビジョン動画(MP4形式)の記録に対応するようになった。動画撮影時には、「平行移動」「水平回転の歪み」「縦回転の歪み」を電子的に補正する5軸手ブレ補正も利用できる。

「PowerShot S120」のボディサイズは100.2(幅)× 59.0(高さ)× 29.0(奥行)mmで、重量約217g(バッテリー・メモリーカード含む)。バッテリーパックは「NB-6LH」で、撮影可能枚数は約230枚となっている

 

広角端で開放F1.8の光学5倍ズームレンズを採用。新設計のレンズだ

有効約1210万画素の1/1.7型CMOSセンサーを採用

感度はISO80〜ISO12800に対応している

 

最新の「DIGIC 6」の採用により、動画機能も進化。1920×1080/60p記録に対応するようになった。記録形式もMP4に変更になっている

約92.2万ドットの3.0型タッチパネル液晶モニターを採用

連写性能、オートフォーカス速度も向上

「PowerShot S120」は、「DIGIC 6」の採用により、フル画素で最大約12.1枚/秒の連写性能を実現したのも大きな特徴だ。さらに、従来はシーンモードの「ハイスピード連写HQ」を選択した際に約10枚/秒の連写が可能であったが、「PowerShot S120」ではファンクションメニューのドライブモードの設定で最大約12.1枚/秒の連写が可能となっている。これにより、P/Tv/Av/Mモードでも高速連写を行えるようになった。加えて、UHS-Iカードの利用に対応し、メモリーカードの容量いっぱいまで連写が可能なのも進化点(※従来は10枚まで)。5枚目までは約12.1枚/秒で、6枚目以降(〜635枚目まで)は約9.4枚/秒となるが、制限なく連写を続けられるのは大きい。さらに、連写中もピント合わせが行われるAF連続撮影は、最大約5.5枚/秒のスピードに対応。こちらも従来(約4.4枚/秒)からのスペックアップを果たしている。

さらにオートフォーカスは、アルゴリズムやメカ制御などの改善により、最速0.10秒(広角端)での合焦スピードを実現。撮影タイムラグも0.13秒に短縮されており、従来モデル「PowerShot S110」(オートフォーカス最速0.2秒、撮影タイムラグ0.25秒)からのレスポンスの向上を実現している。

ファンクションメニューのドライブモードの設定で、最大約12.1枚/秒の連写が可能。AF連続撮影時は最大約5.5枚/秒となる

 

「星空モード」を搭載。「MFピーキング」も備える

「PowerShot S120」の撮影機能では、シーンモードに「星空モード」が追加されたのがトピック。マニュアル調整を行わなくてもカメラまかせで星空を撮影できるモードで、「星空夜景」「星空軌跡」「星空インターバル動画」の3種類の設定が用意されている。

「星空夜景」は、その名のとおり「星空」と「夜景」をいっしょに撮影するための設定。自動で長秒撮影を行ったうえで、星空部分では星の光点が出るように、暗い部分は明るくなるようにエリアごとにコントロールして合成処理を行う。「星空軌跡」は、自動撮影・合成処理をし続けることで、星の日周運動を1枚の静止画として撮影する設定。撮影設定を自動調整して連続撮影を行い、その後、撮影写真を自動で合成する処理となる。撮影時間は最大1時間30分で10分間隔での調整が可能。「星空インターバル動画」は、星の動きを追った動画を撮影する設定。1分ごとに撮影した静止画を自動で連結して動画を作成する。撮影時間は60分/90分/120分を選択可能。MP4形式でのフルハイビジョン記録に対応し、フレームレートは15fps、ビットレートは24Mbpsとなっている。

さらに、さまざまなフィルター効果を加えられる撮影モード「クリエイティブフィルター」には「背景ぼかし」を追加。ぼかし効果の強さを3段階で調節することが可能だ。「クリエイティブフィルター」では「HDR(ハイダイナミックレンジ)」も進化しており、「ナチュラル」「絵画調標準」「グラフィック調」「油彩調」「ビンテージ調」「ナチュラル」の5種類の仕上がり効果を選択できるようになった。

シーンモードとして「星空モード」を新搭載

 

「星空モード」には、「星空夜景」「星空軌跡」「星空インターバル動画」の3種類の設定が用意されている

 

「クリエイティブフィルター」には「背景ぼかし」を追加

 

ぼかし効果の強さは3段階で調節できる

「HDR」は、「ナチュラル」「絵画調標準」「グラフィック調」「油彩調」「ビンテージ調」「ナチュラル」の5種類の効果を選択できるようになった

 

このほかの機能では、合焦した被写体の輪郭に色を付けて強調表示する「MFピーキング」を新たに装備。マニュアルフォーカスをアシストする機能で、レベル(輪郭の検出感度)は強と弱から、色はレッド、イエロー、ブルーから選ぶことができる。拡大表示は2倍と4倍に対応している。

従来から搭載されているWi-Fi機能は、新たに、「クラウドシンクロ」に対応。この機能は、同一ネットワーク上に転送先として設定したパソコンが起動している場合に、サーバー(CANON iMAGE GATEWAY)を経由せずにカメラ本体からパソコン(専用アプリ「Image Transfer Utility」のインストールが必要)に画像データを直接転送できるのが特徴。同時に「CANON iMAGE GATEWAY」に画像データを保存することも可能だ。さらに、Facebook、Twitterに加えて、Flickrにもカメラから直接投稿が可能になった。対応文字入力の言語が7言語(ASCII、日本語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語)になったほか、日本語での漢字変換にも対応する。

合焦した被写体の輪郭に色を付けて強調表示する「MFピーキング」。レベルと色を設定できる

 

ピント位置を自動で変えて3枚連続で撮影するフォーカスブラケットにも対応

Wi-Fi機能を継承。パソコンへの直接転送や、Flickrへの直接投稿などが可能になった

 

「PowerShot S120」の下位モデル「PowerShot S200」

「PowerShot S120」の下位モデルとして、開放F2.0の光学5倍ズームレンズ(35mm判換算で24〜120mm相当)を採用する「PowerShot S200」も発表になった。有効約1010万画素の1/1.7型CCDセンサーを搭載し、映像エンジンには「DIGIC 5」を採用。Wi-Fi機能も内蔵している。ボディサイズは99.8(幅)×59.0(高さ)×26.3(奥行)mmで、重量は約181g(バッテリー・メモリーカード含む)。2010年発売の旧モデル「PowerShot S95」を拡張したようなスペックで価格を抑えたモデルとなっている。ブラックとホワイトのカラーバリエーションが用意される。9月中旬の発売予定で、キヤノンのオンラインショップの価格は34,980円


「PowerShot G」シリーズの新モデル「PowerShot G16」

「PowerShot G」シリーズの新モデル「PowerShot G16」も登場。同シリーズとしては初のWi-Fi機能を搭載し、「PowerShot S120」と同様、「クラウドシンクロ」などに対応する。35mm判換算で28〜140mm相当の画角に対応する光学5倍ズームレンズを採用。広角端F1.8、望遠端F2.8とズーム全域で明るいのが特徴だ。撮像素子は、有効約1210万画素の1/1.7型CMOSセンサーで、映像エンジンは、最新の「DIGIC 6」。最速0.10秒のオートフォーカス、0.13秒の撮影タイムラグ、約12.2秒の連写にも対応している。9月中旬の発売予定で、キヤノンのオンラインショップの価格は59,980円

ページの先頭へ