新製品レポート - ニューモデルの詳細情報をいち早くチェック! -

重量約407gの圧倒的なコンパクトボディを実現 

世界最小・最軽量ボディ! キヤノン「EOS Kiss X7」速攻レポート

キヤノンのエントリー向けデジタル一眼レフの新モデル「EOS Kiss X7」。上位モデル「EOS Kiss X7i」も同時発売となっている。なお、従来モデル「EOS Kiss X6i」「EOS Kiss X5」「EOS Kiss X50」も継続して販売されるとのこと。

キヤノンは2013年3月21日、エントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss」シリーズの新モデル2機種「EOS Kiss X7i」「EOS Kiss X7」を発表。両機種とも4月下旬より発売を開始する。今回、価格.comマガジンが注目したのは、上位モデルの「EOS Kiss X7i」ではなく、下位モデルの「EOS Kiss X7」。APS-Cサイズの撮像素子を搭載するデジタル一眼レフにおいて世界最小・最軽量ボディ(2013年3月1日現在、キヤノン調べ)を実現するなど見どころの多いカメラとなっている。


ラインアップされるのは、ボディ単体のほか、新しい標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」が同梱する「EOS Kiss X7 EF-S18-55 IS STM レンズキット」、標準ズームレンズと望遠ズームレンズが同梱する「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」。キヤノンオンラインショップの予定価格は、ボディ単体が79,800円、「EOS Kiss X7 EF-S18-55 IS STM レンズキット」が89,800円、「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が119,800円となっている。4月下旬の発売予定だ。


ここでは、「EOS Kiss X7」のベータ機を用いて、性能・機能の注目点をいち早く紹介しよう。



■「EOS Kiss X7」の主な特徴
・APS-Cデジタル一眼レフとして世界最小・最軽量ボディ
・有効約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)
・映像エンジン「DICIG 5」
・感度はISO100〜12800。拡張でISO25600相当も選択可
・9点AFシステム(中央クロス測距)
・約4コマ秒の連写性能
・測距エリアが拡大した「ハイブリッドCMOS AF II」
・約104万ドットの3.0型タッチパネル液晶
・新シーンモード3種類追加(キッズ、料理、キャンドルライト)
・「クリエイティブフィルター」の進化
・「エフェクトショット」の追加
・トリミング機能の追加


※本記事では「EOS Kiss X7」の開発中のベータ機を使用しています。製品版とは仕様が異なる場合がありますのでご了承ください。

世界最小・最軽量ボディを実現

「EOS Kiss X7」の最大の特徴は、APS-C サイズの撮像素子を搭載するデジタル一眼レフとして世界最小・最軽量ボディ(2013年3月1日現在。キヤノン調べ)を実現していること。そのボディサイズは約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行)mmで、重量は約407g(CIPAガイドラインによる。バッテリー、メモリーカード含む)。2012年モデル「EOS Kiss X6i」(幅133.1×高さ99.8×奥行78.8mmで重量約575g)と比べて、幅約15mm、高さ約9mm、奥行約9mm小さくなっており、体積で約25%、重量で約28%の小型・軽量化を果たしている。

実際に「EOS Kiss X7」を手に取ってみると、従来の一眼レフとしては考えられないコンパクトボディであることがわかる。「EOS Kiss」シリーズは、これまでも小型・軽量ボディを実現してきたが、「EOS Kiss X7」のコンパクトさは圧倒的だ。ちょうど、高倍率ズームレンズを搭載するレンズ一体型のコンパクトデジカメに近いイメージのサイズ・重量となっている

なお、「EOS Kiss X7」は、CMOSパッケージやメイン基盤の小型化のほか、シャッターユニットへの小型モーターの採用、カバーの薄肉化などの工夫によって、ボディの小型・軽量化を実現している。バッテリーも、従来よりも小型な、「EOS M」のバッテリーパック「LP-E12」を採用している。

圧倒的なコンパクトボディを実現した「EOS Kiss X7」

 

「EOS Kiss X7」は、約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行)mmで重量約407g(CIPAガイドラインによる。バッテリー、メモリーカード含む)の小型・軽量ボディを実現。APS-C サイズの撮像素子を搭載するデジタル一眼レフとして世界最小・最軽量ボディ(2013年3月1日現在。キヤノン調べ)となっている

左が「EOS Kiss X7」で、右が2012年モデル「EOS Kiss X6i」

 

「EOS Kiss X7」は、「EOS Kiss X6i」(幅133.1×高さ99.8×奥行78.8mmで重量約575g)と比べて、体積で約25%、重量で約28%の小型・軽量化を実現。なお、「EOS Kiss X7」の上位モデル「EOS Kiss X7i」は、「EOS Kiss X6i」と同サイズとなっている

左が「EOS Kiss X7」のメイン基盤で、右がシャッターユニット。パーツを小型化するなどの工夫により、最小・最軽量ボディを達成している

「EOS Kiss X7」のバッテリーパックは、「EOS M」でも採用されている「LP-E12」。撮影可能枚数の目安は、ファインダー撮影で約380枚、ライブビュー撮影で約150枚となっている

レンズキット付属の標準ズームレンズが、ステッピングモーター(STM)とリードスクリューを搭載する「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」にリニューアル。動画撮影時のオートフォーカス性能が向上しているほか、最大撮影倍率が従来の0.34倍から0.36倍に向上している。また、電子リング方式の採用により、フォーカス時に前玉枠が回転しなくなったのもポイントで、PLフィルターを装着した際に調整がやりやすくなった

「EOS Kiss X7」に新しい標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を装着したイメージ

「EOS Kiss X7」にパンケーキレンズ「EF40mm F2.8 STM」を装着したイメージ

従来に比べると「EOS Kiss X7」のグリップはやや浅め。ボディからグリップが突き出しているのではなく、凹ませたようなデザインとなっている。また、背面の親指がかかる部分にはすべり止めのラバーが設けられている

基本的なボタンレイアウトは、細かいところを除いて「EOS Kiss X6i」を踏襲。クイック設定ボタン(Q)が設定ボタン(SET)に一体化されたほか、十字キーへの設定・機能の割り振りが省略されている。なお、撮影モードダイヤルは、「スペシャルシーンモード」(SCN)が新設され、360度回転する仕様に変更になった

約104万ドットの3.0型タッチパネル液晶を採用。メニューや撮影画面でのタッチ選択が可能なほか、ライブビュー撮影時に、画面をタッチして任意の位置にAFフレームを設定することもできる。画面をタッチした位置でピント合わせから撮影までを行う「タッチシャッター」にも対応

測距エリアが拡大した新開発「ハイブリッド CMOS AF II」を採用

「EOS Kiss X7」の性能面では、ライブビュー撮影および動画撮影時のオートフォーカスに注目だ。「EOS Kiss X7」では、2012年モデル「EOS Kiss X6i」に搭載された、コントラストAFと撮像面の位相差AFを併用する「ハイブリッドCMOS AF」が「ハイブリッド CMOS AF II」に進化し、より広いエリアで撮像面の位相差AFが可能となっている。従来の「ハイブリッドCMOS AF」では、撮像素子の中央部において、横約38%、縦約26%のエリアで撮像面の位相差AFに対応していたが、「ハイブリッド CMOS AF II」では、これが横約80%、縦約80%にまで拡大。撮像面のほとんどのエリアにおいて位相差AFが使えるようになった。

なお、「ハイブリッド CMOS AF II」の仕組みや性能は、従来の「ハイブリッドCMOS AF」と大きくは変わらない。撮像面の位相差AFが合焦位置の近くまで高速にフォーカス駆動を行い、コントラストAFをフォローする仕組みとなっており、ライブビュー・動画撮影時により高速・高精度なオートフォーカスを実現する。「ハイブリッド CMOS AF II」では、こうした仕組み・性能はそのままに、コントラストAF+撮像面の位相差AFのハイブリッドAFを利用できるエリアが広がったのである。

ちなみに、同日発表の上位モデル「EOS Kiss X7i」は、「ハイブリッド CMOS AF II」ではなく、従来の「ハイブリッドCMOS AF」を採用している。キヤノンによると、下位モデル「EOS Kiss X7」では、ライブビューを使った撮影が多くなるために新開発のハイブリッドAFを採用し、上位モデル「EOS Kiss X7i」では、光学ファインダーを使った撮影が中心になると想定して従来のままにしたとのことだ。

このほか、「EOS Kiss X7」の性能面では、光学ファインダーがスペックアップ。従来と同じくペンタダハミラー採用し、視野率は約95%のままだが、倍率が約0.85倍から約0.87倍に向上している。

新開発の「ハイブリッド CMOS AF II」を採用し、ハイブリッドAFのエリアが大きく拡大した。なお、撮像素子は、有効約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)となっている

「EOS Kiss X6i」と同様、ライブビュー撮影時のオートフォーカスモードとして、「顔+追尾優先AF」「ライブ多点AF」「ライブ1点AF」を用意。位相差AFを使う「クイックAF」(オートフォーカス動作中はライブビュー表示が一時中断する)も選択できる。また、常にピント合わせを行う「コンティニュアスAF」にも対応している

動画撮影時のオートフォーカスモードは、「顔+追尾優先AF」「ライブ多点AF」「ライブ1点AF」の3種類。動画撮影中に、動いている被写体にピントを合わせ続ける「動画サーボAF」も利用できる

倍率が約0.87倍に向上した光学ファインダーを採用(ペンタダハミラー。視野率約95%)



ページの先頭へ